[ページの先頭]

[ここから本文]

【更新日】平成29年5月22日

こども科学センター・ハチラボ

【問い合わせ】こども科学センター・ハチラボ(電話:03-3464-3485)

施設の内容 | 利用案内 | 展示のご案内


ハチラボ写真1      ハチラボ写真2      ハチラボサイン写真      ハチラボ写真3      ハチラボ写真4

ハチラボロゴ〜渋谷の街からノーベル賞を!〜

ハチ子供たちの科学的思考やものづくりへの意欲を育てるために、科学実験やクラブ活動など学校の授業では体験できない科学・技術・数学のプログラムを、 大学等の研究機関と連携して行います。
また、理数教育重点校を始め、すべての区立小中学校への理数教育支援を行っていきます。

住所:桜丘町23-21 文化総合センター大和田3階 (郵便番号:150-0031)
交通:渋谷駅 5分(JR、東急東横線・田園都市線、東京メトロ銀座線・半蔵門線、副都心線、京王井の頭線)

ページの先頭へ

施設の内容

なるほど実験室

なるほど実験室 あっと驚く実験や不思議な現象の実演を見ながら、科学や数学について楽しく学べる実験室です。
スクリーンや給排水設備も完備しています。

ひらめき工房

ひらめき工房毎月ちがったテーマのワークショップなどを行うスペースです。


ハチギャラリー

ハチギャラリー見て、さわって、考える、体験型の展示スペースです。
科学や数学に興味をもつきっかけづくりとして、ふしぎな現象を楽しく体験できる面白い展示を行います。

ラウンジ

ラウンジ1 科学や数学などの知りたいことを本や雑誌で調べる事ができます。そのほか多目的に利用します。


ページの先頭へ

利用案内

開館時間

  • 10時〜17時

休館日

  • 月曜日(祝休日の場合は開館し、直後の平日が休館日となります。(注)区立学校の長期休業日は開館)
  • 年末年始(12月29日〜1月3日)
  • その他、施設メンテナンス等で休館になることがあります。
    【6月の休館日】5日(月)、12日(月)、19日(月)、26日(月)

入館料

無料
*講座等によっては、教材費の実費が必要な場合があります。

利用条件等

入館については、利用の条件は特にありません。
*ただし、講座等の参加については、区内在学や学年などの条件がある場合があります。


ページの先頭へ

展示のご案内

【問い合わせ】生涯学習振興課 生涯学習係(電話:03-3463-3049)



     ワンダーランド写真4
上から見るとかけ算の九九が!
     ワンダーランド写真5
マンホールはなぜ円いのかな?

常設展示「デジタルえほんコーナー フロム デジタルえほんで広がる世界展」


6月の展示作品@「サゴミニ ドライブ」【カナダ】 A「にんぎょにひみつ」【チリ】

絵本のように読み聞かせができ、画用紙や粘土のように表現ができる、こどもたちのための新しい遊びと 学びの道具「デジタルえほん」が世界中からハチラボにやってきます!2つの作品を常設で展示し、1ヶ月に1度作品を入れかえます。
協力:NPO法人CANVAS

企画展示「錯覚美術館〜抵抗しても無駄です。あなたの視覚は計算済み〜」


4月12日(水曜日)〜6月18日(日曜日)

目の錯覚とは、見たものが事実とは違うように見えてしまう現象のことです。同じ大きさの図形が違う大きさに見えたり、同じ色が違う色に見えたりする錯覚は有名ですから、みなさんもご存じでしょう。古くからいろいろな種類の錯覚が知られていますが、現在もたくさんの新しい種類の錯覚が、発見されたり創作されたりしています。この美術館には、研究の中で新しく創作された錯覚作品を中心に展示してあります。これらの錯覚を体験し、その不思議さを楽しんで下さい。
協力:錯覚美術館

企画展示 秋山仁先生の「科学・数学ワンダーランドへようこそ」〜すべては感動から!〜


6月20日(火)〜7月17日(月祝)

数学研究者の秋山仁先生が監修された"見て・さわって・かんがえる"体験型の作品を、どどーんとイッキに展示します。科学や数学の不思議な世界を体験して、考えて、学びましょう!
協力:秋山数学研究所

平成29年度ハチラボ講座(小学生科学・技術)

【問い合わせ】生涯学習振興課 生涯学習係(電話:03-3463-3049)

催し名 日時 内容 費用
「色変わりするコースター」
6月4日(日)14:00〜16:00
お風呂に入れると色が変わるおもちゃや、こすると書いた文字が消えるペンを、使ったことがありますか。どうしたら色の変化をあやつることができるのでしょう。実験して確かめます。上に置いた物によって、色が変化するコースターも作ります。
無料

平成29年度ハチラボ講演会

【問い合わせ】生涯学習振興課 生涯学習係(電話:03-3463-3049)


企画検討中


ひらめきワークショップ

【問い合わせ】こども科学センター・ハチラボ(電話:03-3464-3485)

5月「黒の世界で色探検」


<実施予定>
【内容】絵の具の三原色は赤、青、黄と言われています。この三色で様々な色を表せると同時に、すべて混ぜ合わせると黒になります。それでは、黒からもとの色を表すことはできるのでしょうか。黒の世界から「色彩の科学」を体験します。
【日程】3日(水・祝),4日(木・祝),5日(金・祝),6日(土),7日(日),13日(土),14日(日),20日(土),21日(日),27日(土),28日(日)
【時間】@10時00分 A13時30分 B14時30分 C15時30分 (各回30〜40分)
【対象】小学校1年生以上
【定員】各回先着8名
【受付】当日10時から(所定の受付用紙へご記入ください)
【参加費】無料

6月「コンピューター〜2進法の世界を体験〜」


<実施予定>
【内容】私たちの生活に欠かすことのできないコンピューター。むずかしい計算も仕事も簡単にやってのけますが、実は「0」と「1」といった2つの信号しか取り扱うことができません。コンピューターはどんな方法で計算するのか、コンピューターの考え方を学んでみましょう。
【日程】3日(土),4日(日),10日(土),11日(日),17日(土),18日(日),24日(土),25日(日)
【時間】@10時10分 A13時30分 B14時30分 C15時30分
【対象】小学校1年生以上(未就学児は要相談)
【定員】各回先着8名
【受付】当日10時から(所定の受付用紙へご記入ください)
【参加費】無料

6月のワークショップ「事前申込必要」

【問い合わせ】こども科学センター・ハチラボ(電話:03-3464-3485)

「錯覚美術館〜作って学ぶ不可能モーション〜」


<実施予定>
【日程】6月11日(日)
【時間】@10時30分 A13時30分 (各回90分)
【内容】つくることは不可能だと思われてきた不可能立体をつくりだし、世界中をアッと言わせる理数工学者の杉原教授を講師に招いたワークショップです。見えるものを正確にとらえようとする視覚がみごとにだまされてしまう杉原教授の「不可能モーション」を作って、学んで、確かめてみよう。
【対象】@小学1年生〜中学生(小学3年生以下は保護者同伴)
【定員】各回先着18名
【参加費】200円
【持ち物】なし
【受付】5月31日(水)10時より電話受付

5月のワークショップ「事前申込不要」

【問い合わせ】こども科学センター・ハチラボ(電話:03-3464-3485)

「トリックアートを作ってためそう」


<実施予定>
【日程】5月28日(日)
【時間】@10時30分 A13時30分(各回60分)
【内容】タイトルどおり、トリックアートを自分で作ってためして、そのおもしろさを体験しましょう。作ったものは持ち帰って、お家の人やお友だちにもためしてもらってください。
【対象】小学1年生以上(小学3年生以下は保護者同伴)
【定員】各回先着12名
【参加費】無料
【持ち物】なし
【受付】当日10時に会場で申込み

6月のワークショップ「事前申込不要」

【問い合わせ】こども科学センター・ハチラボ(電話:03-3464-3485)

「トリックアートを作ってためそう」


<実施予定>
【日程】6月17日(土)
【時間】@10時30分 A13時30分 (各回60分)
【内容】タイトル通り、トリックアートを自分で作ってためして、そのおもしろさを体験しましょう。作ったものは持ち帰って、お家の人やお友だちにもためしてもらってください。
【対象】小学1年生〜(小学3年生以下は保護者同伴)
【定員】各回先着12名
【参加費】無料
【持ち物】なし
【受付】当日10時に会場で申込み

平成29年度ハチラボ科学クラブ

【問い合わせ】生涯学習振興課 生涯学習係(電話:03-3463-3049)

平成29年度ハチラボ科学クラブ日程一覧
催し名 日時 内容 費用
ハチラボ科学クラブ(前期)
平成29年5月20日(土)〜9月23日(土・祝)/全10回 14時〜16時
電子工作などのものづくり、ロボットのプログラミング入門、物理や化学の実験を通して、科学の世界の一端に触れていこう! 5,000円(教材費・保険代など)