[ページの先頭]

[ここから本文]

【更新日】平成29年6月23日

7月2日(日曜日)は東京都議会議員選挙の投票日です
〜投票時間は午前7時から午後8時まで〜

【問い合わせ】選挙管理委員会事務局(電話:03-3463-3115、FAX:03-5458-4945)

東京都議会議員選挙のポスター 7月2日(日曜日)は東京都議会議員選挙の投票日です。投票日当日に仕事やレジャー等で投票に行けない人は期日前投票をご利用ください。
期日前投票は6月24日(土曜日)から区役所仮庁舎で受け付けます。また、地域交流センター上原、幡ヶ谷社会教育館、千駄ヶ谷社会教育館、リフレッシュ氷川では、6月25日(日曜日)から受け付けます。


投票できる人 |  住所を移した人 |  投票所入場整理券 |  候補者を知るには |  投票所と投票区域 |  車イスなどを利用する人へ |  期日前投票 |  不在者投票 |  投票所に入ることのできる人の年齢について | 

投票できる人

平成11年7月3日までに生まれた人で日本国籍を有し、かつ、以下の1.又は2.に該当する人

  1. 平成29年3月22日までに転入の届出をし、引き続き平成29年6月22日(選挙人名簿の登録基準日)まで住民登録がある人
  2. 平成29年6月21日までに渋谷区から転出した人で、住民登録期間が転出前に引き続き3カ月以上あった人(転出後4カ月を経過した人を除く)

住所を移した人

渋谷区に転入した人

平成29年3月23日以降に転入の届出をした人は、渋谷区では投票できません。
前住所地の選挙人名簿に登録されている人は、前住所地で投票できる場合があります。(東京都内の区市町村に限る)詳しくは前住所地の選挙管理委員会事務局へ問い合わせてください。

渋谷区から転出した人

都内の区市町村へ転出した人は

都内の区市町村へ転出(予定)し、転出先の選挙人名簿に登録されていない人は、渋谷区の選挙人名簿から抹消(転出日から4カ月後)されるまで渋谷区で投票できます。この場合、いずれかの区市町村長の発行する「引き続き都内に住所を有することの証明書(住民票の写しなど※選挙用の発行は無料)」があると確認に伴う時間が省略できるため、スムーズに投票することができます。

都外へ転出した人は

投票を行う日までに都外へ転出(予定も含む)した人は投票ができません。

渋谷区内で転居した人

渋谷区の選挙人名簿に登録されていて、平成29年6月6日以降に転居の届出をした人は、転居前の投票所で投票してください。

投票所入場整理券

世帯ごとに封書で郵送します。投票する本人が「投票所入場整理券」を投票所へ持参してください。
投票所は、記載されている地図を確認してください。
投票所入場整理券が届かない、または紛失した場合は、投票日当日に投票所で再発行します。

期日前投票所にて記入をお願いしていました期日前投票請求書は、今回より投票所入場整理券の裏面に記入できるようになりました。事前にご本人が記入した上で、期日前投票所へご持参ください。(投票日当日7月2日に投票する人は記入する必要はありません)

候補者を知るには

立候補一覧

公営ポスター掲示場

区内245箇所に掲示場を設置します。

選挙公報の配布

6月26日(予定)から順次各世帯に直接配付する予定です。なお、区役所仮庁舎などでも配布します。

配布場所

区役所仮庁舎第一・第二・第三庁舎1階受付、第一庁舎東棟1階住民戸籍課窓口・第二庁舎1階選挙管理委員会事務局・第三庁舎1階期日前投票所、
出張所・区民サービスセンター地域交流センター図書館社会教育館
区内郵便局

投票所と投票区域

(注)投票所には駐車場がありませんので、車での来場はできません。

車イスなどを利用する人へ

投票所では車イスのほか、点字器、老眼鏡、ルーペ、文鎮などを用意しています。また、ご自身で投票用紙に記入できない人は、代理投票をすることもできます。
必要な場合は投票所で申し出てください。

コミュニケーションボードの設置

すべての投票所にコミュニケーションボードを用意しています。聴覚障害や発声が困難な人はイラストを指さすことでコミュニケーションをとることができます。こちらもご利用ください。

期日前投票

投票日に仕事や旅行、レジャーなどの用事で投票所に行けない場合は、期日前投票をすることができます。
期日前投票の開始日が、施設によって異なりますので、ご注意ください。

投票の方法

投票所入場整理券の裏面の「期日前投票請求書」に必要事項を記入し、投票用紙の交付を受けて投票してください。(紛失・未着等により投票所入場整理券が手元にない場合は期日前投票所に備え付けの「期日前投票請求書」をご利用ください。)

期日前投票所・期間

投票時間は、いずれも午前8時30分〜午後8時です。

期日前投票所・期間
場所 開設期間
区役所仮庁舎第三庁舎 1階3-3会議室 東京都議会議員選挙:6月24日(土曜日)〜7月1日(土曜日)
地域交流センター上原 4階区民交流室A 東京都議会議員選挙:6月25日(日曜日)〜7月1日(土曜日)
幡ヶ谷社会教育館 1階ロビー
千駄ヶ谷社会教育館 1階ロビー
リフレッシュ氷川 3階親子工作室

不在者投票

出張などで渋谷区外に滞在している人の投票

渋谷区の選挙人名簿に登録されていて、長期出張や帰省などのために渋谷区内で投票できない人は、滞在地の選挙管理委員会などで投票できます。
事前に、渋谷区の選挙管理委員会に不在者投票請求書を必ず郵送で提出してください。

PDFファイルを見るには、Adobe社から無償配布されている Adobe Reader などのソフトウェアが必要です。 詳しくは、PDFファイルをご覧になるにはのページを参照してください。

(注)平成28年12月の制度改正により、不在者投票用紙等の請求について、マイナンバーカードの公的個人認証サービスを利用したオンラインによる請求も可能となりました。

(注)公的個人認証サービスのご利用には、事前に電子証明書を格納したマイナンバーカードと電子情報を読み取るためのICカードリーダライタ等が必要となります。

入院・入所している人の投票

入院・入所している病院・施設で不在者投票ができる場合があります。詳しくは、選挙管理委員会事務局へ問い合わせてください。

郵便等による不在者投票

身体に重度の障害などがある人が自宅等で投票できる制度です。この制度を利用するには、あらかじめ本人による手続きが必要です。既に郵便等投票証明書の交付を受けている人には東京都議会議員選挙のご案内を送付します。この方法で投票を希望される人は、定められた期日までに請求書を提出してください。

郵便等による不在者投票の対象
  障害の種類 障害の程度
身体障害者手帳 両下肢、体幹、移動機能 1・2級
心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸 1・3級
免疫、肝臓 1〜3級
戦傷病者手帳 両下肢、体幹 特別項症〜第2項症
心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、肝臓 特別項症〜第3項症
  要介護状態区分
介護保険被保険者証
要介護5

郵便等による不在者投票の対象者は代理投票できる場合があります

事前に選挙管理委員会に届け出た代理記載人(選挙権を有する人のみ)に、投票に関する記載をさせることができます。

対象

郵便等による不在者投票の対象者で、次のいずれかに該当する人

  • 身体障害者手帳に、上肢または視覚の障害の程度が1級と記載されている
  • 戦傷病者手帳に、上肢または視覚の障害の程度が特別項症〜第2項症と記載されている

(注)詳しくは問い合わせてください。

投票所に入ることのできる人の年齢について

投票所に入ることのできる子どもの範囲の拡大

選挙権年齢が満18歳以上に引下げられた平成28年7月10日の参議院議員選挙から、将来の有権者への啓発につながるものとして、投票所の秩序が保持されることを前提に、選挙人に同伴する満18歳未満の子どもも投票所に入ることができるようになりました。ぜひご家族で投票所へお越しください。
なお、18歳未満の子どもによる投票はできませんので、ご協力をお願いいたします。