人権作文・人権メッセージの区長奨励賞表彰式を行いました

  • 更新日:
    令和3年12月21日

区政情報/広報・区のメディア/しぶやフォト日記/人権作文・人権メッセージの区長奨励賞表彰式を行いました

(注)撮影時のみマスクを外しています。

令和3年12月21日(火曜日)、東京法務局・東京都人権擁護委員連合会主催「全国中学生人権作文コンテスト東京都大会」および特別区・島しょ人権啓発活動ネットワーク協議会主催「子どもたちの人権メッセージ」に参加し優秀な成績を収めた作品に対して、区長奨励賞を授与しました。

全国中学生人権作文コンテスト東京都大会

区立中学8校・私立中学1校から、合計1,000編以上の応募がありました。

  • 「困りごと-感覚過敏-」東京女学館中学校3年 飯泉里紗さん 
    都大会では最優秀賞(東京法務局長賞)、その後全国大会に進み法務省人権擁護局長賞

  • 「いじめと私」区立鉢山中学校3年 廣中泰祐さん
    都大会 作文委員会賞

  • 「闘わなくてもいい」東京女学館中学校3年 飯沼美音さん
    都大会 作文委員会賞

  • 「性同一性障害について」学校名・氏名 非公表    
    都大会 作文委員会賞

子どもたちの人権メッセージ

神宮前小学校5年生が参加し、西澤伶王さんの「立ち向かう勇気」が渋谷区代表作品として推薦されました。 

受賞された人には、長谷部区長と森下人権擁護委員会幹事長から、表彰状と記念品が贈呈されました。また長谷部区長は祝辞の言葉、五十嵐教育長は受賞作品に対するコメントを述べました。