○渋谷区ふれあい植物センター条例施行規則

平成17年3月31日

規則第50号

(趣旨)

第1条 この規則は、渋谷区ふれあい植物センター条例(平成16年渋谷区条例第39号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(みどりのボランティアの設置)

第2条 渋谷区ふれあい植物センター(以下「ふれあい植物センター」という。)を区民に親しまれる施設にするとともに、区内の緑化の推進、普及及び啓発に寄与することを目的として、みどりのボランティアをふれあい植物センターに置く。

(みどりのボランティアの定義)

第3条 みどりのボランティアとは、自らの意思に基づき、ふれあい植物センターにおける各種事業に主体的に協力する者をいう。

(みどりのボランティアの活動内容等)

第4条 みどりのボランティアの活動内容その他必要な事項については、区長が別に定める。

(入園券等)

第5条 ふれあい植物センターに入園しようとする者(条例別表の規定による年間入園券(以下「年間入園券」という。)を提示する者を除く。)は、条例第6条に規定する入園料の納付と引換えに、入園券(別記第1号様式)の交付を受けなければならない。

2 年間入園券は、別記第2号様式のとおりとする。

3 年間入園券の交付を受けた者が、ふれあい植物センターに入園しようとするときは、年間入園券を提示しなければならない。

(入園料の還付)

第6条 条例第7条ただし書の規定により入園料の還付をすることができる場合は、災害その他の事故により入園できなくなったときとし、還付する額は全額とする。ただし、年間入園料については還付しない。

2 前項本文の規定により入園料の還付を受けようとする者は、入園券を返却しなければならない。

(入園料を免除できる者)

第7条 条例第8条第4号の区規則で定める者は、別表に定める渋谷区清掃工場周辺地域に住所を有する者とする。

(入園料の免除手続)

第8条 条例第8条の規定により入園料の免除を受けようとする者は、区長にそれぞれ次の各号に掲げる書類等を提示し、その承認を受けなければならない。

(1) 条例第8条第1号に該当する者 身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳又は愛の手帳

(2) 条例第8条第2号に該当する者 年齢を証する書類

(3) 条例第8条第3号に該当する者 学校長が入園を依頼する文書

(4) 前条の規定による渋谷清掃工場周辺地域に住所を有する者 住所を証する書類

2 前項の承認を受けた者は、入園料免除券交付申請書(別記第3号様式)を区長に提出することにより、入園料免除券(別記第4号様式)の交付を受けることができる。

3 第1項の規定にかかわらず、前項の規定により入園料免除券の交付を受けた者は、ふれあい植物センターの入園に際して入園料免除券を提示することにより、第1項に規定する手続を省略することができる。

4 入園料免除券の有効期間は、発行の日から1年間とする。

5 有効期間が終了した入園料免除券は、速やかに区長に返却しなければならない。

(委任)

第9条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、区長が定める。

附 則

1 この規則は、平成17年4月1日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

2 ふれあい植物センターの開園に関して必要な手続等は、この規則の施行の日前においても行うことができる。

別表(第7条関係)

渋谷清掃工場周辺地域

広尾一丁目1番から6番まで、13番から16番まで、広尾三丁目、渋谷二丁目2番から3番まで、渋谷三丁目1番から28番まで、渋谷四丁目、東一丁目、東二丁目、東三丁目3番から27番まで、東四丁目

別記第1号様式(第5条関係)

画像

別記第2号様式(第5条関係)

画像

別記第3号様式(第8条関係)

画像

別記第4号様式(第8条関係)

画像

渋谷区ふれあい植物センター条例施行規則

平成17年3月31日 規則第50号

(平成17年4月1日施行)