○渋谷区放課後クラブ条例施行規則

平成二一年三月三一日

教規則第一一号

(趣旨)

第一条 この規則は、渋谷区放課後クラブ条例(平成二十一年渋谷区条例第十六号。以下「条例」という。)の施行について、必要な事項を定めるものとする。

(活動)

第一条の二 放課後クラブは、条例第二条に規定する生活に関する活動の一つとして、次条第二項第二号に規定するB会員に対し、児童福祉法(昭和二十二年法律第百六十四号)第六条の三第二項に規定する放課後児童健全育成事業を行うものとする。

(追加…二七年一八号)

(会員)

第二条 各区立小学校に在籍する児童は、当該校に開設された放課後クラブを利用するものとする。

(本条全部改正…二五年一号)

2 放課後クラブを利用する児童は、次のとおり区分する。

 A会員 B会員を除く児童

 B会員 保護者の就労、病気その他の渋谷区教育委員会(以下「教育委員会」という。)が適当と認めた事情により、放課後等の時間に家庭において保護者の保護が受けられない児童

(登録申請手続等)

第三条 放課後クラブを利用しようとする児童の保護者は、次に掲げるところにより、あらかじめ放課後クラブ利用申請書(別記第一号様式)を教育委員会に提出しなければならない。

(本条全部改正…二五年一号)

 学年の始めから放課後クラブを利用しようとする児童 前年度の教育委員会が指定する期間

 学年の途中から放課後クラブを利用しようとする児童 前月の初日から二十日までの期間

2 放課後クラブを利用しようとする児童の保護者は、登録申請時に、教育委員会の指定する傷害保険に加入することに同意しなければならない。

3 前条第二項第二号のB会員の保護者は、登録申請時に、その事情に応じて、次の書面を放課後クラブ登録申請書に添付して提出しなければならない。

 就労・就職内定証明書(別記第二号様式)

 介護・看護状況申告書(別記第三号様式)

 その他教育委員会が必要と認めるもの

(私立学校等の児童の登録等)

第四条 教育委員会は、条例第三条ただし書の規定により、私立学校、国立学校等に在籍する学校教育法(昭和二十二年法律第二十六号)第十七条に規定する学齢児童であって区内に在住するもの(以下「私立学校等の児童」という。)を放課後クラブの利用対象者とすることができる。

(一部改正…二七年一八号)

(本条全部改正…二五年一号)

2 放課後クラブを利用しようとする私立学校等の児童の保護者は、居住する学区域内の小学校に開設する放課後クラブの登録を申請できるものとする。

3 前項の規定にかかわらず、私立学校等の児童の保護者が希望する場合は、教育委員会は、通学経路、保護者の就労場所、送迎の状況等を勘案して、当該児童の安全上必要な範囲で学区域外の放課後クラブの登録を認めることができる。

4 前条の規定は、私立学校等の児童に係る登録申請に準用する。

(利用の承認等)

第五条 教育委員会は、保護者から前二条の規定により登録の申請を受けたときは、その内容を審査し、利用を承認したときは、放課後クラブ利用承認書(別記第四号様式)により保護者に通知するものとする。

(本条追加…二五年一号)

2 教育委員会は、登録の申請が次の各号のいずれかに該当するときは、利用の承認をしないものとし、放課後クラブ利用不承認書(別記第五号様式)により保護者に通知するものとする。

 放課後クラブの運営上支障があると認められるとき。

 申請内容及び添付書面に虚偽があったとき。

 前二号に掲げるもののほか、教育委員会が利用を不適当と認めるとき。

(休業日)

第六条 放課後クラブは、日曜日、国民の祝日に関する法律(昭和二十三年法律第百七十八号)に規定する休日及び十二月二十九日から翌年一月三日までの日を休業日とする。ただし、教育委員会が特に必要と認めたときは、これを変更し、又は臨時に休業日を定めることができる。

(一部改正・一条繰下…二五年一号)

(利用日及び利用時間)

第七条 放課後クラブの利用日及び利用時間は、第二条第二項第一号及び第二号の会員の区分に応じ、次のとおりとする。

区分

利用日

利用時間

A会員

学校運営日。ただし、給食のない日を除く。

放課後から午後五時まで

B会員

学校運営日の月曜日から金曜日まで

放課後から午後六時まで(特別な対応が必要な場合は午後七時三十分まで)

学校休業日の月曜日から金曜日まで

各学校の開門時間から午後六時まで(特別な対応が必要な場合は午後七時三十分まで)

土曜日

午前九時から午後六時まで

(一部改正…二七年一八号・二一号)

(本条追加…二五年一号)

2 教育委員会は、特に必要と認めたときは、A会員の利用について前項のB会員の利用の範囲においてこれを変更することができる。

(登録内容の変更)

第八条 第五条第一項の規定により利用の承認をされた保護者は、当該登録内容に変更があったときは、速やかに放課後クラブ登録内容変更届(別記第六号様式)に変更内容に応じて第三条第三項に規定する書面を添付し、教育委員会に届け出なければならない。

(追加…二五年一号)

(保護者負担)

第九条 傷害保険料、おやつ代及び放課後クラブ活動で使用する教材費その他の実費については、保護者の負担とする。

(二条繰下…二五年一号)

(利用の取消し等)

第十条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当するときは、利用の承認を取り消し、又は利用を停止することができる。

(本条追加…二五年一号)

 保護者から放課後クラブ登録取消届(別記第七号様式)が提出されたとき。

 条例第三条に規定する利用対象者でなくなったとき。

 放課後クラブの管理運営上支障が生じたとき。

2 前項第三号に該当する事由により利用の承認を取り消すときは、教育委員会は、放課後クラブ利用承認取消書(別記第八号様式)により保護者に通知するものとする。

(一部改正…二七年一八号)

(指導員の配置)

第十一条 放課後クラブ事業を運営するため次に掲げる指導員を置く。

(本条追加…二五年一号)

 放課後児童支援員

(改正…二七年一八号)

 補助員

(改正…二七年一八号)

 児童指導員

(改正…二七年一八号)

 特別支援担当指導員(特別支援学級設置校の放課後クラブ)

(改正…二七年一八号)

(連絡会の設置)

第十二条 教育委員会は、放課後クラブの円滑な実施のため、事業の企画、地域人材の活用等放課後クラブの実施に必要な事項を調整する連絡会を設ける。

(一部改正・三条繰下…二五年一号)

(委任)

第十三条 この規則に定めるもののほか、放課後クラブの管理運営について必要な事項は、教育長が別に定める。

(三条繰下…二五年一号)

附 則

この規則は、平成二十一年四月一日から施行する。

附 則(平成二三年教規則第一号)

この規則は、平成二十三年四月一日から施行する。

附 則(平成二五年教規則第一号)

1 この規則は、平成二十五年四月一日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

2 放課後クラブの登録申請に関して必要な手続等は、この規則の施行の日前においても行うことができる。

附 則(平成二七年教規則第一八号)

1 この規則は、平成二十七年四月一日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

2 放課後クラブの登録申請に関して必要な手続等は、この規則の施行の日前においても行うことができる。

附 則(平成二七年教規則第二一号)

1 この規則は、平成二十八年四月一日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

2 放課後クラブの登録申請に関して必要な手続等は、この規則の施行の日前においても行うことができる。

別記第1号様式(表面)(第3条関係)

(追加…25年1号、一部改正…27年18号)

画像

別記第1号様式(裏面)(第3条関係)

(追加…25年1号)

画像

別記第2号様式(第3条関係)

(追加…25年1号)

画像

別記第3号様式(第3条関係)

(改正…27年18号)

画像

別記第4号様式(第5条関係)

(追加…25年1号)

画像

別記第5号様式(第5条関係)

(追加…25年1号)

画像

別記第6号様式(第8条関係)

(追加…25年1号)

画像

別記第7号様式(第10条関係)

(追加…25年1号)

画像

別記第8号様式(第10条関係)

(追加…25年1号)

画像

渋谷区放課後クラブ条例施行規則

平成21年3月31日 教育委員会規則第11号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第15章 育/第6節 放課後事業
沿革情報
平成21年3月31日 教育委員会規則第11号
平成23年2月17日 教育委員会規則第1号
平成25年1月24日 教育委員会規則第1号
平成27年3月31日 教育委員会規則第18号
平成27年10月22日 教育委員会規則第21号