[ページの先頭]

[ここから本文]

【更新日】平成29年7月3日

居宅訪問型保育事業(障害児向け・待機児童向け)

【問い合わせ】保育課入園相談係(電話:03-3463-2492、FAX:03-5458-4907)

児童の居宅において1対1で保育する事業です。

居宅訪問型保育事業(障害児向け) | 居宅訪問型保育事業(待機児童向け)

居宅訪問型保育事業(障害児向け)

対象児童

保育の必要性があり、医療的ケアが必要で、障害、疾病等の程度を勘案して集団保育が著しく困難であると認められる1歳から小学校就学前までの児童(0歳児は要相談)で、運営事業者との面談において預かりが可能と判断された児童
(注)主に中重度の肢体不自由児、知的障害児、重症心身障害児等(経管栄養・経鼻栄養・胃ろう・腸ろうを必要とする児童も可)が対象になります。
(注)気管切開・人工呼吸器など呼吸器系疾患のある児童については現時点では対応ができません。

申込方法

事前に保育課入園相談係にご相談のうえ、利用申込みをしてください。

保育時間

月曜日から金曜日まで(土曜日・日曜日・祝日及び年末年始、夏季休業は休み)
8時から18時までのうち最長8時間
(注)延長保育はありません。

食事等

給食の提供はありません。

利用者負担

保育料(保育園を利用する場合と同額になります。)及び保育スタッフの交通費・創作等の材料費

運営事業者

障害児保育園へレン初台が開設します

「障害児保育園ヘレン初台」が平成29年10月開設します。この施設では、主に保護者の就労等の理由により保育を必要とし、かつ障害や疾病等により集団保育が著しく困難であると判断される子どもを対象に、子ども・子育て支援法の居宅訪問型保育と連携しながら、児童福祉法の児童発達支援による療育を実施します。あわせて、医療的ケアが必要な子どもを含めた重症心身障害児を対象に、医療的ケアを安全に提供するための医療機関等との連携体制を確保した上で、児童発達支援による療育を実施します。

利用手続き

施設への申込み、居宅訪問型保育の申請、児童発達支援の申請の3つのお手続きが必要です。

  1. 施設への申込み
    • 申込先:認定特定非営利活動法人フローレンス
    • 申込方法:入園に関するお問い合わせ(外部のページ)にアクセスし、フォームにご入力下さい
  2. 居宅訪問型保育の申請
    • 事前に保育課入園相談係にご相談の上、利用申込みをしてください。
  3. 児童発達支援の申請
    • 期間:施設利用の内定後
    • 申込先:障害者福祉課相談支援係(申請等については障害福祉サービス・児童通所サービスをご覧ください。)
    • 注意事項:お手続き完了後、通所受給者証を発行します。障害児保育園ヘレン初台の利用には、通所受給者証が必要です。

施設の概要

  1. 名称:障害児保育園ヘレン初台
  2. 所在地:渋谷区代々木4-37-4、19
  3. 開園日:月曜日〜金曜日
  4. 開園時間:8時〜18時30分
  5. 対象者
    • 重症心身障害児、医療的ケアの必要な未就学児
    • 保育が必要な状態にある人
    • 渋谷区、近隣区にお住まいの人
  6. スタッフ体制
    • 常勤職員:6名(施設長、児童発達管理責任者、保育スタッフ、看護師)
  7. その他
    • お子さまの主治医、ヘレンの園長、看護師、嘱託医が安全にお預かりできないと判断した場合は、入園の対象とならない場合があります。
    • 昼食は持参となります。
    • おやつと水分は園が用意しますが、実費分を負担していただきます。

居宅訪問型保育事業(待機児童向け)

対象児童

認可保育園の申込みを行い、待機となった児童(渋谷区民に限ります。)のうち、0〜2歳児クラスに該当する年齢の児童。ただし、NPO法人フローレンスは1〜2歳児クラスに該当する年齢の児童。(区立保育室等に在園している場合も対象となりますが、併用はできません。)

事業開始日

平成29年7月1日
(注)平成29年7月1日利用申込の期限は平成29年5月8日(月曜日)となります。

申込方法

居宅訪問型保育事業は単独でお申込みいただくことができませんので認可保育園と併せてお申込みください。
申込み時に「支給認定申請兼保育所利用申込書(渋谷区書式)」の希望保育室記入欄に区立保育室と併せて記入してください。記入にあたっては、「居宅訪問(ポピンズ)」、「居宅訪問(フローレンス)」と記入してください。また、「渋谷区居宅訪問型保育事業に関する確認書(PDF 111KB)」も提出してください。区立保育室とあわせて利用調整します。

申込期限等

居宅訪問型保育事業の利用内定から利用開始まで1か月程度の期間を要するため、利用調整を認可保育園の利用調整よりも1か月分前倒しで行います。そのため、各月の申込期限は、「居宅訪問型保育事業の利用希望月」の前月分の「認可保育園の入園希望月」の申込期限となります。
例:居宅訪問型保育の利用希望月が9月の場合の申込締切日は、認可保育園の8月入園の申込締切日である7月5日となります。

利用期間

利用開始日から3歳に達した年度の末日まで。ただし、認可保育園への入園ができる場合は、入園月の前月末日で利用終了となります。

定員

10名程度

利用までの流れ

  1. 申込み
  2. 区での利用調整により内定者を決定
  3. 区から事業者へ内定者の連絡
  4. 事業者から内定者への連絡
  5. 事業者と内定者との面談
  6. 利用開始

利用料金

通常保育時間は認可保育園の保育料と同額となり、運営事業者へ直接お支払いいただきます。

(注)延長保育が必要な場合は、別途運営事業者が定める金額が必要になります。
(注)利用料金の他に保育者の往復交通費として、1日1,000円(一律)が必要です。(保育料がA・B階層になる世帯は免除となります。)
(注)公共交通機関が不通の場合はタクシーを利用する場合があり、その際はタクシー代の実費が必要となります。

利用時間(保育時間)

通常保育時間は、支給認定証の保育必要量の区分・運営事業者に応じ、以下のとおりとなります。利用時間は、月曜日から土曜日(日曜日、祝日、年末年始を除く。)の通常保育時間の範囲内で、通常の勤務時間に通勤時間を加えた時間になります。

利用時間(保育時間)
運営事業者 標準時間(保育必要量の区分) 短時間(保育必要量の区分)
株式会社ポピンズ 7時30分〜18時30分 7時30分〜18時30分のうち8時間
NPO法人フローレンス 8時〜18時30分のうち8時間 8時〜18時30分のうち8時間

(注)NPO法人フローレンスを利用する場合は、保育必要量の区分が「標準時間」の場合でも1日8時間までの利用になります。そのため、利用期間中は「短時間」に変更となります。
(注)通常保育時間を超えて保育が必要な場合は延長保育となり、最長で20時30分までの利用になります。ただし、NPO法人フローレンスは延長保育の利用ができません。
(注)保護者のどちらかが帰宅した時点で保育は終了となります。
(注)NPO法人フローレンスを利用する場合、利用可能な日数は、各週の月曜日から土曜日までのうち5日までとなります。日曜、祝日、年末年始は利用できません。

保育内容等

保育内容は運営事業者及び保育者にお任せいただきます。また、保育者は運営事業者が選定します。

食事の提供

昼食(離乳食、冷凍母乳、粉ミルクを含む。)、おやつ等は保護者の人にご準備いただきます。食事をご自宅にある電子レンジで温める程度は可能ですが、調理はできません。

運営事業者

  • 株式会社ポピンズ(問い合わせ先:0120−27−2100)
  • NPO法人フローレンス(問い合わせ先:mirai@florence.or.jp