しぶやフォト日記 令和2年(2020年)10月

【問い合わせ】広報コミュニケーション課広報係(電話:03-3463-1287、FAX:03-5458-4920)

令和2年10月28日 東京都都民安全推進本部長賞受賞者が表敬訪問されました

東京都都民安全推進本部長賞受賞者が表敬訪問されました

本表彰は、地域の防犯活動に尽力された方々を表彰するものです。
今年度、渋谷区からは、原宿防犯協会副会長の山本昭氏が受賞されました。
この度の受賞は、昭和45年に原宿防犯協会へ入会以来、約49年間の長きにわたり、「安全で犯罪のない、住みよい街、きれいな明るい街」の地域社会実現に向け、防犯対策活動・防犯講話・環境美化・浄化活動など、街の安全・安心を確保するために率先して治安の向上に努めた功績が評価されたものです。

令和2年10月22日 公益社団法人日本将棋連盟と相互協力に関する協定を締結しました

公益社団法人日本将棋連盟と相互協力に関する協定を締結しました

公益社団法人日本将棋連盟(会長:佐藤康光)と、「将棋の普及・振興を通じた伝統文化の発展」と「地域の魅力向上」を推進することを目的として、相互協力に関する協定を締結しました。

将棋は、気軽な娯楽としてだけでなく、思考力、集中力や日常の礼節をも身に付けることができる日本の大切な伝統文化です。そして、日本将棋連盟は、言わずと知れた将棋界の総本山であり、千駄ヶ谷に所在する将棋会館は、棋士を目指す人や将棋を愛する人にとって聖地、地域においてもシンボリックな存在といえます。

調印式において、長谷部区長は、「日本将棋連盟には、小学校で将棋を教えていただいたり、地域のお祭りにも参加いただいたり、最近では区のイベントである『おとなりサンデー』に、『将棋めし』という形でも携わっていただきました。今後、この街が国際都市として発展していくうえで、日本の伝統文化を見つめ直していく必要があると考えています。将棋は地域にとって大切な資産であり、本協定をきっかけに「将棋の街 渋谷区」と思ってもらえるよう、協力していきたいと思います。」と述べました。

また、佐藤会長からは、「渋谷区とは、今まで様々な取り組みを行ってきましたが、地域密着でより一層様々なことができたらと思い、協定を締結することといたしました。『盤上に感謝と最高のコミュニケーションを』という弊社団のキャッチコピーのとおり、将棋は人と人をつなぐ素晴らしいコミュニケーションツールです。本協定を機に、区民活動の一助として、将棋を通じてますます寄与できたらと思います。」との挨拶がありました。

連携協力する内容は、将棋を通じた「伝統文化の発展に関すること」「まちづくりに関すること」「観光振興に関すること」「次世代育成に関すること」など。本協定に基づく最初の取り組みとして、令和2年11月3日(火曜日・祝日)から、区役所庁舎14階大集会室において、日本将棋連盟主催、渋谷区共催による「子供将棋スクール渋谷校」を開校する予定です。「将棋の街 渋谷区」へ向けて、今後もさまざまな事業を具体化していきます。

令和2年10月16日 令和2年度東京都功労者表彰受賞者が表敬訪問されました

令和2年度東京都功労者表彰受賞者が表敬訪問されました

本表彰は、都民の生活と文化の向上に特に功労のあった方々を表彰するものです。 
代々木防犯協会の今井貞子氏が「地域活動功労」として表彰され、区役所を表敬訪問されました。 
この度の受賞は、今井氏が昭和52年から現在まで長きにわたり、住民の先頭に立って行なった防犯パトロールや地域の環境美化など、安全で安心なまちづくりに尽力された地域活動について、その功労を表彰されたものです。

令和2年10月13日 令和2年度東京都功労者表彰受賞者が表敬訪問されました

令和2年度東京都功労者表彰受賞者が表敬訪問されました

本表彰は、都民の生活と文化の向上に特に功労のあった方々を表彰するものです。元渋谷区教育委員会委員長の大高満範氏が「地域活動功労」として表彰され、区役所を表敬訪問されました。
この度の受賞は、大高氏が公正円滑なる教育委員会運営に尽力するとともに、学校を中心に地域の人々および保護者と積極的に語り合い、小中一貫校の開設、コミュニティースクールの導入など数多くの成果を挙げ、教育・文化行政の発展に貢献された地域活動について、その功労を表彰されたものです。

令和2年10月7日 「教師の日」にちなんで広尾中でサプライズセレモニーが行われました

「教師の日」にちなんで広尾中でサプライズセレモニーが行われました

「教師の日」は、子どもたちが先生たちへ、日頃の感謝の気持ちを伝える日です。
広尾中学校では、生徒会が中心となって10月7日の終業式の終了後、「教師の日」のセレモニーを行いました。このほか、広尾中学校以外においても、鉢山中学校・代々木中学校・加計塚小学校・広尾小学校・代々木山谷小学校で同様のセレモニーが行われました。
セレモニーはサプライズとして行われ、生徒会長の「今日は教師の日です!」という突然の一言から始まりました。広尾中学校で伝統になりつつあるセレモニーとはいえ、先生方は本日とは知らされておらず、とても驚いていました。セレモニーの中では、花言葉で「感謝」を表す白いかすみ草の花束が、生徒から先生に贈呈され、花束を受け取った先生は、生徒と“肘タッチ”をするなど、新型コロナウイルスに配慮しながらも感動を生徒と分かち合っていました。
また、各教室では、黒板に生徒から先生への寄せ書きのプレゼントもあるなど、生徒と先生の心が通い合う心温まる1日となりました。

令和2年10月6日 公益社団法人渋谷法人会より寄付がありました

公益社団法人渋谷法人会より寄付がありました


公益社団法人渋谷法人会より、渋谷区および社会福祉法人渋谷区社会福祉事業団へ合計30万円が寄付されました。公益社団法人渋谷法人会は、社会貢献活動の一環として、毎年、区内福祉施設利用者を対象としたコンサートなど、福祉活動に取り組まれています。法人会の長島祐司会長から寄付目録の贈呈を受けた長谷部区長(渋谷区社会福祉事業団理事長)は「区の福祉事業のために大切に活用させていただきます。」と感謝の言葉を述べました。