しぶやフォト日記 令和3年(2021年)3月

【問い合わせ】広報コミュニケーション課広報係(電話:03-3463-1287、FAX:03-5458-4920)

令和3年3月30日 Social Kids Action Projectの最終発表が行われました

Social Kids Action Projectの最終発表が行われました

このプロジェクトは、区内在住・在学の小学校4~6年生を対象に、子どもの目線でフィールドワークを通して「原宿の街をどのように変えたいか」を考え、渋谷区や渋谷区内の企業などに提案するものです。3月26日から春休みの3日間を利用して、原宿の商店街でのインタビューなどを実施し、各自でアイデアをまとめ区長へプレゼンテーションを行いました。プレゼンテーションを聞いた長谷部区長は、原宿の現状や課題を把握し、マーケティング分析までしっかりと行われた案に驚きながら、「全部のアイデアが面白く、子どもならではの視点がたくさんはいっていた」と話していました。
3日間という短い期間でしたが、考えに考え抜いて行ったプレゼンテーションを終えた子どもたちからは、「楽しかった」という言葉と笑みがこぼれていました。
 
(注)本事業は、ソーシャルディスタンスの確保や換気など新型コロナウイルス感染症対策を行った上で実施しました。また、写真撮影時のみマスクを外しています。

令和3年3月19日 デンマーク大使が表敬訪問されました

デンマーク大使が表敬訪問されました

令和3年3月19日、ピーター・タクソ-イェンセン駐日デンマーク王国大使が長谷部区長を表敬訪問されました。
意見交換の中で、大使からは「渋谷区は日本でも様々な面において先駆的な取り組みを行っている自治体であると認識しています。デンマークはデジタル化を推進して世界的にも高い評価を受けているので、今後様々な協力や連携ができたらと思っています。」とのご提案をいただきました。これに対して、長谷部区長は「デンマークの先進的な取り組みをうらやましく感じていました。ぜひお願いしたいです。」と前向きに話しをされていました。このほかにも、今夏に開催予定のオリンピック・パラリンピック大会のことなど、終始和やかな雰囲気での歓談となりました。 

令和3年3月19日 新島村と「観光・文化交流協定」を締結しました

新島村と「観光・文化交流協定」を締結しました

渋谷区は、新島青少年センターや渋谷駅のモヤイ像など、約50年の長きにわたり交流を深めてきた新島村と、この交流の絆をより一層深め、双方の観光や文化の振興に寄与することを目的として、令和3年3月19日に「観光・文化交流協定」を締結しました。
締結式には、青沼新島村長をはじめ、新島・式根島の観光協会の人など関係者も多数出席しました。
署名後の挨拶で、青沼村長は「渋谷区は大都会なので、肉体的・精神的にも疲弊している人もいるのではないかと思います。気持ちを癒やすためにも新島の青い海や空、白い砂浜などでリフレッシュしてもらうことも大事ではないかと思います」と話をされ、長谷部区長からは「(区の子どもたちには)ガラスアートを楽しんだり牛乳のおいしさを感じたりして、自然の環境を含めいろいろなことを体験してほしい」との話がありました。
今後は、「観光・文化交流協定」をきっかけとして、さらに交流を推進し、それぞれの特色や強みを活かした取り組みを具体化していきます。

令和3年3月19日 渋谷区建設業協会と「災害時における道路障害物除去等応急対策活動に関する協定」を締結しました

渋谷区建設業協会と「災害時における道路障害物除去等応急対策活動に関する協定」を締結しました

渋谷区は、渋谷区建設業協会と「災害時における道路障害物除去等応急対策活動に関する協定」を締結しました。
この協定は、平成2年度と7年度に渋谷区建設業協会と締結した協定を見直し、再締結したものです。発災時には、渋谷区建設業協会の協力により、道路障害物が除去されることで、緊急車両の通行や避難所への支援物資の輸送など、応急対策活動に要する道路が確保されることが期待されます。
締結式では、渋谷区と渋谷区建設業協会が、防災以外にインフラの根幹をなす道路の整備・補修などさまざまな面で連携して取り組むことを確認しました。今後も協力して安全・安心なまちづくりに寄与していきます。

令和3年3月7日 新成人を祝う会(成人式)が開催されました

新成人を祝う会(成人式)が開催されました

令和3年3月7日、明治神宮会館において「令和3年新成人を祝う会」が開催されました。区内では1,476人(1月11日成人の日時点)が成人し、式典には428人の新成人が参加しました。当初、1月11日(成人の日)に予定されていた「令和3年新成人を祝う会」ですが、新型コロナウイルス感染症の影響により延期となっていました。
式典の規模を縮小し、2回に分けて開催するなどさまざまな感染対策を講じた上で、無事に成人式を迎えることができ、多くの新成人が同級生との再会に喜んでいました。
式典には、サプライズゲストで俳優の稲垣吾郎さんが登場し、会場はどよめきに包まれ、やがて、拍手喝采が起こりました。稲垣さんからは、「良い出会いに恵まれ、豊かな人生を送っていただきたいと思います」と、新成人の皆さんに対しメッセージが送られました。また、新成人の代表が20歳を迎えた決意などを語る「二十歳のメッセージ」や実行委員企画の記念品紹介などが行われました。
今年度のアトラクションライブは、LicaxxxさんによるトークやDJライブをオンラインで行い、渋谷区新成人に向けてエールを送りました。
新成人の皆さんの今後の飛躍が期待されます。
 
(注)式典は、ソーシャルディスタンスの確保や換気など新型コロナウイルス感染症対策を行った上で実施しました。また、写真撮影時のみマスクを外しています。

令和3年3月3日 日本サニパック株式会社との協定に基づく「渋谷区お花畑プロジェクト」ごみ袋の贈呈式を行いました

日本サニパック株式会社との協定に基づく「渋谷区お花畑プロジェクト」ごみ袋の贈呈式を行いました

渋谷区と日本サニパック株式会社は、ごみ袋から排出される CO₂の低減とごみ集積所の景観向上を図るため「渋谷区お花畑プロジェクト」を実施します。
このプロジェクトで、渋谷区と日本サニパック株式会社は協力して、渋谷区推奨ごみ袋「nocoo(ノクー)渋谷」を作成しました。nocooという名前には、NO+ CO₂という意味が込められています。袋の表面にはピンクや水色の花柄がデザインされています。「nocoo渋谷」は見た目の華やかさだけでなく、燃焼時に発生するCO₂を抑える素材を用いた環境に配慮したごみ袋です。「nocoo渋谷」は令和3年3月15日より区内の小売店で販売されます。
発売に先立ち、日本サニパック株式会社より渋谷区へ「nocoo渋谷」を10万枚寄贈していただきました。
贈呈式では、日本サニパック株式会社代表取締役社長井上様より、今回の取り組みや「nocoo渋谷」のCO₂削減効果についてご説明いただきました。また、長谷部区長は「(ごみ集積所をきれいなお花畑にしたいという)自分のふとした言葉から、ここまで取り組みを進めてくださり感謝しています」とお礼の言葉を述べました。