[ページの先頭]

[ここから本文]

住民票の写しなどの請求

【問い合わせ】住民戸籍課住民登録係(電話:03-3463-1696)

請求の際には、本人の確認をさせていただいています。また、請求などを本人以外が行う場合は、本人(請求者)の確認と、請求理由を明らかにするとともに、理由を確認できる書類の提示が必要となります。
詳しくは、窓口での本人確認のページ をご覧ください。

法改正により、平成24年7月9日より外国人も住民票に記載されることになりました。
これに伴い、外国人の住民票の写しなども発行できるようになりました。

請求・受取窓口

区役所仮庁舎第一庁舎東棟1階住民戸籍課窓口 出張所

  • 月〜金曜日 8時30分〜17時

(注)祝休日・年末年始を除く

区民サービスセンター

  • 月〜金曜日 11時〜19時
  • 土曜日 9時〜17時

(注)いずれも祝休日・年末年始を除く

下記の方法でも請求・受取が可能です

電話予約

本人請求の住民票の写しについては、窓口が開いている時間に来所できない人も、電話での申込で休日や平日の時間外に受け取ることができます。詳しくは、 電話予約による住民票の写しの交付 のページをご覧ください。

郵送請求

郵送での請求と受け取りも可能です。詳しくは、 住民票関係の郵送請求 のページをご覧ください。

コンビニエンスストア証明書自動交付サービス

住民基本台帳カード、およびコンビニエンスストア証明書自動交付サービス利用登録をすることにより、証明書自動交付機で住民票の写しの交付を 受けることができます。手数料は1通250円です。詳しくは、コンビニエンスストア証明書自動交付サービスのページをご覧ください。

請求に必要なもの

本人または同一世帯の人が請求する場合

  • 住民票関係請求書
    (注) 請求者の署名が必要です。(ハンコは不要です)
  • 請求者の本人確認のための身分証明書(運転免許証・保険証・在留カード・特別永住者証明書など)
  • 同じ建物にお住まいでも、親世帯・子世帯というように世帯を別にしている場合は、委任状 が必要です。
  • 事務手数料

本人の代理人の人が請求する場合

  • 住民票関係請求書
    (注) 代理人の署名が必要です。(ハンコは不要です)
  • 本人自筆・署名済みの委任状
  • 代理人の本人確認のための身分証明書(運転免許証・保険証など)
  • 事務手数料

上記以外の人が請求する場合

  • 住民票関係請求書
    (注)請求者が法人などの場合は、「社印」「法人印」などの押印が必要です。
    (注)具体的な請求理由を記入するとともに、請求者と該当者との関係および請求理由を証明する書類が必要です。請求理由によっては交付できないことがあります。
  • 請求者と該当者との関係および請求理由を証明する資料(契約書の写し、戸籍証明など)
  • 請求者の本人確認のための身分証明書(運転免許証・保険証など)
    (注)請求者が法人などの場合は、担当者の社員証や在籍証明書も必要です。
  • 事務手数料

事務手数料

  • 住民票の写し  1通300円
  • 住民票記載事項証明  1通300円
  • 不在住証明  1通300円

注意事項

  • 住民票の写しは、原則として、本籍・世帯主名・続柄、日本人のみの項目(本籍・筆頭者名)、外国人のみの項目(国籍・地域、中長期在留・特別永住等の区分、在留資格・在留期間等・満了日・在留カード等番号等)の記載は省略しています。運転免許証の申請に添付するために、本籍の記載が必要なときなどは、請求書に明示しておく必要があります。
  • 公的年金の受給者の現況届の証明は無料です。
  • いつわり、その他不正な手段により交付を受けたときは、30万円以下の罰金に処せられます。(住民基本台帳法第47条)
  • プライバシーの侵害などにつながるような不当な請求には応じられません。

住民票関係請求書

PDF形式の用紙をダウンロードして、使用できます。

  • A4判1ページの普通紙にプリントして、使用してください。
  • PDF形式のファイルについては、PDFファイルをご覧になるにはのページを参照してください。