株式会社トリドールホールディングスとの協定

  • 更新日:
    令和4年10月11日
【問い合わせ】経営企画課経営企画係・企画調整主査(電話:03-3463-1191)
 

区(区長:長谷部健)と株式会社トリドールホールディングス(代表取締役社長兼CEO:粟田貴也)は令和4年10月6日(木曜日)、民間企業や大学などの持つ技術やノウハウを活用し、協働して地域社会の課題解決を図るための包括連携協定である「S-SAP(シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー)協定」を締結しました。
調印の際、
粟田貴也代表取締役社長兼CEOは、「『食の感動で、この星を満たせ。』というスローガンのもと、食に関する地域との関わりも積極的に取り組んできましたが、今後は渋谷区とより一層、地域活動の連携を重ね、未来につながる活動をこれからも展開していく所存です。」と意気込みを語り、長谷部区長は「株式会社トリドールホールディングス様とは、今回の協定締結を契機に、引き続き次世代育成や防災などの分野でも連携をいただき、様々な取り組みにつなげていきたいと考えております。」と話しました。
今度、この協定に基づき、次世代育成に関する支援のほか、生涯学習に関する支援など、さまざまな分野における課題解決に協働して取り組んでいきます。

協定分野の概要

  1. 次世代育成に関する支援
  2. 生涯学習に関する支援
  3. 防災・減災に関する支援
  4. 多様性社会(ダイバーシティ)の実現に関する支援
  5. 環境保全に関する支援
  6. その他、相互に連携協力することが必要と認められる支援


詳しくは、シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定書(PDF 184KB)をご覧ください。
PDFファイルを見るには、Adobe社から無償配布されている Adobe Reader などのソフトウェアが必要です。
詳しくは、PDFファイルをご覧になるにはのページを参照してください。
 

協定に基づく取り組み

事業 取り組み内容 実績
放課後クラブ 食育を目的としたうどん教室の開催 令和元年8月(協定前)
放課後クラブ 出張出前授業の実施 令和3年10月~11月(協定前)
こどもテーブル 子ども食堂の支援 令和3年11月(協定前)
防災キャラバン うどんキッチンカーの出展 令和4年6月(協定前)~