○渋谷区指定介護予防支援等の事業の運営に関する基準等を定める条例

平成二七年三月一二日

条例第六号

(趣旨)

第一条 この条例は、介護保険法(平成九年法律第百二十三号。以下「法」という。)第五十九条第一項第一号、第百十五条の二十二第二項第一号並びに第百十五条の二十四第一項及び第二項の規定に基づき、指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準等について定めるものとする。

(用語の定義)

第二条 この条例で使用する用語は、法で使用する用語の例による。

(人員及び運営に関する基準等)

第三条 法第五十九条第一項第一号の規定により条例で定める基準並びに法第百十五条の二十四第一項の条例で定める基準及び員数並びに同条第二項の規定により条例で定める基準は、指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準(平成十八年厚生労働省令第三十七号)の定めるところによる。

(申請者の資格)

第四条 法第百十五条の二十二第二項第一号の条例で定める者は、法人とする。

附 則

この条例は、平成二十七年四月一日から施行する。

渋谷区指定介護予防支援等の事業の運営に関する基準等を定める条例

平成27年3月12日 条例第6号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第10章 生/第2節
沿革情報
平成27年3月12日 条例第6号