○渋谷区放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例

平成二七年三月三一日

条例第二二号

(趣旨)

第一条 この条例は、児童福祉法(昭和二十二年法律第百六十四号。以下「法」という。)第三十四条の八の二第一項の規定に基づき、放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定めるものとする。

(用語の定義)

第二条 この条例で使用する用語は、法及び放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準(平成二十六年厚生労働省令第六十三号。以下「省令」という。)で使用する用語の例による。

(設備及び運営に関する基準)

第三条 法第三十四条の八の二第一項の規定により条例で定める基準は、この条例に定めるもののほか、省令の定めるところによる。

(一の支援の単位を構成する児童の数)

第四条 省令第十条第四項の規定による一の支援の単位を構成する児童の数は、同項の規定にかかわらず、学校教育法(昭和二十二年法律第二十六号)に規定する小学校において教育活動を放課後児童健全育成事業と一体的に行う場合にあっては、同項に規定する数を超えることができる。

(職員の配置)

第五条 前条の規定により、一の支援の単位を構成する児童の数が省令第十条第四項に規定する数を超える場合は、当該超える部分について、二十人までごとにつき一人の放課後児童支援員を配置するものとする。ただし、放課後児童支援員を配置することが困難な場合は、その半数以下について、補助員をもって放課後児童支援員に代えることができる。

附 則

この条例は、平成二十七年四月一日から施行する。

渋谷区放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例

平成27年3月31日 条例第22号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第15章 育/第6節 放課後事業
沿革情報
平成27年3月31日 条例第22号