○渋谷区障害支援区分判定等審査会の委員の定数等を定める条例施行規則

平成一八年三月三一日

規則第四九号

(趣旨)

第一条 この規則は、渋谷区障害支援区分判定等審査会の委員の定数等を定める条例(平成十八年渋谷区条例第三号)の施行について、必要な事項を定めるものとする。

(一部改正…二六年二六号)

(会長及び副会長)

第二条 渋谷区障害支援区分判定等審査会(以下「審査会」という。)には、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律施行令(平成十八年政令第十号。以下「令」という。)第六条に規定する会長(以下「会長」という。)のほか、副会長を置く。

(一部改正…二五年八号・二六年二六号)

2 副会長は、委員の互選により定める。

(合議体の設置)

第三条 令第八条に規定する合議体(以下「合議体」という。)の数は、二以内とする。

(合議体の委員の定数等)

第四条 一の合議体を構成する委員の定数は、五人とする。

2 会長は、必要があると認めるときは、委員を複数の合議体に所属させることができる。

(合議体の所属の変更)

第五条 会長は、必要があると認めるときは、各合議体の委員の所属の変更を行うことができる。

(合議体の委員長及び副委員長)

第六条 各合議体に委員長一人、副委員長一人を置き、当該合議体を構成する委員の互選により定める。

2 委員長は、合議体の議事を整理する。

3 委員長に事故があるときは、副委員長が、その職務を代理する。

4 合議体の議事は、委員長を含む出席委員の過半数をもって決し、可否同数のときは、委員長の決するところによる。

(合議体の招集)

第七条 合議体は、各委員長が招集する。

(審査会の非公開)

第八条 審査会の会議は、原則として非公開とする。

(委任)

第九条 この規則の施行について、必要な事項は、区長が別に定める。

附 則

この規則は、平成十八年四月一日から施行する。

附 則(平成二五年規則第八号)

この規則は、平成二十五年四月一日から施行する。

附 則(平成二六年規則第二六号)

この規則は、平成二十六年四月一日から施行する。

渋谷区障害支援区分判定等審査会の委員の定数等を定める条例施行規則

平成18年3月31日 規則第49号

(平成26年4月1日施行)