渋谷区文化プログラム事業のご紹介

  • 更新日:
    令和3年9月29日

【問い合わせ】オリンピック・パラリンピック推進課オリンピック・パラリンピック推進係(電話:03-3463-1849)

渋谷区文化プログラム「MERRY SMILE SHIBUYA 2020」

今年はオンライン会場からニューノーマル時代の文化プログラムを展開します。年齢・性別・国籍・障がいの有無を問わず、誰もがどこでも楽しめるステージパフォーマンスなど盛りだくさんとなっています。ダウン症の書道家・金澤翔子氏のパフォーマンスなどをライブ配信するオンラインステージや、区内9大学が連携して企画した東京2020大会を盛り上げる展示は見どころがたくさんあります。ライブ配信は、是非おうちでご覧ください。
なお、本イベントは、会場での感染症対策を万全にして開催します。
詳しくは、パンフレット_MERRY SMILE SHIBUYA 2020(PDF 1,303KB)MERRY SMILE SHIBUYA 2020専用ページ(外部サイト)をご覧ください。

(注)オンラインステージは無観客での実施になります。

オンラインステージ

日程

令和3年8月24日(火曜日)、8月28日(土曜日)、9月4日(土曜日)、9月5日(日曜日)

内容

ダウン症の書道家、金澤翔子氏のパフォーマンス、区内大学の応援パフォーマンスなど

オンラインステージQRコード
オンラインステージQRコード 

展示

日程

令和3年8月24日(火曜日)~9月3日(金曜日) 10時~17時

(注)土曜日、日曜日、祝日を除く

 

場所

渋谷区役所本庁舎 15階 スペース428

内容

渋谷区内9大学が連携して企画した作品などの展示
(青山学院大学、國學院大學、実践女子大学、聖心女子大学、津田塾大学、帝京短期大学、東海大学、文化学園大学、日本赤十字看護大学)

展示QRコード
展示QRコード

渋谷区文化プログラム・ダイジェスト動画

令和2年11月21日(土曜日)、22日(日曜日)に宮下公園で実施した渋谷区文化プログラム「MERRY SMILE SHIBUYA 2020」のダイジェスト動画を作成しました。

ダウン症の書道家、金澤翔子氏のパフォーマンスをはじめ、区内9大学が企画した動画などを各日程10分程度にまとめ、年齢、性別、国籍、障がいの有無を問わず、誰もがどこでも楽しめるステージパフォーマンスとなっています。

出演者の人々の熱い気持ちのこもった素晴らしいパフォーマンスをぜひご覧ください。

令和2年11月21日(土曜日)

公開場所:区ホームページ、区公式Twitter、区公式Facebook

渋谷区文化プログラムMERRY SMILE SHIBUYA 2020(11月21日)(YouTube「渋谷オリパラチャンネル」へリンク)

令和2年11月22日(日曜日)

公開場所:区ホームページ、区公式Twitter、区公式Facebook

 

渋谷区文化プログラムMERRY SMILE SHIBUYA 2020(11月22日)(YouTube「渋谷オリパラチャンネル」へリンク)

MERRY SMILE SHIBUYA for 2020

東京2020パラリンピック競技大会1年前を記念して、令和元年8月24日に国連大学本部にて、渋谷区文化プログラム「MERRY SMILE SHIBUYA for 2020」を開催しました。
オリンピック・パラリンピックはスポーツの祭典であるとともに、文化の祭典でもあります。渋谷区文化プログラムは、年齢、性別、国籍、障がいの有無を問わず、誰もが楽しめるイベントとなりました。
文化プログラムでは文化の発展、継承等をテーマとし、国内外へ日本文化を発信します。

詳しくは、MERRY SMILE SHIBUYA for 2020の関連サイト(外部サイト)をご覧ください。

渋谷区文化プログラム写真
写真:令和元年8月24日、国連大学本部での写真  

夢のメダルづくりプロジェクト

渋谷区の地域行事等で子どもたちと一緒に、オリンピック・パラリンピック選手に向けて、応援の気持ちを届けるメダルづくりを実施しました。色とりどりの個性あふれる素敵なmedalが出来上がりました。
メダルづくりを通して、区内開催協議や選手について楽しく学びながら、応援の気持ちを育み、気運を醸成していきます。

詳しくは、夢のメダルづくりプロジェクト事業の関連サイト(外部サイト)をご覧ください。

夢のメダルづくりプロジェクト写真
夢のメダルづくりプロジェクト作成中の写真
写真:夢のメダル作成の様子  

daijobu PROJECT

年齢、性別、国籍、身体の特徴を問わず、どんな相手に対しても「daijobu?」を第一声の合言葉に、「声がけアクション」を誰もが実践できるように「daijobu book」を作成しました。
障がい者に対する認識と理解を深め、コミュニケーションを楽しむためのヒントのつまった冊子とリーフレットです。
街中での障がい者への「声がけ」とお手伝いの「アクション」を促すことを目的に、さまざまな形で活用していきます。

詳しくは、daijobu PROJECT事業の関連サイト(外部サイト)をご覧ください。

ダイジョブブック写真

ウォールアートデザイン

東京2020大会への気運醸成を図るため、渋谷区スポーツセンター(玄関と3階ロビー)、区立代々木大山公園、渋谷区勤労福祉会館の壁面に、オリンピック・パラリンピックの気運を高めるウォールアートをデザインしました。
お近くへお越しの際は、ぜひご覧ください。

詳しくは、ウォールアートデザイン事業の関連サイト(外部サイト)をご覧ください。

代々木大山公園のウォールアート写真
写真:区立代々木大山公園
勤労福祉会館ウォールアート写真
写真:渋谷区勤労福祉会館
スポーツセンターウォールアート写真
写真:渋谷区スポーツセンターの玄関