○渋谷区選挙管理委員会規程

昭和五六年四月一日

選告示第七号

東京都渋谷区選挙管理委員会規程(昭和二十三年七月二十一日選告示第二号)の全部を次のように改正する。

(目的)

第一条 この規程は、地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第百九十四条の規定に基づき、渋谷区選挙管理委員会(以下「委員会」という。)に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(委員会の事務)

第二条 委員会は、法令に定めのある各種の選挙事務を管理執行するほか、常に法規の研究、事務の改善及び部外との連絡等、円滑な事務の運営を図り、かつ、棄権防止、その他区民の選挙意識の啓発について、諸施策を研究し、これを執行するものとする。

(委員長の選任)

第三条 渋谷区選挙管理委員会委員長(以下「委員長」という。)の選挙は、単記無記名投票でこれを行い、有効投票の最多数を得た者をもって当選者とする。ただし、得票数が同じであるときは、くじで定める。

(一部改正…五年四号)

2 委員会は、渋谷区選挙管理委員(以下「委員」という。)中に異議がないときは、前項の選挙につき指名推薦の方法を用いることができる。指名推薦の方法を用いる場合においては、被指名人をもって当選者と定めるべきかどうかを会議に諮り、委員全員の同意があった者をもって当選者とする。

(一部改正…五年四号)

3 委員長が選挙されたときは、委員会は、その住所及び氏名を告示しなければならない。

(副委員長の指定)

第四条 委員長は、委員会の承認を得て副委員長を指定しなければならない。

2 委員長に事故があるとき、又は委員長が欠けたときは、副委員長が委員長の職務を代理する。

3 第一項の規定により副委員長が指定されたときは、委員会は、その住所及び氏名を告示しなければならない。

(追加…五年四号)

(委員長等の任期及び委員長が欠けたときの選挙)

第五条 委員長及び副委員長の任期は、委員の任期による。

2 委員長又は副委員長が欠けたときは、委員長の選挙又は副委員長の指定は、それぞれその欠けた日から十日以内にこれを行わなければならない。

(仮委員長の委員長代理)

第六条 委員長及び副委員長にともに事故があるとき、欠けたとき、又は未だ定まっていないときは、仮委員長が臨時に委員長の職務を行う。

(一部改正…五年四号)

2 前項の仮委員長は、年長の委員をもって充てる。

(委員の退職)

第七条 委員長が退職しようとするときは、退職願を副委員長に提出し、委員会の承認を得なければならない。

2 委員が退職しようとするときは、退職願を委員長に提出し、承認を得なければならない。

3 委員長は、前項の委員の退職願を承認したときは、その旨を委員会に報告しなければならない。

(委員に異動があったときの告示)

第八条 委員長、副委員長若しくは委員が欠けたとき、又は委員の欠員を補充したときは、委員会は直ちにその旨を告示しなければならない。

(一部改正…五年四号)

(補充員の辞退)

第九条 補充員の辞退に関しては、前二条を準用する。

(定例会及び臨時会)

第十条 委員会の会議は、定例会及び臨時会とする。

(一部改正…五年四号)

2 定例会は、毎月五日及び二十日にこれを招集する。ただし、その日が休日にあたるとき、又は特別の事情によりその日に会議を開くことができないときは、委員長は期日を変更することができる。

3 臨時会は、委員長が必要があると認めたとき、又は委員から請求があったときに、これを招集する。

(一部改正…五年四号)

4 委員長は、委員会の招集にあたっては、会議の日時、場所及び付議すべき議案を委員に通知しなければならない。

5 会議は公開とする。ただし、委員の発議により出席委員の過半数で議決したときは、会議の全部又は一部を非公開とすることができる。

(追加…五年四号)

(欠席の届出)

第十一条 委員会に出席できない委員は、開会時刻前に委員長にその旨を届け出なければならない。

(説明の聴取)

第十二条 委員会は、必要があると認めたときは、区長又は関係ある職員の出席を求め、関係ある事案について説明を聴取することができる。

(会議録の調製)

第十三条 委員長は、書記をして会議録を調製し、会議の次第及び出席委員の氏名を記載させなければならない。

2 委員長は、必要があると認めたときは、会議の要旨を他に報告することができる。

(一部改正…五年四号)

(傍聴)

第十三条の二 傍聴の手続、その他会議の傍聴に関し必要な事項は、別に定める。

(追加…五年四号)

(会議の運営)

第十四条 この規程に定めるもののほか、委員会の開閉、議案の審査、議決、その他委員会の議事に関しては、渋谷区議会の会議一般の例による。

(一部改正…五年四号)

(委員長の職務権限)

第十五条 委員長は、法令で定めるもののほか、次に掲げる事務を担任する。

 会議を主宰すること。

 委員会に議案を提出し、議決事項を執行すること。

 その他委員会の庶務に関すること。

(委員長の専決処分)

第十六条 委員会の権限に属する事項で、恒例的なもの及び軽易なものは、委員会の定めるところにより、委員長が専決処分することができる。

(告示)

第十七条 委員会の告示は、渋谷区公告式条例(昭和二十五年渋谷区条例第八号)の定めるところによる。

(一部改正…五年四号)

(公印)

第十八条 委員会に関する公印の名称、番号、書体、寸法、用途及び管守者は、別表第一による。

2 委員会に関する公印のひな型は、別表第二による。

3 公印の管守方法等については、区長部局の例による。

(事務局の設置)

第十九条 委員会の権限に属する事務を処理するため、渋谷区選挙管理委員会事務局(以下「事務局」という。)を置く。

2 事務局に関する事項については、別に定める。

別表第一(第十八条関係)

(改正…一四年一三号)

公印の名称、番号、書体、寸法、用途及び管守者

名称

番号

書体

寸法

用途

管守者

渋谷区選挙管理委員会印

てん書

方 三五ミリメートル

一般文書、その他

選挙係長

渋谷区選挙管理委員会印

てん書

方 二〇ミリメートル

投票用紙

選挙係長

渋谷区選挙管理委員会印

二の二

てん書

方 一三ミリメートル

選挙人名簿

選挙係長

渋谷区選挙管理委員会委員長印

てん書

方 二〇ミリメートル

一般文書、証明、許可、認可、その他

選挙係長

渋谷区選挙管理委員会事務局長印

てん書

方 二一ミリメートル

一般文書、その他

選挙係長

渋谷区選挙管理委員会事務局次長印

てん書

方 二一ミリメートル

一般文書、その他

選挙係長

渋谷区選挙管理委員会割印

てん書

変だ円/長径三〇ミリメートル/短径一三ミリメートル/

一般文書、その他

選挙係長

渋谷区選挙管理委員会契印

てん書

変だ円/長径三〇ミリメートル/短径一三ミリメートル/

一般文書、その他

選挙係長

別表第二(第十八条関係)

(改正…一四年一三号)

公印ひな型

画像

二の二

画像

画像

画像

画像

画像

画像

 

 

渋谷区選挙管理委員会規程

昭和56年4月1日 選挙管理委員会告示第7号

(平成14年4月1日施行)