[ページの先頭]

[ここから本文]

【更新日】平成29年3月10日

高額医療・介護合算療養費

【問い合わせ】国民健康保険課給付係(電話:03-3463-1776)

国民健康保険の世帯で、医療保険と介護保険の両保険から給付を受けて、医療と介護を合計した自己負担額が、自己負担限度額(下表)を超えた場合、申請により超えた分の金額が両保険から支給されます。(医療保険と介護保険のいずれか一方の自己負担額が0円の場合は対象外です。)

高額医療・介護合算療養費の自己負担限度額
所得区分 70歳以上75歳未満の人がいる世帯
現役並み所得者 670,000円
一般 560,000円
低所得者 U 310,000円
T 190,000円
所得区分 70歳未満の人がいる世帯
2,120,000円【1,760,000円】
1,410,000円【1,350,000円】
670,000円
600,000円【630,000円】
340,000円
  • 計算期間は毎年8月1日から翌年7月31日(基準日)までです。
  • 上記の表は、平成27年8月診療分以降(【 】内は、平成26年8月から平成27年7月)の自己負担限度額です。
  • 申請から約2〜3月後に世帯主の口座に振込みます。
  • 8月1日(基準日の翌日)から2年以内に申請をしてください。
  • 自己負担限度額は、世帯単位での合算額です。
  • 所得区分は以下のページを参照してください。
  • 70歳未満の人の所得区分と自己負担限度額
  • 70歳以上75歳未満の人の所得区分と自己負担限度額