○渋谷区個人情報保護条例等の規定による文書の写し等の交付を受けた者が負担すべき費用の額

平成二八年四月一日

告示第四七号

一 渋谷区個人情報保護条例(平成元年渋谷区条例第四十号)第二十五条第三項の規定により文書の写し等の交付を受けた者が負担すべき費用の額及び渋谷区情報公開条例(平成元年渋谷区条例第三十九号)第十五条の規定により区が提供する情報に係る文書の写し等の交付を受けた者が負担すべき費用の額については、次のとおりとする。

区分

金額

公文書の種類

写し等の作成の方法

文書、図画、写真

複写機による写し(単色)

A三判以下 一枚 十円

A三判を超えてA二判以下 一枚 二十円

A二判を超えてA一判以下 一枚 四十円

A一判を超えてA〇判以下 一枚 八十円

複写機による写し(多色)

A四判以下 一枚 五十円

A四判を超えてA三判以下 一枚 八十円

マイクロフィルム

印刷物として出力したもの(単色)

A三判以下 一枚 十円

A三判を超えてA二判以下 一枚 二十円

A二判を超えてA一判以下 一枚 四十円

A一判を超えてA〇判以下 一枚 八十円

電磁的記録

印刷物として出力したもの(単色)

A三判以下 一枚 十円

A三判を超えてA二判以下 一枚 二十円

A二判を超えてA一判以下 一枚 四十円

A一判を超えてA〇判以下 一枚 八十円

印刷物として出力したもの(多色)

A四判以下 一枚 五十円

A四判を超えてA三判以下 一枚 八十円

A三判を超えてA二判以下 一枚 百六十円

A二判を超えてA一判以下 一枚 三百二十円

A一判を超えてA〇判以下 一枚 六百四十円

録音テープに複写したもの

一巻(百二十分) 二百円

ビデオテープに複写したもの

一巻(百二十分) 三百円

光ディスク(コンパクトディスクレコーダブル)に複写したもの

一枚(六百五十メガバイト) 八十円

技術的に困難等の理由で外部委託により作成する写し等

当該委託契約で定める額

写し等の送付に要する費用の額

郵送料

備考

(一) 規格は、日本工業規格による。

(二) 用紙の両面に印刷された文書、図画等については、片面を一枚として計算する。

二 行政不服審査法(平成二十六年法律第六十八号)第三十八条第一項(同法第九条第三項において読み替えて適用する場合及び他の法令の規定において準用する場合を含む。)及び渋谷区行政不服審査会条例(平成二十七年渋谷区条例第四十一号)第十二条第一項の規定により主張書面の写し等の交付を受けた者が負担すべき費用の額については、次のとおりとする。

区分

金額

公文書の種類

写し等の作成の方法

文書、図画、写真

複写機による写し(単色)

A三判以下 一枚 十円

A三判を超えてA二判以下 一枚 二十円

A二判を超えてA一判以下 一枚 四十円

A一判を超えてA〇判以下 一枚 八十円

複写機による写し(多色)

A四判以下 一枚 五十円

A四判を超えてA三判以下 一枚 八十円

電磁的記録

印刷物として出力したもの(単色)

A三判以下 一枚 十円

A三判を超えてA二判以下 一枚 二十円

A二判を超えてA一判以下 一枚 四十円

A一判を超えてA〇判以下 一枚 八十円

印刷物として出力したもの(多色)

A四判以下 一枚 五十円

A四判を超えてA三判以下 一枚 八十円

A三判を超えてA二判以下 一枚 百六十円

A二判を超えてA一判以下 一枚 三百二十円

A一判を超えてA〇判以下 一枚 六百四十円

写し等の送付に要する費用の額

郵送料

備考

(一) 規格は、日本工業規格による。

(二) 用紙の両面に印刷された文書、図画等については、片面を一枚として計算する。

渋谷区個人情報保護条例等の規定による文書の写し等の交付を受けた者が負担すべき費用の額

平成28年4月1日 告示第47号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第1章 則/第9節 情報公開・個人情報保護等
沿革情報
平成28年4月1日 告示第47号