[ページの先頭]

[ここから本文]

【更新日】平成29年12月1日

平成29年度第1回渋谷区認知症フォーラムを開催します

【問い合わせ】高齢者福祉課認知症施策推進主査(電話:03-3463-1890、FAX:03-3463-2873)

日時

12月19日(火曜日)13時〜16時

場所

幡ヶ谷区民会館集会場

内容

認知症について広く知っていただくため、多くの情報を発信します。

PDFファイルを見るには、Adobe社から無償配布されている Adobe Reader などのソフトウェアが必要です。
詳しくは、PDFファイルをご覧になるにはのページを参照してください。

1.講演会

時間

14時〜16時(13時開場)

定員

200人(先着順)

対象

区内在住、在勤、在学の人

青山学院大学学生による研究発表

時間

14時〜14時20分

内容

エンディングノートに関する研究発表

講演会

時間

14時30分〜16時

内容

平穏死の意味〜認知症であっても最後まで自分らしく〜

講師の写真
  • 講師:世田谷区立特別養護老人ホーム芦花ホーム医師 石飛 幸三氏
  • プロフィール
    特別養護老人ホーム・芦花(ろか)ホーム常勤医。1935年広島県生まれ。61年慶應義塾大学医学部卒業。同大学外科学教室に入局後、ドイツのフェルディナント・ザウアーブルッフ記念病院、東京済生会中央病院にて消化器外科医、血管外科医として勤務する一方、慶應義塾大学医学部兼任講師として血管外傷を講義。癌、脳梗塞と闘って、老衰への医療のあり方を考え始め、東京都済生会中央病院副院長を経て、2005年12月より現職に転職して約10年。
    著書に『「平穏死」のすすめ 口から食べられなくなったらどうしますか?』『「平穏死」という選択』『「平穏死」を迎えるレッスン』『「平穏死」という生き方』などがある。

2.認知症なんでも相談会

時間

13時〜14時

内容

認知症相談員(地域支援推進員)が、認知症についての相談をお受けします。
なんでも気軽にご相談ください。質問も受け付けます。

対象

区内在住、在勤、在学の人

3.地域包括支援センター・オレンジカフェ(認知症カフェ)による展示

内容

区内の地域包括支援センターやオレンジカフェを紹介する展示を行います。