[ページの先頭]

[ここから本文]

【更新日】平成29年5月15日

しぶやフォト日記

【問い合わせ】広報コミュニケーション課広報広聴係(電話:03-3463-1287、FAX:03-5458-4920)

平成29年5月21日 第20回渋谷・鹿児島おはら祭が行われました

会場の様子

1998年に始まった渋谷・鹿児島おはら祭が今年で20回目を迎えました。毎年恒例の太鼓演奏で幕をあけ、神南小学校鼓笛隊らが文化村通りをパレードするなど、オープニングセレモニーを華々しく飾り、おはら祭のスタートとなりました。今年は64の踊り連、約2400人が参加し、「おはら節」「渋谷音頭」などの曲に合わせて踊りを繰り広げました。日中最高気温が30℃を超える真夏日となりましたが、参加した皆さんは暑さに負けず、日々の練習の成果を存分に発揮されていました。
次回の開催は平成30年5月19・20日を予定しています。

平成29年5月17日 東京電力ホールディングス株式会社と「見守りサービスの社会実証」に関する覚書を取り交わしました

会場の様子

渋谷区は、東京電力ホールディングス株式会社とIoT技術を活用した高齢者等の見守りサービスの社会実証を開始することとし、平成29年5月17日、長谷部健区長と東京電力ホールディングス株式会社の見學信一郎常務執行役が調印を行いました。
このサービスは、ビーコン(電波受発信器)を搭載したキーホルダーなどの専用端末を持つ高齢者や子どもの位置情報を、家族や保護者などがスマートフォンやパソコンでリアルタイムに把握することができるもので、昨今の高齢者や子どもが対象となる事件や事故などの社会問題の解決につながる新しいサービスとして期待されています。
調印を終えた長谷部区長からは「ICT技術を活用した徘徊高齢者対策は、ご本人及びご家族の安全、安心につながる大変有効なサービスであると考えています。今回の社会実証を通して有効性や実用性などを検証していきたい。」との話がありました。

平成29年5月15・17日 平成29年春の叙勲・褒章の受章者が区長室を訪れました

会場の様子

この程、平成29年春の叙勲・褒章受章者が発表され、区内では消防業務での功労・功績がたたえられ、2名の方が受章されました。
瑞宝双光章は、公務等に長年にわたり従事し、成績を挙げた方に贈られるもので、前渋谷消防団団長の間野敬昭さん(左写真、賞状を持たれている方)が受章されました。
藍綬褒章は、各種団体での活動等を通じて、産業の振興、社会福祉の増進等に優れた業績を挙げた方に贈られるもので、渋谷消防団副団長の吉田実さん(右写真、賞状を持たれている方)が受章されました。 それぞれが受章後に区長室を訪れて、受章の報告をしました。

平成29年5月14日 第18回せせらぎまつりが開催されました

会場の様子

18回目の開催となる本年のせせらぎまつりは、区内の活動団体や福祉団体が数多く参加し、大いに盛り上がりました。地域の人たちによる演奏会や絵画、書道などの展示会のほか、屋外では紙芝居やバルーンアートが行われ、多くの家族連れが参加しました。むかし遊びのコーナーでは、子どもから大人まで幅広い年齢層の人たちが年代・性別の垣根を越えて、駒回しに熱中する様子が見られました。

平成29年5月8日 ボッシュ株式会社とシブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定を締結しました

会場の様子

渋谷区は、区内に本社があるボッシュ株式会社と、地域の社会的課題を協働して解決していく「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定」を締結することとし、平成29年5月8日、長谷部健渋谷区長とボッシュ株式会社のウド・ヴォルツ代表取締役社長が調印を行いました。
調印の際、ヴォルツ社長からは「日本で106年の歴史を持つ日本のボッシュには、現在38ヵ国の従業員が働いています。ダイバーシティはボッシュの強みで もあります。本社のあるこの渋谷区で、良き企業市民として協働し、貢献出来れば嬉しいです」との話があり、長谷部区長からは、「ボッシュは、創業者の『社会奉仕』の精神に基づいて、多くの社会貢献活動を実施されており、パートナーとして大変心強いと感じています。今後は本協定により、渋谷区の課題解決のために地域に密着した様々な活動を一緒に展開していきたいと考えています。」と話がありました。

平成29年4月27日 千駄ヶ谷北参道施設の開設披露式典が行われました

会場の様子

千駄ヶ谷北参道施設の開設披露式典が行われました。
1階に千駄ヶ谷出張所(写真右上)、2階に千駄ヶ谷・北参道地域包括支援センター(写真左下)などが入る新築の施設です。
大きな窓がたくさんある明るい施設で、1階出張所のロビーには、地域の皆さんが自由に利用できる情報コーナーがあります。
施設は5月1日オープン。お気軽にお立ち寄りください。

平成29年4月27日 J-WAVE「AVALON・渋谷超会議」の初回ゲストとして長谷部区長が出演しました

会場の様子

J-WAVE「AVALON・渋谷超会議」のゲストとして長谷部区長が出演しました。この番組は、毎月の最終放送日を「渋谷ラジオ超会議の日」と定め、毎回、渋谷区のキーマンが登場する内容となっています。
番組の中では、28年10月に新しく策定した渋谷区基本構想のPRソングが流れ、区長からは、「この基本構想に掲げた20年後の渋谷区のビジョンである『ちがいを ちからに 変える街。渋谷区』の実現に向けて、区民の皆様をはじめ、渋谷区に関わる多くの方からさまざまなご提案をいただきたい」と話がありました。
また、渋谷の街で若者(NEW GENERATION)を対象に番組独自のアンケート調査が行われ、渋谷区のお気に入りのエリアや改善して欲しいことなど、リスナーから番組に寄せられたメッセージが紹介されました。さらに、パーソナリティーである渡辺直美さんと清水大夢さんとの、渋谷の魅力や文化の発信、これからの渋谷区のまちづくりについての語らいも、大変盛り上がりました。番組の最後に、パーソナリティーのお二人から区長に対して、「渋谷のより良い未来に向けてこれからも渋谷を応援したい」とのエールが送られました。

平成29年4月26日 「災害時等における畳の提供協力に関する協定書」を締結しました

会場の様子

区は、「5日で5,000枚の約束。プロジェクト実行委員会」と「災害時等における畳の提供協力に関する協定書」を締結しました。この日行われた締結式には、長谷部区長と「5日で5,000枚の約束。プロジェクト実行委員会」の関東地区 岡田委員長が出席。
発災時には、本協定に基づき、区内の避難所などに畳が届けられます。
長谷部区長からは「発災時に、避難所などで畳を使うことができれば避難所生活のストレスも和らぐと思います。区内には備蓄するためのスペースが限られているため、必要なときに必要なものを届けてもらえるこのプロジェクトは大変ありがたいです。」と話がありました。

平成29年4月18日 スポーツ・オブ・ハート2017 東京・大分共同記者発表会が行われました

会場の様子

「スポーツ・オブ・ハート2017」の東京・大分共同記者発表会が、美竹の丘・しぶやで行われました。スポーツ・オブ・ハートとは、パラリンピアンの呼びかけにより、未来の日本のために健常者と障害者の枠を超え、スポーツ選手、アーティスト、文化人などが協力し合い、すべての人たちが幸せに暮らせる日本を目指すプロジェクトです。
会見には、一般社団法人スポーツオブハート代表理事・プロ車椅子ランナーの廣道純さん、アーティストの松嶺貴幸さん、シドニーオリンピック女子マラソン金メダリストの高橋尚子さん、モデル・タレントの鈴木奈々さん、佐藤樹一郎大分市長、長谷部健渋谷区長が登壇しました。今年で第5回目を迎えるこのイベントは、10月14日・15日の2日間、代々木公園イベント広場、神南小学校を中心に開催されるほか、初の地方開催を9月に大分市で行うことが発表されました。
また、パラアスリートが実際に使用する競技用車椅子に長谷部区長が試乗し、アスリートのすごさを体感していました。
廣道さんは「健常者も障害者も含めてスポーツの楽しさを、アスリートの魅力をもっと多くの人に知ってもらいたい。イベントではアスリートによるレベルの高い技術を披露したり、子どもが参加できる体験型プログラムを用意するなど、皆さんが来てよかったなと思える夢のような空間をつくりたい」と話していました。
「スポーツ・オブ・ハート」の模様はスポーツオブハート(外部のページ)をご覧ください。

平成29年4月8日 第82回忠犬ハチ公慰霊祭が行われました

会場の様子

第82回忠犬ハチ公慰霊祭がハチ公銅像前で行われました。
ハチ公は、かわいがってくれた飼い主の上野英三郎博士が亡くなってからもなお、7年半も渋谷駅前で主人の帰りを待ち続けた秋田犬です。その美談を後世に永く伝えるために、昭和9年に銅像が建てられました(現在の銅像は2代目)。
慰霊祭で花輪をかけられたハチ公像の姿は普段以上に大きく立派に見え、行き交う人たちも足を止め、主人を慕ったハチ公の物語に思いをはせていました。

平成29年4月5日 暖かな陽気が春の訪れを感じさせます

会場の様子

4月に入り、毎年花見客で賑わう代々木公園(写真右側)をはじめ、区内各所で咲いている桜が見頃を迎えています。鍋島松濤公園(写真左上)では、暖かい日差しの下で桜が美しく水面に映っていました。また、渋谷駅からほど近い桜丘町のさくら通り(写真左下)では美しい満開の桜のアーチが訪れた人を出迎えていました。この機会にぜひ足を運んでみてください。

平成29年4月3日 職員の入区式が行われました

会場の様子

美竹の丘・しぶや2階多目的ホールで、新規採用職員の入区式を行いました。今年度入区した職員は124人で、一人ひとりが長谷部区長から辞令の交付を受けました。辞令を受けた職員たちは、緊張の中にも、これからの職務へのやる気や覚悟をもった引き締まった表情をしていました。職員全員で、公務員としての職務執行の宣誓を行い、長谷部区長からは、「若い皆さんのアイデアをどんどんぶつけてきてほしい、みんなで一丸となって頑張っていきましょう」と激励のあいさつがありました。
渋谷区職員としてこれから一緒に、新たな渋谷区基本構想のもと、よりよい区政を目指して職務に励んでいきます。

平成29年4月2日 区内各所でウォームブルー2017キャンペーンが開催されました

会場の様子


4月2日は国連が定めた「世界自閉症啓発デー」です。区内でも数多くのイベントが行われ、テーマカラーである青色を身にまとった参加者が多く見られました。区役所仮庁舎第2庁舎玄関前からは、ブルーにデコレーションされた車やバイクが出発し、都内をドライブしました。この日は区内各所で、障がい者サッカーの体験会や、手のひらを使ったブルーのハンドスタンプで幸せのブルーバードを作成する催しや50メートルを全力疾走してタイム計測をする催しなどが実施され、思いやりを表現した青色やあたたかい笑顔があふれた1日となりました。


過去のしぶやフォト日記

平成29年(2017年)

1月 |  2月 |  3月 |  4月 | 

平成28年(2016年)

1月 |  2月 |  3月 |  4月 |  5月 |  6月 |  7月 |  8月 |  9月 |  10月 |  11月 |  12月

平成27年(2015年)

1月 |  2月 |  3月 |  4月 |  5月 |  6月 |  7月 |  8月 |  9月 |  10月 |  11月 |  12月

平成26年(2014年)

1月 |  2月 |  3月 |  4月 |  5月 |  6月 |  7月 |  8月 |  9月 |  10月 |  11月 |  12月