[ページの先頭]

[ここから本文]

委任状

届出・申請を代理人へ委任するときは、委任状が必要です。
委任状は記載項目が整っていれば、書式および用紙は問いません。
同時に複数の権限を委任する場合も、1枚の委任状にまとめていただいて構いません。

委任状の記載項目

  • 【題名】:「委任状」
  • 【宛先】:「渋谷区長殿」
  • 【日付】:「委任状の作成年月日」
  • 【代理人】:「住所、氏名、生年月日(注2)
  • 【委任事項】:「私は、代理人へ以下の権限を委任します。(委任事項)(必要枚数)(使用目的)」 (具体的な内容を記入)
    • 「委任事項例」 住民票の写しの申請、戸籍謄本の交付申請、印鑑登録の申請、○○届に関すること、住民基本台帳カードの交付申請など
    • 「使用目的例」勤務先へ提出のため、銀行へ提出、パスポートの申請のためなど
  • 【委任者】:「住所、氏名、押印、生年月日(注2)、電話番号(注2)

(注1)届出・申請の内容によって、記載項目が一部異なる場合や、添付書類が必要な場合があります。次の委任状の書式のダウンロードからそれぞれの委任状の記載例を確認してください。
(注2)生年月日および電話番号は任意項目ですが、事務処理で確認する場合がありますので、ご記入いただくようお願いします。

委任状の書式のダウンロード

  1. 委任状(転入・転出・転居届などの住民票の届出、住民基本台帳カードの申請)
  2. 委任状(住民票の請求)
  3. 委任状(印鑑登録関係の手続)
  4. 委任状(戸籍関係の証明書の請求)

委任状の注意点

  • 委任者本人が作成した委任状の原本(3か月以内に作成したもの)が必要です。
  • 委任者本人が便箋などの用紙に書いてください。
  • 委任者本人の氏名(署名)は、必ず自筆してください。
  • 印鑑登録申請の場合、委任者本人の印は、登録印を押印してください。
  • 証明書請求の委任状は、証明の種類・通数・使い途などを必ず記入してください。