[ページの先頭]

[ここから本文]

【更新日】平成29年3月16日

しぶやフォト日記 平成29年(2017年)1月

【問い合わせ】広報コミュニケーション課広報広聴係(電話:03-3463-1287)

平成29年1月30日 東京2020オリンピック・パラリンピック フラッグツアーを開催中です

会場の様子

リオデジャネイロ市長から受け継がれたオリンピックフラッグ・パラリンピックフラッグが渋谷区にやってきました。フラッグの到着を歓迎して美竹の丘・しぶやでフラッグツアーセレモニーが行われ、アンバサダーであるボッチャ日本代表の廣瀬隆喜さんが長谷部区長と木村区議会議長にそれぞれフラッグを受け渡しました。そのあと、ボッチャのデモンストレーションが行われ、廣瀬さんの指導のもと長谷部区長らが体験し、会場は大いに盛り上がっていました。最後に廣瀬さんは区民に向けてのメッセージとして「皆さんの声援が選手にとっては大きな力となります。ぜひ盛り上げていきましょう」と話していました。
今回受け渡されたフラッグは都内区市町村を回っており、渋谷区では2月3日13:00まで展示します。
【日時】1月30日(月曜日)〜2月3日(金曜日)9時〜17時(2月3日は13時まで)
【会場】区役所仮庁舎第一庁舎3階1-1会議室

平成29年1月24日 幡ヶ谷第三保育園でお茶会がありました

会場の様子

幡ヶ谷第三保育園では毎年お茶会(初釜)が行われています。これは地域の民生委員の皆さんの協力によるもので、保育室に茶席を設けお茶をたてていただきました。
はじめての経験に緊張した面持ちの園児たちでしたが、姿勢よく正座をして、お菓子とお茶を味わったあとは「けっこうなおてまえでした」と、先生から教わったお作法どおり楽しむことができました。また、年長クラスの園児たちはお茶をお客様のもとに運ぶお手伝いもして「おもてなし」も体験しました。日本の伝統文化を通じて礼儀作法を学ぶ機会になりました。

平成29年1月23日 「Yahoo!防災速報」を通じた「自治体からの緊急情報」の提供開始に伴う記者発表がありました

会場の様子

渋谷区は、ヤフー株式会社と災害における情報発信を強化するため「災害時に係る情報発信等に関する協定を締結しました。本協定に基づき、災害時においては、渋谷区の緊急災害情報、避難情報、避難所の開設情報などを「Yahoo!防災速報」を通じて提供します。
この日行われた記者発表では、長谷部健渋谷区長とヤフー株式会社の川邊副社長執行役員兼最高執行責任者が出席。川邊副社長からは「ヤフージャパンという名前のとおり、日本固有の課題である自然災害(地震等)に情報技術で協力していきたい」との話があり、長谷部区長からは「災害時には、情報の収集と継続した発信が重要で、いかに行政が情報を制するかが大事です。先端を行く企業から学んでいきたい」と話がありました。

平成29年1月15日 しぶやニュー駅伝2017が開催されました

会場の様子

今年で67回目を迎えた伝統ある区民駅伝大会が、代々木公園サイクリングコースで開催されました。一般の部、一般女子の部、40歳以上の部、55歳以上の部、中学男子の部、中学女子の部、地区体育会対抗の部のほか招待選手を迎え、合計で過去最多となる390チーム1,918人が参加し、日々の練習の成果を存分に発揮しました。ランナーたちは沿道からの大きな声援に後押しされながらコースを駆け抜け、タスキをつなぎました。
寒さの厳しい中、大会運営を支えてくださった関係者やボランティアスタッフのみなさん、ご協力ありがとうございました。

平成29年1月13日 「コズミックフロント プラネタリウム版 ダークマターを探せ!」完成披露試写会&座談会「最先端研究を追う!ダークマターの正体とは?」を開催しました

会場の様子

コスモプラネタリウム渋谷で、新番組「コズミックフロント プラネタリウム版 ダークマターを探せ!」の完成を記念した試写会と有識者による座談会を開催しました。
テーマである「ダークマター」は、存在することは分かっているけれど姿形が分からな物質で、現在さまざまな研究がされています。番組の監修をした多摩六都科学館館長高柳雄一先生司会のもと、東京大学カブリIPMU機構長村山斉先生と、番組にも出演した東京大学大学院理学系研究科物理学専攻教授の吉田直紀先生より、最先端科学の見地からダークマターを探るシミュレーションや、この世界におけるダークマターの重要性などの話がありました。参加者は、宇宙の不思議に驚きと感動のため息をもらしながら、話に聞き入っていました。
新番組は1月14日から絶賛投影中です。ぜひご覧ください。
【番組案内】「コズミックフロントプラネタリウム版ダークマターを探せ!」(文化総合センター大和田のページ)

平成29年1月9日 新成人を祝う会が明治神宮会館で行われました

会場の様子

区内では1,482人(平成29年 1月9日現在)が成人し、655人の新成人が参加しました。
会場には、色とりどりの晴れ着に身を包んだ新成人たちが集まり、同級生との再会や記念撮影を楽しむ様子があちこちで見られました。
第1部の記念式典では、箱根駅伝で3連覇を達成した青山学院大学陸上競技部の原晋監督から「自分の夢を忘れることなく、精いっぱいチャレンジしてほしい」と新成人の皆さんに向けメッセージが送られました。また、「二十歳のメッセージ」では、新成人を代表して2名が、20歳を迎えた想いや決意などを語ってくれました。
第2部のアトラクションでは平井 大さんによるライブが行われ、4曲を熱唱しました。
新成人の皆さんのこれからの活躍が期待されます。

平成29年1月7日 青山学院大学駅伝優勝報告会とパレードが行われました

会場の様子

1月2・3日に行われた箱根駅伝で、渋谷区内にある青山学院大学の陸上競技部(長距離ブロック)が総合優勝を飾り、見事三連覇を達成しました。これを受け、報告会とパレードが行われました。
青山学院大学青山キャンパス内で行われた報告会には、大学の学生や関係者、地域の方々などが大勢駆けつけました。選手一人ひとりから、応援してくれた方々への感謝の気持ちが伝えられると、会場からも健闘した選手たちへの感謝の拍手が送られました。
箱根駅伝三連覇と大学駅伝三冠の「3」と箱根駅伝出場回数が今回9回目となる「9」に、支えてくれた方々へのありがとうの気持ちも込めて、原監督が「サンキュー大作戦」と名付けた今回の箱根駅伝。報告会も最後は、原監督の「サンキュー!」の大きな声で、締めくくられました。
報告会のあとには、ハチ公前広場でセレモニー、渋谷センター商店街バスケットボールストリートでパレードが行われ、沿道に集まった多くの人たちとともに青山学院大学の優勝を盛大に祝いました。

平成29年1月7日 こども科学センター・ハチラボで企画展「声の音楽室 はく・すう・かなでる」を開催中です

会場の様子

こども科学センター・ハチラボでは、科学や数学へ興味を持つきっかけづくりとして、NPO法人・企業などと連携した体験型の展示を行なっています。
今回の展示は「声の音楽室」。発声の仕組みなどを体験しながら学ぶことができます。自分の声で映像を作ることができる装置では、声の大きさを調整しながら楽しそうに何度もチャレンジしている子どもたちがたくさんいました。
数か月ごとにテーマが変わる企画展のほか、毎月異なるテーマで開催するワークショップなど、小中学生が気軽に科学・技術・数学などに親しめるイベントが盛りだくさんです。詳しくはホームページをご覧ください。
【日時】1月29日(日曜日)まで10時〜17時(月曜日休館)
【会場】こども科学センター・ハチラボ(渋谷区文化総合センター大和田3階)

平成29年1月6日 渋谷保育園で新年子ども会が行われました

会場の様子

新年子ども会が渋谷保育園で行われました。「あけましておめでとうございます」、元気いっぱい新年のあいさつから始まると、お正月のうたを歌ったり、先生による十二支のお話し、書き初めや羽子板の実演を行い、お正月の雰囲気を園児たちに教えていました。
続けて獅子舞も登場。獅子に頭をかまれると、その年は無病息災で元気で過ごせるということで、園児たちは勇気を振り絞って獅子に頭を差し出していました。
この後、園児たちはコマ回しや福笑いなどの伝承遊びを楽しみ、終始満足した様子でした。