[ページの先頭]

[ここから本文]

【更新日】平成28年4月11日

携帯電話、スマートフォンによる納付〈モバイルレジ〉について

【問い合わせ】税務課税務管理係(電話:03-3463-3675)
国民健康保険課収納係(電話:03-3463-1784)

金融機関やコンビニエンスストアに行かなくても、携帯電話やスマートフォンを操作するだけで自宅や外出先で簡単に納付できるようになりました。

モバイルレジとは

納付書(30万円以下)に印刷されたバーコードを携帯電話やスマートフォンのカメラで読み取り、インターネットバンキング(インターネットを経由して利用する銀行サービス)に接続することで個人住民税、軽自動車税及び国民健康保険料を納付することができるサービスです。

(注)「モバイルレジ」は、株式会社NTTデータが提供するサービスです。モバイルレジの詳細については、モバイルレジホームページ(株式会社NTTデータのページ)をご覧ください。

利用方法

  1. 利用したい金融機関に、インターネットバンキングの利用申し込みをします。
  2. 初回のみアプリ(専用のソフト)をダウンロードします。
    アプリダウンロードページモバイルレジ(株式会社NTTデータのページ)
    モバイルレジQRコード
    モバイルレジ(株式会社NTTデータのページ)
  3. 納付書に印刷されているバーコードを、携帯電話やスマートフォンのカメラで読み取ります。
  4. 納付される内容、金額、金融機関を確認します。
  5. インターネットバンキングで決済します。

利用にあたっての注意

  • 払込手数料は無料です。
  • あらかじめ金融機関にインターネットバンキングの申し込みが必要です。
  • モバイルレジ用アプリのダウンロードが必要です。アプリは無料ですが、パケット通信料がかかります。
  • バーコードのない納付書はモバイルレジの利用ができません。また、傷や汚れなどによってバーコードが読み取れない納付書も取り扱いできません。
  • モバイルレジで支払った場合、領収書は発行されません。通帳への記帳やモバイルバンキングの取引明細書などで確認してください。領収書が必要な場合は、金融機関やコンビニエンスストア(1枚30万円以下の納付書)でお支払ください。
  • 軽自動車税の納税通知書に附属した納税証明書(継続検査用)の取扱いについては、決まり次第お知らせします。