[ページの先頭]

[ここから本文]

進学に関すること

高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)

高校を卒業していないが、大学へ入学したいという人のために国が行う検定制度です。
年2回(8月と11月)、実施しています。

文部科学省生涯学習推進課
電話:03-5253-4111(代)

制度について詳しくは、高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)(文部科学省ホームページ)をご覧ください。

都立高等学校

都立高等学校には、全日制の高等学校のほかに子供たち一人一人の能力や適性、興味・関心、ライフスタイルなどに合わせて、様々なタイプの高等学校があります。

詳しくは、東京都教育委員会ホームページをご覧ください。

総合学科高校

自分の個性や進路希望に合わせて、教科の専門性や系統性によってまとめられた「系列」ごとに設置されたたくさんの選択科目の中から、自分だけの時間割を作って学んでいきます。

将来の進路や選択科目を自分で決められるように、キャリアカウンセラーが相談に応じ、適切なアドバイスをします。

単位制高校

決められた科目を学ぶだけでなく、多くの科目の中から、自分の興味・関心や進路希望に応じた科目を選んで学べる学校です。

幅広い選択科目を設置しているので、学年の枠にとらわれずに、進路等に応じた多様な学習ができます。

チャレンジスクール

これまで能力や適性を十分に生かしきれなかった生徒が、自分の目標を見つけ、それに向かってチャレンジする学校です。

自分のライフスタイルや学習ペースに合わせて時間帯(午前・午後・夜間の三部)を選んで入学します。4年間かけて学ぶことを基本としますが、他部の科目の履修により、3年間での卒業も可能です。

エンカレッジスクール

エンカレッジ(encourage)とは、「励ます」「力づける」を意味します。小・中学校で十分能力を発揮できなかった生徒のやる気を育て、頑張りを励まし、応援する学校です

生徒一人一人にきめ細かな指導を行うために、2人担任制を導入しています

1年次には30分授業を実施し、午前は座学、午後は体験学習及び選択授業が中心になるように、時間割編成を工夫し、生徒の集中力を維持し、向上させます

新たなタイプの昼夜間定時制高校

自分のライフスタイルや学習ペースに合わせて、午前・午後・夜間の3つの部の中から選んで入学する定時制単位制の普通科高校です。

ホームルーム指導を重視するなど、学年制の良さを残しており、また、職業に関する専門科目を設置するなど、総合学科の特徴も取り入れています。

修業年限は4年を基本としていますが、他部の科目の履修や学校外での学習活動等により、3年で卒業することも可能です。

通信制高校

仕事の都合などで毎日通学できない人のため、通信によって高校の教育が受けられます。

  • 都立一橋高校 電話:03-3862-6061
  • 都立新宿山吹高校 電話:03-5261-9771
  • 都立砂川高校 電話:042-537-4611
  • 科学技術学園高校 電話:03-5494-7711
  • 北豊島高校 電話:03-3895-3051
  • 国士舘高校 電話:03-5481-5827
  • 中央学院大学中央高校 電話:03-5836-7030
  • 東海大学付属望星高校 電話:03-3467-8111
  • 日本放送協会学園高校 電話:042-572-3151
  • 日出高校 電話:03-3492-6674
  • 立志舎高校 電話:03-5608-1033
  • 聖パウロ学園高校 電話:042-651-3893
  • 創造学園高校東京校 電話:03-3260-9021