○渋谷区生活実習所つばさ条例施行規則

平成二二年九月二九日

規則第六四号

渋谷区知的障害者援護施設条例施行規則(平成七年渋谷区規則第五十六号)の全部を改正する。

(趣旨)

第一条 この規則は、渋谷区生活実習所つばさ条例(平成二十二年渋谷区条例第三十二号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第二条 この規則において「支給決定」とは、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成十七年法律第百二十三号)第十九条第一項に規定する支給決定をいう。

(一部改正…二五年一一号)

(定員)

第三条 渋谷区生活実習所つばさ(以下「生活実習所」という。)の定員は、二十三人とする。

(使用できる者)

第四条 条例第五条に規定する支給決定を受けた者のうち区規則で定める者は、十八歳以上の知的障害者とする。

(一部改正…二六年三二号)

(使用の手続等)

第五条 条例第六条第一項に規定する契約(以下「契約」という。)の締結は、次に掲げる事項を記載した契約書により行うものとする。

(本条全部改正…二六年三二号)

 提供する条例第二条第一項に規定する生活介護に関する事業(以下「生活介護事業」という。)の内容

 生活介護事業の提供につき契約を締結して生活実習所を使用する者(以下「使用者」という。)が支払うべき額に関する事項

 生活介護事業の提供開始年月日

 生活介護事業に係る苦情を受け付けるための窓口

 前各号に掲げるもののほか、区長が必要と認める事項

(使用料の減免及び徴収猶予)

第六条 条例第八条に規定する使用料の減額、免除又は徴収の猶予に係る特別の理由とは、次に掲げる各号のいずれかに該当する場合をいう。

(二条繰上…二六年三二号)

 災害、盗難等による被害を受け、使用料を納付できない場合

 前号に掲げるもののほか、区長が特に必要と認める場合

2 前項の規定により使用料を減額又は免除する額は、次の各号に定めるところによる。

 前項第一号に該当する場合 全額

 前項第二号に該当する場合 区長が認める額

3 条例第八条の規定により使用料の減額、免除又は徴収の猶予を受けようとする者は、渋谷区生活実習所つばさ使用料減額・免除・徴収猶予申請書(別記第一号様式)により、区長に申請しなければならない。

(一部改正…二六年三二号)

4 区長は、前項の申請があった場合は、使用料の減額、免除又は徴収の猶予の可否を決定し、渋谷区生活実習所つばさ使用料減額・免除・徴収猶予承認・不承認通知書(別記第二号様式)により、当該申請をした者に通知するものとする。

(一部改正…二六年三二号)

(使用料の還付)

第七条 条例第九条に規定する使用料の還付に係る特別の理由とは次に掲げる各号のいずれかに該当する場合をいい、還付する額は当該各号に定めるところによる。

(二条繰上…二六年三二号)

 使用者の責任によらない理由により使用することができない場合 全額

 前号に掲げるもののほか、区長が特に必要と認める場合 区長が認める額

(委任)

第八条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、区長が定める。

(三条繰上…二六年三二号)

附 則

この規則は、平成二十二年十月一日から施行する。

附 則(平成二五年規則第一一号)

この規則は、平成二十五年四月一日から施行する。

附 則(平成二六年規則第三二号)

この規則は、平成二十六年四月一日から施行する。ただし、第四条の改正規定は、公布の日から施行する。

附 則(平成二八年規則第六六号)

この規則は、平成二十八年四月一日から施行する。

別記第1号様式(第6条関係)

画像

(一部改正・3号繰上…26年32号)

別記第2号様式(第6条関係)

(改正…28年66号)

画像

渋谷区生活実習所つばさ条例施行規則

平成22年9月29日 規則第64号

(平成28年4月1日施行)