○渋谷区議会幹事長会運営規程

平成二七年四月三〇日

議訓令甲第二号

(目的)

第一条 この規程は、渋谷区議会会議規則第百五十二条第一項に基づき設置する幹事長会の運営について、基本的な事項を定めることを目的とする。

(所掌事項)

第二条 幹事長会は、各会派間の連絡調整及び議員全体に関する事項並びに議長が必要とする事項等について協議する。

(組織)

第三条 幹事長会は、議長、副議長及び会派の幹事長並びに無所属議員で組織する。ただし、幹事長に事故あるときは、副幹事長が代行することができる。

(一部改正…二七年五号)

2 交渉会派は、三人以上の所属議員を有する会派とする。

(一部改正…二七年五号)

(オブザーバー会派)

第四条 二人の所属議員を有する会派については、オブザーバーとして出席を認め、必要があるときは意見を求め、又は発言することができる。

2 オブザーバー会派の幹事長の席は、別に設ける。

(無所属議員)

第五条 無所属議員に出席を求める必要があるときは、前条を準用する。

(招集)

第六条 幹事長会は議長が招集し、会議を主宰する。ただし、議長に事故あるときは、副議長がその職務を代理する。

(説明員)

第七条 議長は、議題について必要あるときは、説明のため関係者の出席を求めることができる。

(会議の公開)

第八条 会議は、公開とする。ただし、議長又は幹事長二人以上の発議により、出席議員の過半数の同意があるときは、非公開とすることができる。

(傍聴)

第九条 会議の傍聴については、渋谷区議会委員会傍聴規則の規定を準用する。

(記録)

第十条 会議は、発言のとおり記録する。

2 議長は、書記をして会議記録を作成させ、二人以上の幹事長とともにこれに署名する。会議記録に署名する幹事長は、議長が指名する。

(委任)

第十一条 この規程に定めのない事項については、議長が幹事長会に諮って決定する。

附 則

1 この訓令は、平成二十七年五月一日から施行する。

2 渋谷区議会幹事長会規約(昭和五十四年五月二十九日施行)は、廃止する。

渋谷区議会幹事長会運営規程

平成27年4月30日 議会訓令甲第2号

(平成27年5月20日施行)

体系情報
第2章 区議会/第1節
沿革情報
平成27年4月30日 議会訓令甲第2号
平成27年5月20日 議会訓令甲第5号