北朝鮮の核実験に抗議する決議

 北朝鮮は5月25日、2回目の核実験を実施し、数回にわたり短距離ミサイルの発射を行った。こうした行動は、世界各国が核の不拡散への努力を続けている中、わが国のみならず、北東アジア及び国際社会の平和と安全に対する重大な脅威であり、平成18年10月の国連安全保障理事会の決議にも明確に違反する断じて許し難い行為である。
 渋谷区は、地球上から戦争と飢餓・貧困をなくし、世界の恒久平和の実現を目指す世界連邦を宣言し、また渋谷区議会は、核兵器廃絶・軍縮のための宣言を決議し、これまで核実験や核兵器開発の即時中止を求めてきた。しかしながら北朝鮮の度重なる核実験は、全世界の核兵器廃絶と平和を希求する願いを踏みにじるものであり、決して容認できるものではない。
 よって、渋谷区議会は、北朝鮮の核実験に断固抗議するとともに、政府においては関係各国と協力し、安保理決議の完全な履行と、核実験の中止、核兵器の廃絶を強く求める。
 右、決議する。

平成21年6月11日
渋谷区議会