[ページの先頭]
 

[ここから本文]

後期高齢者医療制度

【問い合わせ】国民健康保険課高齢者医療係(電話:03-3463-1897)

平成20年4月1日に施行された「高齢者の医療の確保に関する法律」により創設された、高齢者を対象とした 医療制度です。
75歳の誕生日を迎えると、それまで加入していた国民健康保険や被用者保険(社保)を自動的に脱退し、後期高齢者医療制度に加入します。
65歳〜74歳で一定の障害がある人も、申請により加入することができます。

渋谷区の加入者は東京都後期高齢者医療広域連合の被保険者です

後期高齢者医療制度の運営は、都内の全区市町村が加入する東京都後期高齢者医療広域連合 で行なわれます。
渋谷区では被保険者の身近な窓口として以下の業務を行います。

渋谷区が行う事務

  • 被保険者証の引き渡し
  • 各種申請の受付(住所変更・療養費支給申請など)
  • 保険料の収納
  • 各種相談

東京都後期高齢者医療広域連合が行う事務

  • 被保険者証の交付
  • 療養費の給付
  • 保険料の決定

渋谷区窓口での取り扱い

渋谷区で取り扱う後期高齢者医療制度の内容は、次のとおりです。

(注)後期高齢者医療制度の概要については、 東京いきいきネット (東京都後期高齢者医療広域連合のホームページ)でも情報提供を行なっていますので、ご覧ください。

外国語版 後期高齢者医療制度のしくみ

東京いきいきネット(東京都後期高齢者医療広域連合のホームページ)の外国語版をご覧ください。

 

トップページへページの先頭へ