緊急事態宣言の解除とまん延防止等重点措置への移行について

  • 更新日:
    令和3年6月21日
 【問い合わせ】防災課災害対策推進係(電話:03-3463-4475)

令和3年6月20日をもって、東京都における緊急事態宣言が解除され、来月7月11日まで、まん延防止等重点措置が実施されることとなりました。これにより、引き続き、緊急事態宣言下と同様の不要不急の外出・移動の自粛や営業時間の短縮、イベント等の開催制限の要請・命令が継続されることになります。事態の収束に向けて、いま一度、不要不急の外出・移動の自粛などの感染対策の徹底をお願いします。

また、まん延防止等重点措置に基づいて、一部の施設を除き、これまで行ってきました区有施設の休館や窓口業務の一部縮小などを継続いたします。大変ご不便をおかけしますが、何卒ご理解をお願いします。

区民の皆さまにお願いしたいこと

  • 感染のリスクが高いとされる会食の自粛
  • 少しでも症状がある場合、早めに検査を受けること
  • 不要不急の外出・移動の自粛。
  • 混雑している場所や時間を避けて行動すること。
  • 路上や公園等で集団での飲酒をしないこと。
  • 一人一人が継続的に感染予防対策を実施すること。
    • ソーシャル・ディスタンス(人と人との距離)の確保
    • マスクの着用
    • 手洗い・消毒などの手指衛生
    • こまめな換気

事業者の皆さまにお願いしたいこと

  • 在宅勤務(テレワーク)、時差出勤の推進(出勤者数の7割削減)
  • 職場内での3密(密集・密閉・密接)にならない工夫 

渋谷区新型コロナウイルス感染症対策本部について 

渋谷区では、まん延防止等重点措置への移行を受け、特措法に基づく「渋谷区新型コロナウイルス感染症対策本部」の設置を継続し、引き続き、区の対応方針や具体的な対策について検討し、感染防止対策や区民生活、地域経済への対応について協議を重ねていきます。

東京都のまん延防止等重点措置の概要について(東京都発表) 

東京都が発表した概要は、次のとおりです。

まん延防止等重点措置実施期間

令和3年6月21日(月曜日)0時から令和3年7月11日(日曜日)24時まで 

まん延防止等重点措置実施区域

23区及び檜原村、奥多摩町を除く多摩地域の市町 

内容

日中も含めた不要不急の外出・移動の自粛など

  • 医療機関への通院、食料・医薬品・生活必需品の買い出し、必要な職場への出勤、屋外での運動や散歩など、生活や健康の維持のために必要な場合を除き、原則として外出しないこと等を要請(特措法第24条第9項)
  • 不要不急の都道府県間の移動の自粛
  • ​混雑している場所や時間を避けて行動すること 
  • 感染対策が徹底されていない飲食店等の利用を自粛すること
  • 飲食店等で飲酒する場合は、同一グループ2人以内で、90分以内とすること
  • 措置区域において、営業時間短縮を要請した時間以降、飲食店等にみだりに出入りしないこと
  • 路上、公園等における集団での飲酒など、感染リスクが高い行動の自粛

営業時間の短縮、イベントの開催制限など

  • 飲食店や遊興施設等の施設管理者に対して営業時間の短縮を要請するとともに、業種別ガイドラインの遵守等、感染防止対策の徹底を要請(特措法第24条第9項) 

(注)措置区域における営業時間は5時から20時まで。ただし、酒類の提供は11時から19時まで。 

  • ​イベント主催者などに対して規模要件等(人数上限・収容率、飲食を伴わないこと等)に沿ったイベントの開催等を要請(特措法第24条第9項)
  • 事業の継続に必要な場合を除き、従業員の20時までの早期終業・帰宅を要請(特措法第24条第9項)  

(注)具体的な制限等は、東京都防災ホームページ(外部サイト)をご確認ください。

東京都緊急事態措置等・感染拡大防止協力金相談センター(東京都)

電話番号:03-5388-0567

まん延防止等重点措置期間における区の窓口業務等について

区役所等の窓口の開設状況

区役所および出張所等の区の窓口業務の開設状況については、区役所等の窓口の開設状況一覧のページからご確認ください。今後、状況に応じて、窓口業務の縮小や中止をする場合がありますので、ご利用にあたってはご注意ください。

区有施設の休館情報

区有施設の休館情報については、新型コロナウイルス感染症に係る施設の開館状況のページをご確認ください。

イベント情報(中止・延期)

区主催イベント・行事(一部共催なども含む)の中止・延期情報については新型コロナウイルス感染症の影響に伴い中止・延期となるイベント等の一覧のページをご確認ください。