[ページの先頭]

[ここから本文]

特定建築物について

【問い合わせ】生活衛生課環境衛生係(電話:03-3463-2287)

特定建築物

特定建築物とは、「建築物における衛生的環境の確保に関する法律」に定義されている 「相当程度の規模を有する建築物で、不特定多数の人間が使用し、または利用し、かつ、 その維持管理について環境衛生上特に配慮が必要なもの」です。

用途および規模

  • 興行場・百貨店・集会場・図書館・博物館・美術館・遊技場・店舗・事務所・専門学校 (学校教育法第1条に規定する学校以外)・旅館の場合は、延床面積が3,000平方メートル以上
  • 学校教育法第1条に規定する学校(小学校・中学校・高等学校・中等教育学校・大学・高等専門学校等) の場合は、延床面積が8,000平方メートル以上

建築物環境衛生管理基準表(PDF 63KB)

PDFファイルを見るには、Adobe社から無償配布されている Adobe Reader などのソフトウェアが必要です。
詳しくは、PDFファイルをご覧になるにはのページを参照してください。

特定建築物の届出

法第5条、省令第1条に基づき、建物を使用し始めてから1か月以内に省令に定める事項を記載し、届出なければなりません。

必要書類

  • 特定建築物届
  • 特定建築物概要(台帳)
  • 建築物衛生管理技術者の免状コピー(照合のため本状も持参のこと)

(注)様式は区役所仮庁舎第三庁舎1階生活衛生課窓口で配布しています。

届出事項の変更(廃止)

届出事項に変更が生じた場合や、特定建築物に該当しなくなった場合には変更(廃止)後1か月以内に変更(廃止)届を 提出してください。

(注)建築物衛生管理技術者の変更の際には添付書類として免状コピー(照合のため窓口に本状も持参のこと)が必要です。

必要書類

届出先

区役所仮庁舎第三庁舎1階生活衛生課環境衛生係