[ページの先頭]

[ここから本文]

【更新日】平成29年3月16日

臨時福祉給付金(経済対策分)

【問い合わせ】渋谷区臨時給付金コールセンター(電話:0120-926-690)
運営時間:月曜日〜土曜日(祝・休日を除く)8時30分〜17時

臨時福祉給付金(経済対策分)とは

平成26年4月の消費税率の引上げによる影響を緩和するため、低所得者に対して、暫定的・臨時的な措置として支給するものです。

各制度の概要については、以下の厚生労働省のホームページをご覧ください

厚生労働省の相談窓口(専用ダイヤル)

電話番号 0570-037-192
運営時間 9時〜18時

支給対象者

臨時福祉給付金(経済対策分)の支給対象者とは…

  • 平成28年度の特別区民税・都民税(均等割)が課税されていない人
  • 基準日(平成28年1月1日)に渋谷区に住民登録がある人

(注)平成28年度の特別区民税・都民税(均等割)が課税されている人に扶養されている人、生活保護制度の被保護者となっている人などは対象外となります。
(住民税未申告者は申告すれば対象になる可能性があります。)

支給額

1人につき15,000円(支給は1回です。)

申請手続の流れ

  1. 区から対象者に、申請書などを郵送します。(3月15日以降順次発送)
  2. 必要事項を記入した申請書などを、同封の返信用封筒で郵送してください。
  3. 区が申請書などの内容を確認したのち、決定通知書(はがき)を送付します。
    (注)決定通知書には、受給者名、支給合計金額、振込予定日などが記載されています。
  4. 給付金は、指定された口座へ振込みます。
    (注)申請書受付けから約1〜2か月後。4月中旬以降順次振込みます。(書類等に不備があると支給が遅くなります。)

申請期限

平成29年8月19日(金曜日)(消印有効)

渋谷区臨時給付金コールセンター

電話番号 0120-926-690
運営時間:月曜日〜土曜日(祝・休日を除く)8時30分〜17時

渋谷区臨時給付金専用受付窓口(平成29年3月15日より受付)

区役所仮庁舎第一庁舎西棟2階7番窓口
運営時間:月曜日〜金曜日(祝・休日を除く)8時30分〜17時

注意

  • 申請期間外の申請や平成28年1月1日時点で渋谷区に住民票がない人の申請は、原則として受け付けられません。平成28年1月1日に住民票のあった市区町村にお問い合わせください。(DV被害者や児童福祉施設等に入所している児童等で、他の市区町村から住民票を移さずに渋谷区にお住まいの人については、渋谷区で申請できる場合がありますのでご相談ください。)
  • 審査の結果支給を決定しますので、申請書が届いても必ずしも支給されるとは限りません。
  • 支給決定までに死亡された人には支給されません。
  • 支給後に支給対象者でないことが判明した場合は、給付金を返還していただきます。

「臨時福祉給付金(経済対策分)」の"振り込め詐欺"や"個人情報の詐取"にご注意ください

「臨時福祉給付金(経済対策分)」に関して、

  • ATMを自分で操作して、他人からお金を振り込んでもらうことは絶対にできません。
  • 渋谷区や厚生労働省などが、「臨時福祉給付金(経済対策分)」を支給するために、メールで手続きをお願いすることや、手数料などの振込を求めることは絶対にありません。
  • 厚生労働省が住民の皆様の世帯構成や銀行口座の番号などの個人情報を照会することは、絶対にありません。
    ご自宅や職場などに渋谷区や厚生労働省(の職員)などをかたった電話がかかってきたり、郵便が届いたら、迷わず、渋谷区や最寄りの警察署(または警察相談専用電話(#9110))に御連絡ください。