○渋谷区代々木八幡区民施設条例

平成三〇年三月二八日

条例第一四号

(設置目的)

第一条 区民の誰もが集い、文化、福祉等の広範な分野において世代間の交流や地域活動の場を提供し、区民文化の向上及び区民福祉の増進に寄与するとともに、渋谷区の文化を広く発信し地域文化の振興を図ることを目的として、渋谷区代々木八幡区民施設(以下「区民施設」という。)を東京都渋谷区代々木五丁目一番一五号に設置する。

(開館時間)

第二条 区民施設の開館時間は、次の各号に掲げる施設の区分に応じ、当該各号に定めるとおりとする。ただし、区長が特に必要と認めたときは、開館時間を変更することができる。

 団体の使用に供する施設(以下「団体使用施設」という。) 午前九時から午後十時まで

 個人の使用に供する施設(以下「個人使用施設」という。) 午前九時から午後五時まで

(休館日)

第三条 区民施設の休館日は、次に掲げるとおりとする。ただし、区長が特に必要と認めたときは、休館日を変更し、又は臨時に休館日を定めることができる。

 毎月第二水曜日及び第四水曜日

 十二月二十九日から翌年の一月三日までの日

 日曜日(個人使用施設に限る。)

(使用区分)

第四条 区民施設の使用時間の区分は、別表のとおりとする。ただし、区長が必要と認めたときは、使用時間の区分を変更することができる。

(使用できるものの範囲)

第五条 団体使用施設を使用することができるものは、次のとおりとする。

 区内に住所を有する者

 区内の事業所又は事務所に勤務する者

 区内の学校に在学する者

 前三号に掲げる者を主な構成員とする団体

 前各号に掲げるもののほか、区長が特に必要と認めたもの

2 個人使用施設を使用できる者は、区内に住所を有する六十歳以上の者又は区長が特に必要と認めた者とする。

(使用の手続等)

第六条 区民施設を使用しようとするものは、区規則で定めるところにより、区長に申請し、その承認を受けなければならない。

2 区長は、使用を承認する場合において、管理運営上必要な条件を付すことができる。

(使用の不承認)

第七条 区長は、次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、使用を承認しない。

 公の秩序又は善良の風紀を乱すおそれがあるとき。

 使用目的が第一条に規定する設置目的に反するとき。

 第十二条に規定する使用者の行為の制限に違反するとき又はそのおそれがあるとき。

 前三号に掲げるもののほか、区民施設の管理運営上支障があるとき。

(使用料等)

第八条 区民施設の施設使用料は、別表のとおりとする。

2 第六条第一項の規定により団体使用施設の使用の承認を受けたものは、前項の施設使用料及び区規則で定める附帯設備の使用料を区規則で定める期限までに前納しなければならない。

(使用料の不還付)

第九条 既に納めた施設使用料及び附帯設備の使用料は、区規則で定める場合を除き還付しない。

(使用料の減免)

第十条 区長は、次の各号のいずれかに該当するときは、それぞれ当該各号に定めるところにより、使用料を減額し、又は免除することができる。

 区が使用するとき。免除

 区規則で定める団体が使用するとき。免除又は五割相当額を減額

2 前項の規定は、区が使用するとき又は区長が特別に認めるときを除き、附帯設備の使用料については適用しない。

(使用権の譲渡等の禁止)

第十一条 第六条第一項の規定により区長の承認を受けたもの(以下「使用者」という。)は、その権利を譲渡し、又は転貸してはならない。

(使用者の行為の制限)

第十二条 区民施設においては、次の行為をしてはならない。ただし、第二号及び第三号に掲げる行為については、あらかじめ区長の許可を受けたときは、この限りでない。

 区民施設の施設を損壊し、又は汚損すること。

 広告物を掲げること。

 興業又は営利を目的とした物品の販売等を行うこと。

 区民施設の他の使用者に著しい迷惑を及ぼす行為を行うこと。

 前各号に掲げるもののほか、区民施設の管理に支障のある行為を行うこと。

(使用承認の取消し等)

第十三条 区長は、次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、使用の承認を取り消し、又は使用を停止し、若しくは制限することができる。

 使用目的又は使用条件に違反したとき。

 この条例若しくはこの条例に基づく規則に違反し、又は区長の指示に従わないとき。

 公益上区が必要と認めるとき。

 前三号に掲げるもののほか、管理運営上支障が生じたとき。

2 区長は、使用者が次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、当該使用の日以降の使用を承認しないことができる。

 正当な事由がなく、使用の承認を受けた施設を使用しなかったとき。

 使用料を前納しないとき。

 前二号に掲げるもののほか、この条例に違反すると区長が認めたとき。

(入館の制限)

第十四条 区長は、次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、区民施設への入館を禁止し、又は入館者を退館させることができる。

 区民施設の施設を損壊し、又は汚損するおそれがあるとき。

 区民施設の他の使用者に著しい迷惑を及ぼすおそれがあるとき。

 前二号に掲げるもののほか、管理運営上支障があるとき。

(原状回復義務)

第十五条 使用者は、区民施設の使用を終了したとき又は第十三条第一項の規定により使用の承認を取り消されたとき若しくは使用を停止されたときは、直ちに施設を原状に回復しなければならない。

(損害賠償)

第十六条 区民施設の建物、設備等に損害を与えたものは、区長が相当と認めた損害額を賠償しなければならない。ただし、区長がやむを得ないと認めたときは、その額を減額し、又は免除することができる。

(指定管理者による管理)

第十七条 区民施設の管理は、地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第二百四十四条の二第三項の規定により、法人その他の団体で区長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に行わせることができる。

2 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

 区民施設の施設及び設備の維持管理に関すること(区長が指定する修繕を除く。)。

 区民施設の開館時間の変更、休館日の指定及び使用時間の区分の変更に関すること。

 区民施設の使用の承認及び不承認に関すること。

 区民施設の利用料金の収受に関すること。

 区民施設の利用料金の還付及び減免に関すること。

 区民施設の使用の承認の取消し、停止及び制限に関すること。

 前各号に掲げるもののほか、区長が必要と認めること。

3 第一項の規定により区民施設の管理を指定管理者に行わせる場合の次の表の上欄に掲げる規定の適用については、これらの規定中同表の中欄に掲げる字句は、それぞれ同表の下欄に掲げる字句に読み替えるものとする。

第二条から第四条まで

区長

指定管理者

第五条

区長

区長の承認を得て指定管理者

第六条及び第七条

区長

指定管理者

第八条の見出し

使用料

利用料金

第八条第一項

施設使用料

施設の利用料金

別表のとおり

別表に掲げる額の範囲内であらかじめ区長の承認を得て指定管理者が定める額

第八条第二項

施設使用料

施設の利用料金

附帯設備の使用料

附帯設備の使用料の範囲内であらかじめ区長の承認を得て指定管理者が定める附帯設備の利用料金

第九条の見出し

使用料

利用料金

第九条

施設使用料

施設の利用料金

附帯設備の使用料

附帯設備の利用料金

第十条の見出し

使用料

利用料金

第十条

区長

指定管理者

使用料

利用料金

第十一条から第十四条まで

区長

指定管理者

(委任)

第十八条 この条例の施行について必要な事項は、区規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、区規則で定める日から施行する。

(三〇年規則四二号 三〇・一〇・一施行、附則第二項の規定三〇・七・一施行)

(準備行為)

2 区民施設の使用に関して必要な手続等は、この条例の施行の日前においても行うことができる。

(渋谷区区民会館条例の一部改正)

3 渋谷区区民会館条例(昭和三十年渋谷区条例第九号)の一部を次のように改正する。

(次のよう略)

(渋谷区立敬老館条例の一部改正)

4 渋谷区立敬老館条例(昭和三十九年渋谷区条例第二十四号)の一部を次のように改正する。

(次のよう略)

別表(第四条、第八条関係)

一 団体使用施設

使用区分




施設の種別

午前

午後一

午後二

夜間

全日

午前九時から午後零時三十分まで

午後一時から午後三時まで

午後三時三十分から午後五時三十分まで

午後六時から午後十時まで

午前九時から午後十時まで

ホール

五、一〇〇円

三、五〇〇円

三、五〇〇円

八、八〇〇円

二〇、九〇〇円

スタジオ一

一、九〇〇円

一、三〇〇円

一、三〇〇円

三、三〇〇円

七、八〇〇円

スタジオ二

二、一〇〇円

一、四〇〇円

一、四〇〇円

三、六〇〇円

八、五〇〇円

スタジオ三

一、三〇〇円

九〇〇円

九〇〇円

二、三〇〇円

五、四〇〇円

スタジオ四

二、二〇〇円

一、五〇〇円

一、五〇〇円

三、八〇〇円

九、〇〇〇円

スタジオ五

二、一〇〇円

一、四〇〇円

一、四〇〇円

三、六〇〇円

八、五〇〇円

和室一

八〇〇円

五〇〇円

五〇〇円

一、四〇〇円

三、二〇〇円

和室二

八〇〇円

五〇〇円

五〇〇円

一、四〇〇円

三、二〇〇円

プレイルーム

一、〇〇〇円

七〇〇円

七〇〇円

一、七〇〇円

四、一〇〇円

備考

一 二以上の使用区分を引き続き使用するときの使用料は、各使用区分の使用料の合計額とする。

二 使用者が入場料その他これに類する料金(以下「入場料等」という。)を徴収し、かつ、その入場料等の最高額が二千円以上である場合の使用料は、本表使用料の五割増しとする。

三 営利を目的とする物品の販売その他これに類する目的に使用する場合の使用料は、本表使用料の倍額とする。

四 午前九時以前の時間については、午前又は全日の使用区分と引き続く場合で、特に必要と認めたときは、二時間を限度として使用することができる。この場合の使用料は、使用時間三十分を単位として当該日の午前の使用区分の使用料の百分の四十に当たる額とする。

五 夜間又は全日の使用区分を使用する場合で、特に必要があると認めたときは、午後十時以後に使用時間を延長することができる。この場合の使用料は、使用時間三十分を単位として当該日の夜間の使用区分の使用料の百分の二十五に当たる額とする。

二 個人使用施設

使用区分

施設の種別

全日

午前九時から午後五時まで

浴室

無料

リラクゼーションルーム

渋谷区代々木八幡区民施設条例

平成30年3月28日 条例第14号

(平成30年7月1日施行)