○渋谷区立社会教育館条例施行規則

昭和五〇年一〇月二四日

教規則第一〇号

(目的)

第一条 この規則は、渋谷区立社会教育館条例(昭和五十年渋谷区条例第四十九号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(改正…五五年二号)

(利用者の範囲)

第二条 渋谷区立社会教育館(以下「社会教育館」という。)を利用できるものは、次のとおりとする。

(一部改正…元年三号・九年四号)

(一条繰上…元年三号)

 区内に住所を有する者

 区内の事業所又は事務所に勤務する者

 区内の学校に在学する者

 前三号に規定する者を主な構成員とする団体

(追加…九年四号)

2 前項の規定にかかわらず、渋谷区教育委員会(以下「教育委員会」という。)が特に認めたものは、社会教育館を利用することができる。

(追加…九年四号)

(団体登録)

第三条 社会教育館を利用しようとする団体は、あらかじめ教育委員会に団体登録をしなければならない。

(追加…九年四号)

(利用申請手続等)

第四条 社会教育館(展示室を除く。)を利用しようとする団体は、別表に定める区分ごとに、同表に定める申込み期間内に、区が提供する施設予約システム(以下「予約システム」という。)により、利用の申請を行わなければならない。

(本条全部改正…二六年二二号)

2 教育委員会は、別表に定める抽選申込み期間内に申請があったときは、予約システムによる抽選により利用予定者を決定するものとする。

3 前項に規定する利用予定者は、別表に定める区分ごとに、同表に定める利用確認期間内に、予約システムにより利用確認手続をしなければならない。この場合において、当該期間内に利用確認手続をしないときは、当該利用日に係る社会教育館の利用の権利を失う。

4 教育委員会は、別表に定める随時申込み期間内に申請があったときは、先着順により利用者を決定するものとする。

5 展示室を利用しようとする場合は、利用日の四月前から、展示室利用申請書(別記第一号様式)を教育委員会に提出し、利用の承認を受けなければならない。

6 展示室は、利用する日の三月前までに利用の申請がない場合は、学習室として利用することができる。

7 談話室、図書室兼資料室及び当日利用されていない体育室、学習室その他施設は、随時利用することができる。

8 前各項の規定にかかわらず、教育委員会が必要があると認めたときは、別に教育委員会が定める手続により社会教育館の利用の申請を受けることができる。

(利用の承認)

第五条 教育委員会は、前条第二項に規定する利用予定者が同条第三項に規定する利用確認手続をしたときは、予約システムにより利用の承認をするものとする。

(本条全部改正…二六年二二号)

2 教育委員会は、前条第四項の規定により利用者を決定したときは、予約システムにより利用の承認をするものとする。

3 教育委員会は、前条第五項の規定による申請があったときは、その適否を審査のうえ、承認する者に対し速やかに、展示室利用承認書(別記第二号様式)を交付しなければならない。

4 前三項の規定にかかわらず、教育委員会が必要があると認めたときは、別に教育委員会が定める手続により社会教育館の利用の承認を行うことができる。

(利用権の譲渡及び転貸の禁止)

第六条 利用の承認を受けた者は、権利を他人に譲渡し、又は転貸してはならない。

(一条繰上…元年三号、一条繰下…九年四号、一条繰上…二六年二二号)

(利用時間)

第七条 利用時間の区分は、次のとおりとする。

(一条繰上…元年三号、一条繰下…九年四号、一条繰上…二六年二二号)

 午前 午前九時から午前十二時まで

 午後 午後一時から午後五時まで

 夜間 午後六時から午後九時まで

(一部改正…二四年八号)

2 前項第二号の規定にかかわらず、千駄ケ谷社会教育館の音楽学習室兼体育室の午後の利用時間の区分は、次のとおりとする。

(本項全部改正…二年二号)

 午後一部 午後一時から午後三時まで

 午後二部 午後三時三十分から午後五時三十分まで

3 前二項の利用時間は、準備及び原状回復の時間を含むものとする。

(一部改正・一項繰下…六二年二号、一部改正…二六年二二号)

(委任)

第八条 この規則の施行について必要な事項は、教育長が定める。

(追加…九年四号、一条繰上…二六年二二号)

附 則

この規則は、昭和五十年十一月一日から施行する。

附 則(昭和五五年教規則第二号)

この規則は、昭和五十五年三月一日から施行する。

附 則(昭和五五年教規則第六号)

この規則は、昭和五十五年九月一日から施行する。

附 則(昭和六二年教規則第二号)

この規則は、昭和六十二年一月五日から施行する。

附 則(平成元年教規則第三号)

この規則は、平成元年四月一日から施行する。

附 則(平成二年教規則第二号)

1 この規則は、平成二年四月一日から施行する。

2 改正後の東京都渋谷区立社会教育館条例施行規則の規定は、平成二年六月一日以降の利用について適用する。

附 則(平成二年教規則第五号)

この規則は、平成二年十月一日から施行する。

附 則(平成九年教規則第四号)

1 この規則は、平成九年四月一日から施行する。

2 この規則の施行前に、改正前の東京都渋谷区立社会教育館条例施行規則の規定によりされた手続その他の行為は、改正後の東京都渋谷区立社会教育館条例施行規則の規定によりされた手続その他の行為とみなす。

附 則(平成一〇年教規則第一三号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成二〇年教規則第六号)

1 この規則は、平成二十年四月一日から施行する。

2 改正前の渋谷区立社会教育館条例施行規則に規定する様式による用紙で、現に残存するものは、所要の修正を加え、なお使用することができる。

附 則(平成二四年教規則第八号)

1 この規則は、平成二十四年七月一日から施行する。

2 改正前の渋谷区立社会教育館条例施行規則に規定する様式による用紙で、現に残存するものは、所要の修正を加え、なお使用することができる。

附 則(平成二六年教規則第二二号)

1 この規則は、平成二十六年八月一日から施行する。

2 この規則による改正後の渋谷区立社会教育館条例施行規則(以下「改正後の規則」という。)第四条第一項から第四項まで並びに第五条第一項及び第二項の規定は、平成二十六年十一月一日以後の利用について適用する。

3 この規則による改正後の規則第四条第五項及び第六項並びに第五条第三項の規定は、平成二十六年十二月一日以後の利用について適用する。

4 社会教育館の使用に関して必要な手続等は、この規則の施行の日前においても行うことができる。

別表(第四条関係)

(追加…二六年二二号)

登録区分

登録要件

申込み期間

利用確認期間

抽選申込み期間

随時申込み期間

区民団体1

十人以上で構成され、代表者及び構成員全員が区内在住者であること

利用日の三月前の日の属する月の一日から三日まで及び八日から十日まで

利用日の三月前の日の属する月の十五日から利用日の前日まで

利用日の三月前の日の属する月の五日から七日まで及び十二日から十四日まで

区民団体2

次の要件を満たすもの

(1) 代表者が区内在住者であること

(2) 五人以上で構成され、構成員の二分の一以上の者が区内に在住する者であること

利用日の三月前の日の属する月の八日から十日まで

利用日の三月前の日の属する月の十七日から利用日の前日まで

利用日の三月前の日の属する月の十二日から十四日まで

区民団体3

次の要件を満たすもの

(1) 代表者が区内在住者であること

(2) 五人以上で構成され、構成員の二分の一以上の者が区内に在住、在勤又は在学する者であること

利用日の三月前の日の属する月の八日から十日まで

利用日の三月前の日の属する月の十八日から利用日の前日まで

利用日の三月前の日の属する月の十二日から十四日まで

区内団体

次の要件を満たすもの

(1) 代表者が区内に在勤又は在学する者であること

(2) 五人以上で構成され、構成員の二分の一以上の者が区内に在住、在勤又は在学する者であること

利用日の三月前の日の属する月の二十日から利用日の前日まで

備考 この表において、「代表者」とは、十六歳以上の者をいう。

別記第1号様式(第4条関係)

(改正…26年22号)

画像

別記第2号様式(第5条関係)

(改正…26年22号)

画像

渋谷区立社会教育館条例施行規則

昭和50年10月24日 教育委員会規則第10号

(平成26年8月1日施行)

体系情報
第15章 育/第7節 社会教育
沿革情報
昭和50年10月24日 教育委員会規則第10号
昭和55年1月10日 教育委員会規則第2号
昭和55年7月24日 教育委員会規則第6号
昭和62年1月5日 教育委員会規則第2号
平成元年3月23日 教育委員会規則第3号
平成2年3月22日 教育委員会規則第2号
平成2年9月21日 教育委員会規則第5号
平成9年3月27日 教育委員会規則第4号
平成10年3月19日 教育委員会規則第13号
平成20年3月31日 教育委員会規則第6号
平成24年3月30日 教育委員会規則第8号
平成26年7月24日 教育委員会規則第22号