[ページの先頭]

[ここから本文]

【更新日】平成29年1月17日

納税義務者が死亡したとき

納税義務者が死亡したときの届出

【問い合わせ】税務課課税第一係(電話:03-3463-1738・1719)
税務課課税第二係(電話:03-3463-1726・1743)

特別区民税・都民税は1月1日(賦課期日)現在、渋谷区に住所があり、前年中の所得額が一定額以上ある人は住民税が課税され、納税通知書を6月に送付しています。 年の途中で納税義務者が亡くなった場合には、相続する人に納税義務が承継されます。そこで、賦課期日(1月1日)の翌日(1月2日)から納税通知書送付までの間に納税義務者が死亡した場合には、納税通知書は相続人に送付されることになります。 渋谷区では、相続人のうちの一人を代表者として納税通知書などを送付していますので、相続人代表者指定(変更)届を提出してください。

届出場所

区役所仮庁舎第一庁舎西棟2階税務課

PDFファイルを見るには、Adobe社から無償配布されている Adobe Reader などのソフトウェアが必要です。 詳しくは、PDFファイルをご覧になるにはのページを参照してください。

相続人代表者の指定

【問い合わせ】税務課課税第一係(電話:03-3463-1738・1719)
税務課課税第二係(電話:03-3463-1726・1743)

納税義務者が死亡した後、相当の期間内に相続人代表者指定(変更)届が提出されない場合、区が相続人代表者を指定することがあります。

相続放棄をした場合の手続き

【問い合わせ】税務課課税第一係(電話:03-3463-1738・1719)
税務課課税第二係(電話:03-3463-1726・1743)

納税義務者が死亡した後、相続人全員が相続放棄をし、相続人がいない場合には、その納税義務は承継されません。家庭裁判所が発行する「相続放棄申述受理通知書」の写しなどを税務課へ提出してください。 相続放棄の手続きについては管轄の家庭裁判所へ問い合わせてください。

口座登録していた人が死亡した場合

【問い合わせ】税務課税務管理係(電話:03-3463-1703・1706)

納税義務者が生前、特別区民税・都民税の納付を口座振替にしていた場合、死亡後に口座の凍結などにより、引き落としができなくなることがあります。 引き落としができなかった場合は、納付書を送付しますのでお支払いください。また、相続人代表者の口座から引き落とすこともできますので、その場合は口座振替の手続きをしてください。

特別区民税・都民税が給与から差し引かれていた人が死亡した場合

【問い合わせ】税務課課税第一係(電話:03-3463-1738・1719)
税務課課税第二係(電話:03-3463-1726・1743)

特別区民税・都民税が給与から月々天引きされていた(特別徴収)人が死亡したことにより、天引きができなくなった税額については、個人で納付する方法(普通徴収)に切り替わり、相続人に納めていただくことになります。 給与担当の人は、給与所得者異動届出書を提出してください。
詳しくは、特別徴収に係る異動届出書などのページをご覧ください。

特別区民税・都民税が年金から差し引かれていた人が死亡した場合

【問い合わせ】税務課課税第一係(電話:03-3463-1738・1719)
税務課課税第二係(電話:03-3463-1726・1743)

特別区民税・都民税が年金から差し引かれていた(特別徴収)人が死亡した場合、天引きすることができなくなります。 年金からの天引きができない税額は個人で納付する方法(普通徴収)に切り替わり、相続人に納めていただくことになります。

退職所得に係る住民税納付

【問い合わせ】税務課税務管理係(電話:03-3463-3654)

退職所得に係る住民税は、所得税と同様に他の所得と区分され、原則として、特別徴収義務者(支払いをする人)が退職手当等を支払う際に住民税(特別区民税・都民税)額を計算し、あらかじめ住民税(特別区民税・都民税)を退職手当等から天引きして、区市町村に納めることになっています。(特別徴収)
給与担当の人は、退職所得に係る住民税(特別区民税・都民税)の計算方法などのページをご確認ください。