渋谷区の保育園で働こう

【問い合わせ】 人事課人事係(電話:03-3463-1379)

先輩保育士にインタビュー

保育園の魅力を知っていただくため、先輩職員にインタビューしました。
職員の経験・体験を通じて、保育士の仕事内容ややりがいをご紹介します。

インタビューの内容

  1. 渋谷区を選んだ理由、渋谷区の魅力や感じたギャップ
  2. 現在の担当年齢及び一日の業務の流れ (注)勤務している保育園はインタビュー当時のものです。
  3. 保育士になって大変だと感じることや、やりがいを感じるとき
  4. これから渋谷区の保育士になろうとしている後輩たちへのメッセージ 

平成26年度入区保育士(新橋保育園勤務)

保育士の写真保育士の働いている様子写真

 

  1. 長く保育士として働きたいと思ったので公立園を目指していました。都会の中でも代々木公園など自然を感じられる場所があるのが素敵だなと思い、渋谷区を選びました。入区してからは、都会ならではの交通量の多さも魅力の一つだと感じました。バスやタクシーなどの自動車はもちろん、電車もたくさん走っているのでお散歩に出掛けると子どもたちは目を輝かせています。
  2. 現在は1歳児クラスの担任をしています。登園してきた子どもを受け入れる際に、体調など子どもの様子を保護者と共有します。朝のおやつを食べてから、天気の良い日には近くの公園にお散歩したり、園庭で遊んだりしています。道路を歩くときや滑り台で遊ぶときなど、普段から子どもの安全に気を配り、怪我や事故の無いよう見守っています。食事やお昼寝など生活の場面では一人一人に合った援助ができるようにクラス担任で話し合いを行っています。お昼寝の間に子ども一人一人の連絡帳や日誌をパソコンで入力したり、行事の準備をしたりもしています。お昼寝後はおやつを食べて順次降園していくので、お迎えにきた保護者に子どもの様子を伝えてコミュニケーションをとっています。
  3. 初めてクラスリーダーになったときの3歳児クラスでのお楽しみ会での劇がとても印象に残っています。練習を行う中でいくつかの変更点が出てきて、子どもたちにはたくさん迷惑をかけてしまいました。それでも必死に頑張ってくれた子どもたちの姿を見ていると、本番中の舞台裏でウルウルしてしまったのはここだけの秘密です。
  4. 保育士は辛いことやしんどいこともありますが、それ以上にやりがいのある楽しい仕事です。いまだにふとした瞬間に「保育士になって良かったな」と思うことがあります。渋谷区は男性保育士も増えていて、男性同士でご飯に行くこともあり、とても働きやすい環境だと思います。ぜひ渋谷区の保育園で一緒に働きましょう。

平成27年度入区保育士(笹塚第二保育園勤務)

保育士の写真保育士の働いている様子写真

  1. 渋谷区は都会としてのイメージが強くある一方で、緑がある公園が多くあり、子育て支援施設の充実さもあります。保育園で働きながら、保護者支援や地域などとの協力も密に行い、子どもの保育をしていけると感じたので渋谷区を志望しました。また、渋谷区では区内で行われる保育士のための講習も多く計画されているので、入区してからも、より一層自信の学びを深めることができます。
  2. 現在は仮園舎で1歳~5歳までの1歳児園ではありますが、夏頃に新園舎へうつると、各クラスの定員も増え、子どもが100人以上通う少し規模の大きい園になります。渋谷の都会の雰囲気から少し離れ、近くに緑も公園も多くある落ち着いた雰囲気の場所にあります。職員も多くいる中で、親身にアドバイスをくれたり、他クラスでも交流を持ち子どもたちのことを気にかけてくれたりする先輩方がいて、園全体で子どもたちとの関わり合いを大切にしながら保育をしている園です。なので、子どもたちもクラスの担任はもちろんですが、他クラスの先生のことも大好きな暖かい雰囲気の園です。
  3. 1番は人生の中で大切な時期の子どもと関わり合い、成長を間近で見て感じられることです。小さなことから大きなことまで、さまざまな「できた!」を一緒に喜べることは保育士にとってのやりがいだと感じています。また、自分が少し落ち込んでいても、子どもたちの笑顔と優しさに触れることで毎日明るく笑顔で過ごせているなと思います。
  4. 社会人として働き始めると大変なことや困難なことがあると思います。保育士という仕事でも悩むこともあるかも知れません。でも、子どもたちの成長を間近で感じられ、色々なことを一緒に経験できることは本当に素敵なことだと思います。楽しく笑顔で「保育士」という仕事を頑張ってください。
     

 

平成30年度入区保育士(氷川保育園勤務)

保育士の写真保育士の働いている様子写真

  1. 私自身が、小さい頃から渋谷区の保育園で育ちました。自分がお世話になった渋谷区で未来を担う子どもたちと関わりたいと思い渋谷区を選びました。また、渋谷区は、都会的な場所の中にも、代々木公園など緑もたくさんあります。実際にお散歩では、近隣の公園に行き虫や植物などの自然に触れたり、山手陸橋からたくさんの電車が行き交う迫力を感じたりすることができ、とても魅力を感じます。
  2. 3歳児クラスの担任をしています。登園時に、子どもたちの健康状態をしっかり視診し、体調面などで何か気になることがあったとき、必ず保護者とコミュニケーションを取るように心掛けています。その日によって活動はさまざまですが、外遊びや、製作活動、夏にはプール遊びなどをします。天気の良い日には、お散歩にも出掛けています。園の畑では、栽培物を育て、葉が大きくなってきたり花が咲いたり、実がなって収穫することを楽しみに日々子どもたちと一緒に育てています。
  3. 保育士は、大切なお子さんを預かり、無事に保護者の元に引き渡す責任の重い仕事です。少しの油断で大きな事故にもつながりかねないので細心の注意を払い、また、どうしたら活動が楽しくなるか子どもたちの姿を見て考えます。私は一緒に喜びを共有し抱きしめたとき「先生大好き!」「楽しいね!」などの言葉や子どもたちの笑顔を見た時に、保育士になって良かったと心から思います。
  4. 上手くいかなくて悩むこともあると思います。そんな壁に当たった時に、丁寧に教えてくれたり、親身になって相談にのってくれたりする先輩や、共に励ましあえる同期に出会うことができました。ぜひ、一緒に渋谷区で働きましょう!