○渋谷区情報公開条例施行規程

平成一九年一月三一日

議会訓令甲第一号

(目的)

第一条 この規程は、渋谷区情報公開条例(平成元年渋谷区条例第三十九号。以下「条例」という。)の施行に関し、議会が管理している公文書の公開について必要な事項を定めることを目的とする。

(定義)

第二条 この規程で使用する用語の意義は、条例で使用する用語の例による。

(公開の請求)

第三条 条例第八条に規定する請求は、情報公開請求書(別記第一号様式)により行うものとする。

2 条例第八条第一項第三号に規定する実施機関が定める事項は、次の各号に掲げる事項とする。

 請求者の区分

 条例第五条第三号に規定する者にあっては、勤務先の名称及び所在地

 条例第五条第四号に規定する者にあっては、学校の名称及び所在地

 条例第五条第五号に規定するものにあっては、請求の理由

 請求の区分

(可否決定通知書等)

第四条 条例第九条第一項及び第二項に規定する通知は、可否決定通知書(別記第二号様式)により行うものとする。

2 条例第九条第三項に規定する通知は、却下通知書(別記第二号様式の二)により行うものとする。

(追加…二五年一号)

3 条例第九条の二第二項に規定する通知は、決定期間延長通知書(別記第三号様式)により行うものとする。

(一項繰下…二五年一号)

4 条例第九条の二第三項に規定する通知は、決定期間特例延長通知書(別記第三号様式の二)により行うものとする。

(一項繰下…二五年一号)

(第三者保護に関する手続)

第四条の二 条例第九条の四第一項及び第二項に規定する実施機関が定める事項は、回答期限、照会の内容その他必要な事項とする。

2 議長は、条例第九条の四第一項又は第二項の規定により第三者に意見書を提出する機会を与える場合は、意見照会書(別記第四号様式)により通知するものとする。

3 議長は、条例第九条の四第三項の規定により、意見書の提出の機会を与えられた第三者から当該第三者に関する情報の公開に反対の意思を表示した意見書(以下「反対意見書」という。)が提出された場合において、当該反対意見書に係る公文書の全部又は一部について公開の決定をしたときは、当該決定に係る可否決定告知書(別記第五号様式)により当該第三者に通知するものとする。

(公開の方法等)

第五条 条例第十条に規定する公文書の公開は、議長が指定する日時及び場所において、関係職員の立会いのもとに行うものとする。

2 前項の場合において、公文書を閲覧し、又は視聴する者は、当該公文書の記録を汚損し、又は破損することがないよう丁寧に取り扱わなければならない。

3 議長は、前二項の規定に違反した者又は違反するおそれがあると認められる者に対しては、閲覧及び視聴を中止させ、又は禁止することができる。

(意見伺をした旨の通知)

第五条の二 議長は、条例第十一条の二の規定により通知する場合は、審査会意見伺通知書(別記第六号様式)により行うものとする。

(費用負担)

第五条の三 条例第十二条第二項に規定する公文書の写しの送付に要する費用は、当該写しの送付に要する郵便料金相当額とする。

(追加…二五年一号)

(公文書の検索資料)

第六条 条例第十四条に規定する公文書の検索に必要な資料は文書分類表とする。

2 前項の資料は、議長が指定する場所に備え置くものとする。

(その他)

第七条 この規程の施行について、必要な事項は、議長が別に定める。

附 則

この規程は、平成十九年二月一日から施行する。

附 則(平成二五年議会訓令甲第一号)

この訓令は、平成二十五年十一月二十五日から施行する。ただし、第五条の二の次に一条を加える改正規定は、平成二十六年一月一日から施行する。

附 則(平成二八年議会訓令甲第二号)

この訓令は、平成二十八年四月一日から施行する。

別記第1号様式(第3条関係)

画像

別記第2号様式(第4条関係)

(改正…28年2号)

画像

別記第2号様式の2(第4条関係)

(改正…28年2号)

画像

別記第3号様式(第4条関係)

画像

別記第3号様式の2(第4条関係)

画像

別記第4号様式(第4条の2関係)

画像画像

別記第5号様式(第4条の2関係)

(改正…28年2号)

画像

別記第6号様式(第5条の2関係)

(一部改正…28年2号)

画像

渋谷区情報公開条例施行規程

平成19年1月31日 議会訓令甲第1号

(平成28年4月1日施行)