○渋谷区宮下公園運動施設管理条例施行規則

平成二三年四月二二日

規則第二六号

(団体登録)

第二条 条例第六条の規定により団体登録を行おうとするものは、渋谷区施設使用登録申請書(別記第一号様式)及び区長が必要と認める書類を提出しなければならない。

(一部改正…二六年四五号)

2 区長は、前項の規定による申請をしたものが条例第六条第二項に該当すると認めたときは、当該申請をしたものに対して渋谷区施設使用登録カード(別記第二号様式。以下「登録カード」という。)を交付するものとする。

(一部改正…二六年四五号)

3 登録カードの交付を受けたもの(以下「登録者」という。)は、代表者及び連絡者の住所、氏名その他登録事項に変更があったときは、遅滞なく区長に使用登録事項変更届(別記第三号様式)を提出しなければならない。

(一部改正…二六年四五号)

4 登録者は、条例第六条第二項に該当しなくなったときは、直ちに区長に登録カードを返還しなければならない。

(一部改正…二六年四五号)

5 登録者は、登録カードを紛失したときは、遅滞なく区長に使用登録カード紛失届(別記第四号様式)を提出しなければならない。

(一部改正…二六年四五号)

(使用申請手続等)

第三条 登録者は、フットサル場を使用しようとするときは、別表第一に定める区分ごとに、同表に定める申込期間内に、区が提供する施設予約システム(以下「予約システム」という。)により使用の申請をしなければならない。

(本条全部改正…二六年四五号)

2 別表第一に定める抽選申込期間内に申請があったときは、予約システムによる抽選により使用予定者を決定するものとする。

3 前項の規定により決定された使用予定者は、別表第一に定める使用確認期間内に、予約システムを利用して使用確認手続をしなければならない。この場合において、当該期間内に使用確認手続をしないときは、当該使用日に係るフットサル場の使用の権利を失う。

4 別表第一に定める随時申込期間内に申請があったときは、先着順により使用者を決定するものとする。

5 前各項の規定にかかわらず、区長が必要があると認めたときは、別に区長が定める手続によりフットサル場の使用の申請を受けることができる。

(使用の承認)

第四条 区長は、前条第二項の規定により決定された使用予定者が同条第三項の規定による使用確認手続をしたときは、予約システムにより使用の承認をするものとする。

(本条全部改正…二六年四五号)

2 区長は、前条第四項の規定により使用者を決定したときは、予約システムにより使用の承認をするものとする。

3 前二項の規定にかかわらず、区長が必要があると認めたときは、別に区長が定める手続によりフットサル場の使用の承認を行うことができる。

(使用料の納付)

第五条 前条の規定により使用の承認を受けたものは、フットサル場使用開始前に、係員に登録カードを提示の上、条例第八条に定める使用料を納付し、使用券(別記第五号様式)の交付を受けなければならない。

(一部改正・一条繰上…二六年四五号)

(渋谷区スポーツ施設の使用登録に係る取扱い)

第六条 渋谷区スポーツ施設条例施行規則(平成八年渋谷区教育委員会規則第二号)第五条の規定によりなされた使用登録は、第二条の規定によりなされた団体登録とみなす。

(一部改正…二六年四五号)

(本条一条繰上…二六年四五号)

2 前項の場合において、渋谷区スポーツ施設条例施行規則第五条第二項の規定により交付された登録カードは、第二条第二項の規定により交付された登録カードとみなす。

(一部改正…二六年四五号)

(ロープクライミング)

第七条 クライミングウォールにおいて、ロープクライミングを行おうとする者は、あらかじめ宮下公園ロープクライミング認定証(別記第六号様式。以下「認定証」という。)の交付を受けなければならない。ただし、区長が認めた場合は、この限りでない。

(一部改正…二六年四五号)

(本条一条繰上…二六年四五号)

2 認定証の交付を受けようとする者は、宮下公園ロープクライミング審査・講習会申込書兼宮下公園ロープクライミング認定証交付申請書(別記第七号様式)を区長に提出し、次の各号の区分に応じ、審査又は講習会を受けなければならない。

(一部改正…二六年四五号)

 ロープクライミング経験者(他の公共のクライミング施設の許可証若しくは各都道府県山岳協会発行の許可証を有している者又はそれらと同程度のロープクライミング知識及び技術を有すると認められる者) 宮下公園ロープクライミング審査

 前号以外の者 宮下公園ロープクライミング講習会

3 区長は、前項の規定により申請した者が、前項の審査又は講習会を受け、ロープクライミングを行うために必要な知識及び技能を有していると認めた場合は、認定証を交付するものとする。

4 認定証の交付を受けた者は、クライミングウォールにおいてロープクライミングを行おうとする場合は、認定証を提示しなければならない。

(個人使用の手続)

第八条 クライミングウォール及びスケート場を使用しようとする者は、使用料を納入し、使用券の交付を受けなければならない。

(一条繰上…二六年四五号)

2 使用券は、交付を受けた当日限り有効とする。

3 使用券の交付を受けた者が条例別表第二に規定する使用単位を超えて使用しようとする場合は、区長の承認を受けなければならない。

(使用時間)

第九条 運動施設の使用時間は、使用の承認を受けた時間とし、準備及び後片付けに要する時間を含むものとする。

(一条繰上…二六年四五号)

(照明設備使用料)

第十条 条例第八条の規定によるフットサル場における照明設備使用料は、別表第二に定める区分による照明設備点灯時間の範囲において、条例別表第三に定める使用単位当たりの額とする。

(一部改正・一条繰上…二六年四五号)

(使用料の端数処理)

第十一条 使用料の額に十円未満の端数があるときは、当該端数金額を切り上げるものとする。

(一条繰上…二六年四五号)

(使用料の還付)

第十二条 条例第九条ただし書の規定により使用料を還付する場合は、次のとおりとする。

(本条一条繰上…二六年四五号)

 使用者の責任でない事由で使用できなくなったとき。

 条例第十三条第三号の規定により使用の承認を取り消されたとき。

 区長が相当の理由があると認めたとき。

2 条例第九条ただし書の規定により還付する使用料の額は、次のとおりとする。

 使用開始前であるとき。 全額

 使用時間中であるとき。 次項に定める額

3 前項第二号に規定する還付の額は、使用できなかった時間一時間(一時間未満の時間は一時間とする。)につき当該使用料を一時間当たりの額(一円未満の額は、切り捨てる。)に換算して得た額とする。

4 使用料の還付を受けようとするものは、渋谷区宮下公園運動施設使用料還付請求書(別記第八号様式)を区長に提出しなければならない。

(一部改正…二六年四五号)

(使用承認の取消し等)

第十三条 区長は、条例第十三条の規定により、使用の承認を取り消し、又は使用を停止し、若しくは制限するときは、使用承認取消等通知書(別記第九号様式)により通知するものとする。ただし、緊急の必要があると認めたときは、この限りでない。

(一部改正…二六年四五号)

(本条一条繰上…二六年四五号)

2 第四条の規定によりフットサル場の予約の承認を受けたものが、予約の取消しをしようとするときは、使用日の七日前までに区長に取消しの申出をしなければならない。

(一部改正…二六年四五号)

3 区長は、第四条の規定によりフットサル場の予約の承認を受けたものが次の各号のいずれかに該当したときは、当該各号に定める期間の範囲で、フットサル場の使用の申請の受付をしないことができる。

(一部改正…二六年四五号)

 使用日の六日前以後に予約の取消しの申出をしたとき。 一月

 予約の取消しの申出をしないで、フットサル場を使用しなかったとき。 三月

4 区長は、第二条の規定により団体登録したものが次の各号のいずれかに該当したときは、六月の範囲で、フットサル場の使用の申請の受付をしないことができる。

(本項追加…二六年四五号)

 登録カード又は施設使用の権利を他人に譲渡し、若しくは転貸したことが判明したとき。

 第二条の登録内容に虚偽があることが判明したとき。

(委任)

第十四条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、区長が定める。

(一条繰上…二六年四五号)

附 則

1 この規則は、平成二十三年四月三十日から施行する。ただし、次項の規定は、同月二十五日から施行する。

2 運動施設の使用に関して必要な手続等は、この規則の施行の日前においても行うことができる。

附 則(平成二六年規則第四五号)

1 この規則は、平成二十六年七月一日から施行する。

2 改正後の渋谷区宮下公園運動施設管理条例施行規則の規定は、平成二十六年十月一日以後のフットサル場の使用について適用し、同日前のフットサル場の使用については、なお従前の例による。

3 フットサル場の使用に関して必要な手続等は、この規則の施行の日前においても行うことができる。

附 則(平成二八年規則第九〇号)

この規則は、平成二十八年四月一日から施行する。

別表第一(第三条関係)

(追加…二六年四五号)

登録区分

登録要件

申込期間

使用確認期間

抽選申込期間

随時申込期間

区民団体一

十人以上で構成され、構成員全員が区内在住者であること。

使用日の三月前の日の属する月の一日から三日まで及び八日から十日まで

使用日の三月前の日の属する月の十五日から使用日の前日まで

使用日の三月前の日の属する月の五日から七日まで及び十二日から十四日まで

区民団体二

次の要件を満たすもの

一 代表者が区内在住者であること。

二 五人以上で構成され、構成員の二分の一以上の者が区内に在住する者であること。

使用日の三月前の日の属する月の八日から十日まで

使用日の三月前の日の属する月の十七日から使用日の前日まで

使用日の三月前の日の属する月の十二日から十四日まで

区民団体三

次の要件を満たすもの

一 代表者が区内在住者であること。

二 五人以上で構成され、構成員の二分の一以上の者が区内に在住、在勤又は在学する者であること。

使用日の三月前の日の属する月の八日から十日まで

使用日の三月前の日の属する月の十八日から使用日の前日まで

使用日の三月前の日の属する月の十二日から十四日まで

区内団体

次の要件を満たすもの

一 代表者が区内に在住、在勤又は在学する者であること。

二 五人以上で構成され、構成員の二分の一以上の者が区内に在住、在勤又は在学する者であること。


使用日の三月前の日の属する月の二十日から使用日の前日まで


別表第二(第十条関係)

(一部改正・一表繰下…二六年四五号)

期間

照明設備点灯時間

四月一日から四月三十日まで

午後六時から午後十時まで

五月一日から五月三十一日まで

午後六時三十分から午後十時まで

六月一日から七月三十一日まで

午後七時から午後十時まで

八月一日から八月二十日まで

午後六時三十分から午後十時まで

八月二十一日から九月十五日まで

午後六時から午後十時まで

九月十六日から十月十日まで

午後五時三十分から午後十時まで

十月十一日から十月三十一日まで

午後五時から午後十時まで

十一月一日から一月二十日まで

午後四時三十分から午後十時まで

一月二十一日から二月二十日まで

午後五時から午後十時まで

二月二十一日から三月二十五日まで

午後五時三十分から午後十時まで

三月二十六日から三月三十一日まで

午後六時から午後十時まで

別記第1号様式(第2条関係)

(全部改正…26年45号)

画像

別記第2号様式(第2条関係)

(全部改正…26年45号)

画像

別記第3号様式(第2条関係)

(一部改正…26年45号)

画像

別記第4号様式(第2条関係)

(一部改正…26年45号)

画像

別記第5号様式(第5条、第8条関係)

(一部改正・一号繰上…26年45号)

画像

別記第6号様式(第7条関係)

(一部改正・一号繰上…26年45号)

画像

別記第7号様式(第7条関係)

(一部改正・一号繰上…26年45号)

画像

別記第8号様式(第12条関係)

(一部改正・一号繰上…26年45号)

画像

別記第9号様式(第13条関係)

(改正…28年90号)

画像

渋谷区宮下公園運動施設管理条例施行規則

平成23年4月22日 規則第26号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第12章 木/第3節 公園等
沿革情報
平成23年4月22日 規則第26号
平成26年7月1日 規則第45号
平成28年3月31日 規則第90号