[ページの先頭]

[ここから本文]

戸籍の証明に関するよくある質問

【問い合わせ】住民戸籍課住民登録係(電話:03-3463-1696)

住所地の役所でも戸籍の証明書を取得できますか

本籍地が渋谷区以外の人は、本籍地の自治体へ請求してください。
本籍地のある役所のみでの取り扱いとなります。

本籍が渋谷区にあるか、電話で教えて欲しい

戸籍の有無や内容に関して、電話で応じることはできません。
本籍地が分からない人は、住民票で本籍地を確認してください。

自分の戸籍を取りに行くには、何が必要ですか

本人確認資料が必要です。印鑑は特に必要ありません。
詳しくは、窓口での本人確認のページをご覧ください。

窓口の営業時間内に区役所へ行くことができないのですが

区民サービスセンターでは、平日11時から19時まで窓口を設けています。戸籍に関する証明書の一部を取得することができます。
請求することができる戸籍は、窓口で請求する人へ(住民戸籍課住民登録係、出張所・区民サービスセンターで請求できるもの)のページをご覧ください。
(注)区民サービスセンターは、土曜日(9時〜17時)にも窓口を設けていますが、戸籍に関する証明書の取り扱いは、全部事項証明書(戸籍謄本)・個人事項証明書(戸籍抄本)のみです。ご注意ください。

また、窓口に行くことができない場合は、郵送でも戸籍証明を請求することができます。詳しくは、郵送で請求する人へのページをご覧ください。

自分以外の者が代わりに請求する場合は、どうすれば良いですか

代理人の申請は、委任状と代理人の本人確認資料が必要です。詳しくは本人以外の人が請求する場合のページをご覧ください。

両親の戸籍が必要なのですが、取得できますか

ご自身の直系にあたる人(父母、祖父母、孫など)、または同じ戸籍に記載されている人の戸籍に 関しては、原則として請求権がありますので、取得することができます。
ただし、別戸籍になっている兄弟の戸籍や、配偶者の両親の戸籍などに関しては、原則として請求権が 認められていません。本人以外の人が請求する場合のページをご覧ください。
詳しくは、住民戸籍課住民登録係(電話:03-3463-1696)へ問い合わせてください。

戸籍謄本と戸籍抄本の違いは何ですか

戸籍謄本(全部事項証明)は、戸籍の全員が記載されているものです。
戸籍抄本(個人事項証明)は、必要とする人のみが記載されるものです。
どちらの証明でも身分事項に関する記載(生年月日や婚姻日など)に変わりはありません。

身内が亡くなったのですが、何日後に戸籍に記載されますか

戸籍の記載は、届出をした役所から本籍地に通知が届き次第、手続きをします。
そのため、届出をした役所によって、手続きにかかる時間が異なります。
詳しくは、住民戸籍課戸籍係(電話:03-3463-1678)へ問い合わせてください。

相続の手続きで、出生から死亡までの戸籍が必要と言われたのですが

相続が発生すると、相続人確定のために戸籍が必要になることがあります。
被相続人の出生したときの戸籍(初めて記載された戸籍)から、死亡記載のある戸籍 (最後の戸籍)まで連続したものを取得する必要があるので、必ずしも1種類の戸籍で足りるわけでは ありません。また、出生した場所や亡くなった場所に本籍地があったとは限らないので、 本籍地を確認してから請求する必要があります。
取得方法としては、たとえば「死亡記載のある戸籍を取得してから、婚姻前の戸籍を取得する」というように、 ひとつ前の戸籍をさかのぼって取得します。ひとつ前の本籍地がどこであったのかは戸籍に記載して ありますので、渋谷区でない場合は、他の自治体へ請求してください。
郵送請求する場合には、請求書の「使い道」の「相続」欄の「出生から死亡まで」に必要事項を記入してください。 郵送請求については、郵送で請求する人へのページをご覧ください。 手数料は、住民戸籍課住民登録係(電話:03-3463-1696)へ問い合わせてください。

年金の手続きで戸籍が必要と言われたのですが

公的年金の手続きに必要な戸籍の交付手数料は、渋谷区の手数料条例で無料となっています。
郵送で請求する場合には、郵便小為替は必要ありません。

結婚して姓が変わったので、旧姓が分かるものが必要と言われたのですが

旧姓と新しい姓が記載されている証明として、結婚前の戸籍、結婚後の戸籍、または婚姻届の受理証明書 が挙げられます。提出先に確認し、請求してください。

郵送で請求した証明書を会社に送って欲しいのですが

送付先は請求者の住所地に限ります。

住所地の証明を本籍地で取得できますか

戸籍を編製してからの住民登録地の履歴が記載されている証明を「附票」と言い、 本籍地で取得できます。
なお、附票の保存期間は除附票になってから、5年間ですので、証明したい住所が取得できないことも あります。

戸籍謄本の有効期限はどのくらいですか

自治体では有効期限を設けておりませんので、提出先の判断になります。
一般的には3か月〜6か月と 言われていますが、提出先に確認してください。