○渋谷区スポーツ施設条例

平成八年三月二九日

条例第五号

渋谷区スポーツセンター条例(昭和六十年東京都渋谷区条例第二十二号)の全部を改正する。

(目的及び設置)

第一条 スポーツ及びレクリエーションの普及振興を図り、区民の心身の健全な発達に寄与するため、渋谷区スポーツ施設(以下「スポーツ施設」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第二条 スポーツ施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

渋谷区スポーツセンター

東京都渋谷区西原一丁目四〇番一八号

渋谷区二子玉川区民運動施設

東京都世田谷区鎌田一丁目一番二号地先

渋谷区代々木大山公園運動場

東京都渋谷区西原二丁目五三番一号

渋谷区代々木西原公園庭球場

東京都渋谷区西原一丁目四七番八号

渋谷区猿楽トレーニングジム

東京都渋谷区猿楽町一二番三五号

渋谷区代官山スポーツプラザ

東京都渋谷区代官山町一七番九号

渋谷区ひがし健康プラザアリーナ・多目的ルーム・プール

東京都渋谷区東三丁目一四番一三号

(一部改正…一二年四二号・一三年五六号・一八年二五号・二二年二三号・二三年一七号)

(事業)

第三条 スポーツ施設は、第一条に定める目的を達成するため、次の事業を行う。

 スポーツ及びレクリエーションの指導及び普及に関すること。

 健康の増進及び体力の向上に関すること。

 スポーツ施設の使用に関すること。

 前三号に掲げるもののほか、渋谷区教育委員会(以下「教育委員会」という。)が必要と認める事業

(使用できるものの範囲)

第四条 スポーツ施設を使用できるものは、次のとおりとする。

 区内に住所を有する者

 区内の事業所又は事務所に勤務する者

 区内の学校に在学する者

 前三号に規定する者により構成された団体

 前各号に掲げるもののほか、教育委員会が特に認めたもの

(使用の手続)

第五条 スポーツ施設を使用しようとするものは、教育委員会の承認を受けなければならない。

(使用の不承認)

第六条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、使用を承認しない。

 秩序を乱すおそれがあるとき。

 営利を目的として使用するとき。

 その他管理上支障があるとき。

(開場時間)

第七条 スポーツ施設の開場時間は、次のとおりとする。ただし、教育委員会が特に必要と認めたときは、これを変更することができる。

施設名

開場時間

渋谷区スポーツセンター、渋谷区猿楽トレーニングジム及び渋谷区代官山スポーツプラザ

午前九時から午後九時まで

渋谷区二子玉川区民運動施設及び渋谷区代々木大山公園運動場

午前九時から午後五時まで

渋谷区代々木西原公園庭球場

午前九時から午後九時まで

渋谷区ひがし健康プラザアリーナ・多目的ルーム・プール

午前九時から午後九時まで

(一部改正…一二年四二号・一三年五六号・一五年九号・一八年二五号・二二年二三号・二三年一七号・二四年一一号)

(休場日)

第八条 スポーツ施設の休場日は、次のとおりとする。ただし、教育委員会が特に必要と認めたときは、これを変更し、又は臨時に休場日を定めることができる。

施設名

休場日

渋谷区スポーツセンター及び渋谷区代々木西原公園庭球場

一 第一月曜日及び第三月曜日(国民の祝日に関する法律(昭和二十三年法律第百七十八号)に規定する休日(以下「休日」という。)に当たるときは、その直後の休日以外の日)

二 十二月二十九日から翌年の一月三日までの日(以下「年末年始の日」という。)

渋谷区代々木大山公園運動場及び渋谷区猿楽トレーニングジム

一 月曜日(休日に当たるときは、その直後の休日以外の日)

二 年末年始の日

渋谷区代官山スポーツプラザ

一 第二月曜日及び第四月曜日(休日に当たるときは、その直後の休日以外の日)

二 年末年始の日

渋谷区二子玉川区民運動施設

一 年末年始の日

渋谷区ひがし健康プラザアリーナ・多目的ルーム・プール

一 第一火曜日及び第三火曜日(休日に当たるときは、その直後の休日以外の日)

二 年末年始の日

備考 この表に掲げる渋谷区代々木大山公園運動場の休場日のうち第一号に規定する日が、区立学校の夏季休業日、冬季休業日(年末年始の日を除く。)及び春季休業日に当たるときは、休場日としないものとする。

(一部改正…一二年四二号・一三年五六号・一六年二二号・一八年二五号・二二年二三号・二三年一七号・二四年一一号・二八年二八号)

(区民無料公開)

第九条 教育委員会は、特定の日にスポーツ施設を無料で公開し、区内に住所を有する者に限り使用させることができる。

2 前項の区民無料公開について必要な事項は、教育委員会が定める。

(使用料)

第十条 スポーツ施設の使用料は、別表に定めるとおりとする。ただし、渋谷区代々木大山公園運動場については、無料とする。

(一部改正…一二年四二号)

2 使用の承認を受けたもの(以下「使用者」という。)は、使用料を前納しなければならない。

(回数使用券の発行)

第十一条 教育委員会は、スポーツ施設を個人使用しようとする者に対して、前条第一項の使用料の額から割引をした額をもって回数使用券を発行することができる。

2 前項の回数使用券の種類及び発行価額は、次のとおりとする。

種類

発行価額

四〇〇円券 一一枚つづり

四、〇〇〇円

一〇〇円券 一一枚つづり

一、〇〇〇円

(一部改正…九年三一号)

(使用料の減免)

第十二条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当するときは、それぞれ当該各号に定めるところにより、貸切り使用料を減額し、又は免除することができる。

 区が使用するとき。 免除

 社会体育関係団体その他の団体が区と共催する事業で使用するとき。 免除

 区内の小学校、中学校若しくは幼稚園又は保育所が教育又は保育の目的で使用するとき。 免除

 心身障害者の福祉を増進することを目的とする団体が使用するとき。 免除

 主として六十歳以上の者で構成される団体で教育委員会が定めるものが使用するとき。 免除

(一部改正…一七年一二号)

 社会体育関係団体で教育委員会が定めるものが使用するとき。 五割減額

 前各号に掲げる場合のほか、教育委員会が特に必要と認めたとき。 免除又は五割減額

2 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当するときは、個人使用料を免除することができる。

 身体障害者福祉法(昭和二十四年法律第二百八十三号)に規定する身体障害者手帳を提示する者、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和二十五年法律第百二十三号)に規定する精神障害者保健福祉手帳を提示する者又は東京都が発行する愛の手帳を提示する者及びこれらの者の付添者(一人に限る。)が使用するとき。

(一部改正…一四年一八号)

 六十歳以上の者が使用するとき。

(一部改正…一七年一二号)

(使用料の不還付)

第十三条 既に納めた使用料は、還付しない。ただし、教育委員会が特別の理由があると認めたときは、その全部又は一部を還付することができる。

(権利譲渡等の禁止)

第十四条 使用者は、使用の権利を譲渡し、又は転貸してはならない。

(使用承認の取消し等)

第十五条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、使用の承認を取り消し、又は使用を停止し、若しくは制限することができる。

 使用目的又は使用条件に違反したとき。

 この条例に違反し、又は教育委員会の指示に従わないとき。

 その他管理上支障が生じたとき。

(禁止行為)

第十六条 使用者スポーツ施設内においては、次の行為をしてはならない。ただし、あらかじめ教育委員会の承認を受けたときは、この限りでない。

(一部改正…二九年二二号)

 施設に特別の設備又は変更を加えること。

 広告物を掲げること。

 物品を販売すること。

 その他管理上支障がある行為をすること。

(原状回復義務)

第十七条 使用者は、施設の使用を終了したとき又は第十五条の規定により使用の承認を取り消されたとき若しくは使用を停止されたときは、直ちに施設を原状に回復しなければならない。

(損害賠償)

第十八条 使用者は、施設又は設備に損害を与えたときは、教育委員会が相当と認める損害額を賠償しなければならない。ただし、教育委員会がやむを得ないと認めたときは、その額を減額し、又は免除することができる。

(指定管理者による管理)

第十九条 スポーツ施設の管理は、地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号。以下「法」という。)第二百四十四条の二第三項の規定により、法人その他の団体で教育委員会が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に行わせることができる。

(本条追加…二九年二二号)

2 教育委員会は、指定管理者に次に掲げる業務を行わせることができる。

 スポーツ施設の施設及び設備の維持管理に関すること(教育委員会が指定する修繕を除く。)。

 第三条に規定する事業の実施に関すること。

 スポーツ施設の使用の承認に関すること。

 スポーツ施設の利用料金の収受に関すること。

 スポーツ施設の利用料金の減額又は免除に関すること。

 スポーツ施設の利用料金の還付に関すること。

 スポーツ施設の使用の取消し、停止又は制限に関すること。

 前各号に掲げるもののほか、教育委員会が必要と認めること。

3 第一項の規定によりスポーツ施設の管理を指定管理者に行わせる場合の第五条から第十三条まで、第十五条及び前条の規定の適用については、第五条及び第六条中「教育委員会」とあるのは「指定管理者」と、第七条ただし書及び第八条ただし書中「教育委員会が特に必要と認めたときは」とあるのは「指定管理者が特に必要と認めたときは、教育委員会の承認を得て」と、第九条第一項中「教育委員会」とあるのは「指定管理者」と、同条第二項中「教育委員会が」とあるのは「指定管理者が教育委員会の承認を得て」と、第十条の見出し中「使用料」とあるのは「利用料金」と、同条第一項中「使用料」とあるのは「利用料金」と、「とおりとする」とあるのは「額の範囲内で、あらかじめ区長の承認を得て指定管理者が定める額とし、指定管理者の収入とする」と、同条第二項中「使用料」とあるのは「利用料金」と、第十一条第一項中「教育委員会」とあるのは「指定管理者」と、「使用料」とあるのは「利用料金」と、第十二条の見出し中「使用料」とあるのは「利用料金」と、同条第一項各号列記以外の部分中「教育委員会」とあるのは「指定管理者」と、「貸切り使用料」とあるのは「貸切り利用料金」と、同条第二項中「教育委員会」とあるのは「指定管理者」と、「個人使用料」とあるのは「個人利用料金」と、第十三条(見出しを含む。)中「使用料」とあるのは「利用料金」と、同条ただし書中「教育委員会」とあるのは「指定管理者」と、第十五条中「教育委員会」とあるのは「指定管理者」と、前条中「教育委員会」とあるのは「指定管理者」と読み替えるものとする。

(指定管理者の指定の取消し等に伴う特例)

第二十条 教育委員会は、法第二百四十四条の二第十一項及び渋谷区公の施設における指定管理者の指定の手続等に関する条例(平成十七年渋谷区条例第十六号)第十条第一項の規定により、指定管理者の指定を取り消し、又は期間を定めて管理の業務の全部若しくは一部の停止を命じた場合は、必要な限度において、自らスポーツ施設の管理の業務の全部又は一部を行うことができる。

(追加…二九年二二号)

(委任)

第二十一条第十九条 この条例の施行について必要な事項は、教育委員会が定める。

(一条繰上…一七年五七号、二条繰下…二九年二二号)

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成八年五月一日から施行する。

(東京都渋谷区二子玉川区民運動施設条例等の廃止)

2 次に掲げる条例は、廃止する。

 東京都渋谷区二子玉川区民運動施設条例(昭和四十五年東京都渋谷区条例第三十号)

 東京都渋谷区立公園特殊施設使用条例(昭和三十二年東京都渋谷区条例第十号)

 東京都渋谷区恵比寿区民プール条例(昭和四十六年東京都渋谷区条例第十六号)

(経過措置)

3 この条例による改正前の渋谷区スポーツセンター条例(以下「旧条例第二十二号」という。)に基づく渋谷区スポーツセンター、前項第一号の規定による廃止前の東京都渋谷区二子玉川区民運動施設条例(以下「旧条例第三十号」という。)に基づく東京都渋谷区二子玉川区民運動施設、同項第二号の規定による廃止前の東京都渋谷区立公園特殊施設使用条例(以下「旧条例第十号」という。)に基づく代々木大山公園運動場及び代々木西原公園庭球場並びに同項第三号の規定による廃止前の東京都渋谷区恵比寿区民プール条例に基づく東京都渋谷区恵比寿区民プールは、それぞれこの条例に基づく渋谷区スポーツセンター、渋谷区二子玉川区民運動施設、渋谷区代々木大山公園運動場、渋谷区代々木西原公園庭球場及び渋谷区恵比寿区民プールとなり、同一性をもって存続するものとする。

4 旧条例第二十二号及び旧条例第三十号の規定による使用の承認及びその申請は、この条例の規定に基づいてしたものとみなす。

5 旧条例第十号の規定により、区長のした使用の許可及び区長に対してしたその申請は、それぞれこの条例の規定により、教育委員会のした使用の承認及び教育委員会に対してしたその申請とみなす。

附 則(平成九年条例第三一号)

(施行期日)

1 この条例は、平成九年四月一日から施行する。ただし、第十一条第二項の改正規定は、平成九年七月一日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の渋谷区スポーツ施設条例別表の規定は、平成九年七月一日以後の使用に係る使用料について適用する。

3 平成九年六月三十日以前に発行した回数使用券は、なお引き続き使用することができる。この場合において、改正後の渋谷区スポーツ施設条例別表に規定する使用料の額と、当該回数使用券に表示されている額との間に差額が生じる場合は、当該差額を支払うことにより、使用できるものとする。

附 則(平成一二年条例第四二号)

この条例中第一条の規定は教育委員会規則で定める日(一二年教規則二四号 一二・八・一施行)から、第二条の規定は平成十二年十月一日から施行する。

附 則(平成一三年条例第五六号)

1 この条例中第一条の規定は平成十四年二月一日から、第二条の規定は同年四月一日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

2 スポーツ施設の使用に関して必要な手続等は、この条例の施行の日前においても行うことができる。

附 則(平成一四年条例第一八号)

この条例は、平成十四年四月一日から施行する。

附 則(平成一五年条例第九号)

1 この条例は、平成十五年四月一日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

2 スポーツ施設の使用に関して必要な手続等は、この条例の施行の日前においても行うことができる。

附 則(平成一六年条例第二二号)

この条例は、平成十六年四月一日から施行する。

附 則(平成一六年条例第三二号)

1 この条例は、平成十七年一月一日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

2 スポーツ施設の使用に関して必要な手続等は、この条例の施行の日前においても行うことができる。

附 則(平成一六年条例第四〇号)

1 この条例は、平成十七年四月一日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

2 スポーツ施設の使用に関して必要な手続等は、この条例の施行の日前においても行うことができる。

附 則(平成一七年条例第一二号)

1 この条例は、平成十七年四月一日から施行する。

2 改正後の渋谷区スポーツ施設条例第十二条第一項第五号及び第二項第二号の規定は、平成十七年四月一日以後の使用に係る使用料について適用する。

附 則(平成一七年条例第五七号)

この条例は、平成十八年四月一日から施行する。

附 則(平成一八年条例第二五号)

1 この条例は、教育委員会規則で定める日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

(一八年教規則一三号 一八・六・一七施行)

2 スポーツ施設の使用に関して必要な手続等は、この条例の施行の日前においても行うことができる。

附 則(平成二二年条例第二三号抄)

(施行期日)

1 この条例は、平成二十二年四月一日から施行する。

附 則(平成二三年条例第一七号)

1 この条例は、教育委員会規則で定める日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

(二三年教規則二〇号 二三・五・二七施行)

2 スポーツ施設の使用に関して必要な手続等は、この条例の施行の日前においても行うことができる。

附 則(平成二四年条例第一一号)

この条例は、平成二十四年七月一日から施行する。

附 則(平成二六年条例第三九号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成二八年条例第二八号)

(施行期日)

1 この条例は、平成二十八年十月一日から施行する。ただし、次項の規定は公布の日から、第八条の表の改正規定(渋谷区ひがし健康プラザアリーナ・多目的ルーム・プールの項中「火曜日」を「第一火曜日及び第三火曜日」に改める部分及び同表に備考として次のように加える部分に限る。)は、同年五月一日から施行する。

(準備行為)

2 スポーツ施設の使用に関して必要な手続等は、この条例の施行の日前においても行うことができる。

(経過措置)

3 改正後の渋谷区スポーツ施設条例別表一(一)及び別表四(一)の規定は、平成二十八年十月一日以後の使用に係る使用料について適用する。

附 則(平成二九年条例第二二号)

(施行期日)

1 この条例は、平成三十年四月一日から施行する。

(準備行為)

2 改正後の第十九条第一項の規定による指定管理者の指定のために必要な手続等は、この条例の施行の日前においても行うことができる。

(経過措置)

3 この条例の施行の際、改正前の渋谷区スポーツ施設条例の規定により既になされている承認等の行為は、改正後の渋谷区スポーツ施設条例の規定によりなされた承認等の行為とみなす。

別表(第十条関係)

一 渋谷区スポーツセンター

(一) 屋内施設貸切り使用料


使用単位

午前一部

午前二部

午後一部

午後二部

夜間

全日


使用時間

午前九時から午前十一時まで

午前十一時十五分から午後一時十五分まで

午後一時三十分から午後三時三十分まで

午後三時四十五分から午後五時四十五分まで

午後六時から午後九時まで

午前九時から午後九時まで

施設の種別


大体育室

一六、〇〇〇円

一六、〇〇〇円

一六、〇〇〇円

一六、〇〇〇円

二八、八〇〇円

九二、八〇〇円

小体育室

五、六〇〇円

五、六〇〇円

五、六〇〇円

五、六〇〇円

一〇、三〇〇円

三二、七〇〇円

第一武道場

二、五〇〇円

二、五〇〇円

二、五〇〇円

二、五〇〇円

四、七〇〇円

一四、七〇〇円

第二武道場

二、五〇〇円

二、五〇〇円

二、五〇〇円

二、五〇〇円

四、七〇〇円

一四、七〇〇円

第三武道場

二、五〇〇円

二、五〇〇円

二、五〇〇円

二、五〇〇円

四、七〇〇円

一四、七〇〇円

第一会議室

八〇〇円

八〇〇円

八〇〇円

八〇〇円

一、六〇〇円

四、八〇〇円

第二会議室

八〇〇円

八〇〇円

八〇〇円

八〇〇円

一、六〇〇円

四、八〇〇円

第三会議室

八〇〇円

八〇〇円

八〇〇円

八〇〇円

一、六〇〇円

四、八〇〇円


使用単位

午前一部

午前二部

午後一部

午後二部

夜間

全日


使用時間

午前九時三十分から午前十一時三十分まで

午前十一時五十分から午後一時五十分まで

午後二時十分から午後四時十分まで

午後四時三十分から午後六時三十分まで

午後七時から午後九時まで

午前九時三十分から午後九時まで

施設の種別


プール

一一、五〇〇円

一一、五〇〇円

一四、七〇〇円

一四、七〇〇円

一七、三〇〇円

六九、七〇〇円

備考

一 大体育室は、二分して使用できる。この場合の使用料は、規定使用料の二分の一相当額とする。

二 プールは、コース単位に分割して使用できる。この場合の使用料は、規定使用料の分割相当額(その額に百円未満の端数金額が生じるときは、当該端数金額を切り捨てた額)とする。

三 二以上の使用単位を引き続き使用するときの使用料は、各使用単位の使用料の合計額とする。

(二) 屋外施設貸切り使用料

ア 四月一日から十一月十五日まで

 

使用単位

午前一部

午前二部

午後一部

午後二部

夜間

全日

 

使用時間

午前九時から午前十一時まで

午前十一時二十分から午後一時二十分まで

午後一時四十分から午後三時四十分まで

午後四時から午後六時まで

午後六時二十分から午後八時二十分まで

午前九時から午後八時二十分まで

施設の種別

 

運動場

五、三〇〇円

五、三〇〇円

五、三〇〇円

五、三〇〇円

五、三〇〇円

二六、五〇〇円

庭球場(一面)

一、三〇〇円

一、三〇〇円

一、三〇〇円

一、三〇〇円

一、三〇〇円

六、五〇〇円

相撲場

一、三〇〇円

一、三〇〇円

一、三〇〇円

一、三〇〇円

一、三〇〇円

六、五〇〇円

フットサル場

一、八〇〇円

一、八〇〇円

一、八〇〇円

一、八〇〇円

一、八〇〇円

九、〇〇〇円

イ 十一月十六日から翌年の三月三十一日まで

 

使用単位

午前一部

午前二部

午後一部

午後二部

全日

 

使用時間

午前九時から午前十一時まで

午前十一時二十分から午後一時二十分まで

午後一時四十分から午後三時四十分まで

午後四時から午後六時まで

午前九時から午後六時まで

施設の種別

 

運動場

五、三〇〇円

五、三〇〇円

五、三〇〇円

五、三〇〇円

二一、二〇〇円

庭球場(一面)

一、三〇〇円

一、三〇〇円

一、三〇〇円

一、三〇〇円

五、二〇〇円

相撲場

一、三〇〇円

一、三〇〇円

一、三〇〇円

一、三〇〇円

五、二〇〇円

フットサル場

一、八〇〇円

一、八〇〇円

一、八〇〇円

一、八〇〇円

七、二〇〇円

備考

一 運動場は、二分又は四分して使用できる。この場合の使用料は、それぞれ規定使用料の二分の一相当額又は四分の一相当額(その額に百円未満の端数金額が生じるときは、当該端数金額を切り捨てた額)とする。

二 二以上の使用単位を引き続き使用するときの使用料は、各使用単位の使用料の合計額とする。

(三) 個人使用料

区分

施設の種別

使用時間

使用単位

使用料

一般

小学生及び中学生

大体育室

小体育室

第一武道場

第二武道場

第三武道場

トレーニング室

午前九時から午後九時まで

一回

四〇〇円

一〇〇円

運動場

庭球場

相撲場

庭球練習場

フットサル場

四月一日から十一月十五日までは午前九時から午後八時二十分まで

十一月十六日から翌年の三月三十一日までは午前九時から午後六時まで

プール

子供プール

午前九時から午後九時まで

二時間

四〇〇円

一〇〇円

備考

一 学齢に達しない者は、無料とする。

二 プール及び子供プールは、管理上支障のない限り、使用単位時間を超えて使用を承認することができる。この場合の使用料は、超過時間一時間(一時間未満の時間は、一時間とする。)につき、規定使用料の二分の一相当額とする。

(四) 照明設備使用料

区分

施設の種別

使用単位

使用料

備考

運動場

三十分

一、七五〇円

三十分未満の時間は、三十分とする。

庭球場(一面)

二五〇円

フットサル場

(一部改正…九年三一号・一四年一八号・一六年三二号・四〇号・二八年二八号)

二 渋谷区二子玉川区民運動施設貸切り使用料

 

使用単位

午前一部

午前二部

午後一部

午後二部

 

使用時間

午前九時から午前十一時まで

午前十一時から午後一時まで

午後一時から午後三時まで

午後三時から午後五時まで

施設の種別

 

運動場

二、七〇〇円

二、七〇〇円

二、七〇〇円

二、七〇〇円

野球場(一面)

二、七〇〇円

二、七〇〇円

二、七〇〇円

二、七〇〇円

庭球場(一面)

一、三〇〇円

一、三〇〇円

一、三〇〇円

一、三〇〇円

備考

一 二以上の使用単位を引き続き使用するときの使用料は、各使用単位の使用料の合計額とする。

二 第七条ただし書の規定に基づき、開場時間を変更したときの使用料は、使用時間一時間(一時間未満の時間は、一時間とする。)につき、規定使用料の二分の一相当額(その額に百円未満の端数金額が生じるときは、当該端数金額を切り捨てた額)とする。

(一部改正…九年三一号・一五年九号)

二の二 渋谷区代々木西原公園庭球場

(一) 施設貸切り使用料

 

使用単位

午前一部

午前二部

午後一部

午後二部

夜間一部

夜間二部

 

使用時間

午前九時から午前十一時まで

午前十一時から午後一時まで

午後一時から午後三時まで

午後三時から午後五時まで

午後五時から午後七時まで

午後七時から午後九時まで

施設の種別

 

庭球場(一面)

一、三〇〇円

一、三〇〇円

一、三〇〇円

一、三〇〇円

一、三〇〇円

一、三〇〇円

備考 二以上の使用単位を引き続き使用するときの使用料は、各使用単位の使用料の合計額とする。

(二) 照明設備使用料

区分

施設の種別

使用単位

使用料

備考

庭球場(一面)

三十分

二五〇円

三十分未満の時間は、三十分とする。

(追加…一五年九号)

三 渋谷区猿楽トレーニングジム個人使用料

使用時間

使用単位

使用料

一般

中学生

午前九時から午後九時まで

一回

四〇〇円

一〇〇円

(一部改正…九年三一号)

四 渋谷区代官山スポーツプラザ

(一) 施設貸切り使用料

 

使用単位

午前一部

午前二部

午後一部

午後二部

夜間一部

夜間二部

全日

 

使用時間

午前九時から午前十一時まで

午前十一時から午後一時まで

午後一時から午後三時まで

午後三時から午後五時まで

午後五時から午後七時まで

午後七時から午後九時まで

午前九時から午後九時まで

施設の種別

 

多目的ルーム

三、二〇〇円

三、二〇〇円

三、二〇〇円

三、二〇〇円

三、二〇〇円

三、八〇〇円

一九、八〇〇円

レクリエーションルーム

二、〇〇〇円

二、〇〇〇円

二、〇〇〇円

二、〇〇〇円

二、〇〇〇円

二、四〇〇円

一二、四〇〇円

 

使用単位

午前一部

午前二部

午後一部

午後二部

夜間

全日

 

使用時間

午前九時三十分から午前十一時三十分まで

午前十一時四十五分から午後一時四十五分まで

午後二時十五分から午後四時十五分まで

午後四時三十分から午後六時三十分まで

午後六時四十五分から午後八時四十五分まで

午前九時三十分から午後八時四十五分まで

施設の種別

 

メインプール

一二、二〇〇円

一二、二〇〇円

一五、二〇〇円

一五、二〇〇円

一八、二〇〇円

七三、〇〇〇円

サブプール

一、九〇〇円

一、九〇〇円

二、四〇〇円

二、四〇〇円

二、九〇〇円

一一、五〇〇円

備考

一 レクリエーションルームは、二分して使用できる。この場合の使用料は、規定使用料の二分の一相当額とする。

二 メインプールは、コース単位に分割して使用できる。この場合の使用料は、規定使用料の分割相当額(その額に百円未満の端数金額が生じるときは、当該端数金額を切り捨てた額)とする。

三 二以上の使用単位を引き続き使用するときの使用料は、各使用単位の使用料の合計額とする。

(二) 個人使用料

区分

施設の種別

使用時間

使用単位

使用料

一般

小学生及び中学生

多目的ルーム

レクリエーションルーム

午前九時から午後九時まで

一回

四〇〇円

一〇〇円

メインプール

サブプール

午前九時から午後九時まで

二時間

四〇〇円

一〇〇円

備考

一 学齢に達しない者は、無料とする。

二 メインプール及びサブプールは、管理上支障のない限り、使用単位時間を超えて使用を承認することができる。この場合の使用料は、超過時間一時間(一時間未満の時間は、一時間とする。)につき、規定使用料の二分の一相当額とする。

(追加…一二年四二号、一部改正…一四年一八号・二八年二八号)

五 渋谷区ひがし健康プラザアリーナ・多目的ルーム・プール

(一) 施設貸切り使用料

 

使用単位

午前一部

午前二部

午後一部

午後二部

夜間

全日

 

使用時間

午前九時から午前十一時まで

午前十一時三十分から午後一時三十分まで

午後二時から午後四時まで

午後四時三十分から午後六時三十分まで

午後七時から午後九時まで

午前九時から午後九時まで

施設の種別

 

アリーナ

一〇、〇〇〇円

一〇、〇〇〇円

一二、四〇〇円

一二、四〇〇円

一八、八〇〇円

六三、六〇〇円

多目的ルーム

六〇〇円

六〇〇円

八〇〇円

八〇〇円

一、二〇〇円

四、〇〇〇円

 

使用単位

午前一部

午前二部

午後一部

午後二部

夜間

全日

 

使用時間

午前九時三十分から午前十一時三十分まで

午前十一時四十五分から午後一時四十五分まで

午後二時十五分から午後四時十五分まで

午後四時三十分から午後六時三十分まで

午後六時四十五分から午後八時四十五分まで

午前九時三十分から午後八時四十五分まで

施設の種別

 

メインプール

一〇、二〇〇円

一〇、二〇〇円

一三、〇〇〇円

一三、〇〇〇円

一五、五〇〇円

六一、九〇〇円

備考

一 アリーナは、二分して使用できる。この場合の使用料は、規定使用料の二分の一相当額(その額に百円未満の端数金額が生じるときは、当該端数金額を切り捨てた額)とする。

二 メインプールは、コース単位に分割して使用できる。この場合の使用料は、規定使用料の分割相当額(その額に百円未満の端数金額が生じるときは、当該端数金額を切り捨てた額)とする。

三 二以上の使用単位を引き続き使用するときの使用料は、各使用単位の使用料の合計額とする。

(二) 個人使用料

区分

施設の種別

使用時間

使用単位

使用料

一般

小学生及び中学生

アリーナ

午前九時から午後九時まで

一回

四〇〇円

一〇〇円

プール

午前九時から午後九時まで

二時間

四〇〇円

一〇〇円

備考

一 学齢に達しない者は、無料とする。

二 プールは、管理上支障のない限り、使用単位時間を超えて使用を承認することができる。この場合の使用料は、超過時間一時間(一時間未満の時間は、一時間とする。)につき、規定使用料の二分の一相当額とする。

(追加…一三年五六号、一部改正…一八年二五号・二二年二三号・二三年一七号・二四年一一号・二六年三九号)

渋谷区スポーツ施設条例

平成8年3月29日 条例第5号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第15章 育/第7節 社会教育
沿革情報
平成8年3月29日 条例第5号
平成9年3月31日 条例第31号
平成12年3月31日 条例第42号
平成13年12月10日 条例第56号
平成14年3月29日 条例第18号
平成15年3月13日 条例第9号
平成16年3月31日 条例第22号
平成16年10月6日 条例第32号
平成16年12月14日 条例第40号
平成17年3月17日 条例第12号
平成17年6月23日 条例第57号
平成18年3月31日 条例第25号
平成22年3月31日 条例第23号
平成23年3月31日 条例第17号
平成24年3月30日 条例第11号
平成26年10月24日 条例第39号
平成28年3月31日 条例第28号
平成29年6月20日 条例第22号