[ページの先頭]

[ここから本文]

虐待防止

【問い合わせ】障害者福祉課相談支援係(電話:03-3463-1936、FAX:03-5458-4935)

障害者を虐待から守りましょう

「障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律」(障害者虐待防止法)に基づき、 区では、障害のある人やみなさんからの届出や通報を受けて、障害者の一時保護や養護者に対する負担軽減のための支援などを行います。

このような行為が虐待にあたります

虐待の種類と具体例
区分 具体例
身体的虐待
  • 暴力や体罰によって身体に傷やあざ、痛みを与えること
  • 身体を縛りつけたり、過剰に投薬したりすることによって身体の動きを抑制すること
性的虐待
  • 性的な行為を強要すること
  • わいせつな言葉を発すること
心理的虐待
  • 脅し、侮辱などの言葉を浴びせること
  • 仲間はずれや無視、嫌がらせなどによって精神的に苦痛を与えること
ネグレクト
(放棄・放置)
  • 食事や排泄、入浴、洗濯など身辺の世話や介助をしないこと
  • 必要な福祉サービスや医療や教育を受けさせないこと
経済的虐待
  • 本人の同意なしに(あるいはだますなどして)財産や年金、賃金を使ったり勝手に処分すること
  • 本人が希望する金銭の使用を理由なく制限すること

虐待を発見したら通報を

区では、障害者虐待を発見した人からの通報や、虐待を受けている障害者本人からの届出を受けています。また、障害者本人や養護者、周囲の人からの障害者虐待に関する相談にも応じています。
みなさんからの通報が、障害者を虐待から守ることにつながります。家庭や職場、障害者福祉施設など身近な場所で障害者に対する虐待に気づいたときは、すぐに知らせてください。
(注)通報、届出および相談をした人の秘密は守られます。

通報・届出先

区役所仮庁舎第一庁舎西棟1階障害者福祉課

電話:03-3463-2388(障害者虐待防止専用ダイヤル)
FAX:03-5458-4935
開設時間:月〜金曜日(祝・休日、年末年始を除く) 8時30分〜17時15分