○渋谷区立峰の原青少年山の家条例

昭和五六年一〇月五日

条例第三七号

(設置)

第一条 豊かな自然環境の中で心身ともに健全な青少年の育成を図るため、渋谷区立峰の原青少年山の家(以下「青少年山の家」という。)を長野県須坂市大字仁礼字峰の原に設置する。

(使用者の範囲)

第二条 青少年山の家を使用できるものは、次のとおりとする。

(一部改正…九年二九号)

 区内に住所を有し、区内の事業所若しくは事務所に勤務し、又は区内の学校に在学する青少年

(一部改正…九年二九号)

 区内に住所を有する青少年を主たる構成員とする団体及びその指導者

 区内に住所を有し、区内の事業所若しくは事務所に勤務し、又は区内の学校に在学する者で青少年以外のもの

(一部改正…九年二九号)

 前三号に掲げるもののほか、区長が特に認めたもの

(一部改正…九年二九号・一七年二九号)

(使用の申請及び承認)

第三条 青少年山の家を使用しようとするものは、あらかじめ区長に申請し、その承認を受けなければならない。

(一部改正…九年二九号・一七年二九号)

2 使用の申請及び承認に関する手続は、区規則で定める。

(一部改正…九年二九号・一七年二九号)

(使用の不承認)

第四条 区長は、前条第一項の申請が次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、その使用を承認しない。

(一部改正…九年二九号・一七年二九号)

 青少年の健全な育成を阻害するおそれがあるとき。

 風紀秩序を乱すおそれがあるとき。

 公益上又は管理上支障があるとき。

(使用期間)

第五条 青少年山の家は、同一人が引き続き三泊四日を超えて使用することができない。ただし、区長が特に必要と認めたときは、使用期間を延長することができる。

(一部改正…一七年二九号)

(休業日)

第六条 青少年山の家の休業日は、次のとおりとする。ただし、区長が特に必要と認めたときは、これを変更し、又は臨時に休業日を定めることができる。

(一部改正…一七年二九号)

 毎月第二水曜日の属する週の水曜日及び木曜日(一月、二月及び八月を除く。)

(一部改正…九年二九号)

 毎月第四水曜日の属する週の水曜日及び木曜日(三月、七月及び十二月を除く。)

(一部改正…九年二九号)

(使用料等)

第七条 青少年山の家の使用料は、別表のとおりとする。

(一部改正…九年二九号・一七年四九号・二四年一八号)

2 青少年山の家の使用に係る食事料は、区規則で定める。

(一部改正…一七年二九号)

3 第一項の使用料及び前項の食事料は、青少年山の家の使用開始の際に納付しなければならない。

(一部改正…一七年四九号・二四年一八号)

4 既に納付した使用料及び食事料は、還付しない。ただし、区長が特別の理由があると認めたときは、この限りでない。

(一部改正…一七年二九号・一七年四九号・二四年一八号)

(超過使用に係る使用料等)

第八条 交通機関の不通その他やむを得ない理由により青少年山の家の使用承認期間を超えて使用することとなつたときは、区長は、その超えて使用することとなつた期間に係る使用料及び食事料を徴収しないことができる。

(一部改正…一七年二九号・一七年四九号・二四年一八号)

(権利譲渡等の禁止)

第九条 青少年山の家の使用の承認を受けたものは、使用の権利を譲渡し、又は転貸してはならない。

(一部改正…九年二九号)

(使用承認の取消し等)

第十条 区長は、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、使用の承認を取り消し、又は使用を制限し、若しくは停止することができる。

(一部改正…九年二九号・一七年二九号・二四年一八号)

 この条例に違反し、又は区長の指示に従わないとき。

(一部改正…一七年二九号)

 使用承認を受けたのち、第四条各号のいずれかに該当することとなつたとき。

(一部改正…二四年一八号)

(損害賠償)

第十一条 青少年山の家の施設又は設備等に損害を与えたものは、区長が相当と認める損害額を賠償しなければならない。ただし、区長がやむを得ないと認めたときは、その額を減免することができる。

(一部改正…九年二九号・一七年二九号)

(委任)

第十二条 この条例の施行について必要な事項は、区規則で定める。

(一部改正…一七年二九号)

附 則

この条例は、教育委員会規則で定める日から施行する。

(五六年教規則九号 五六・一一・一施行)

附 則(平成九年条例第二九号)

1 この条例は、平成九年四月一日から施行する。

2 改正後の東京都渋谷区立峰の原青少年山の家条例第七条第一項の規定は、平成九年六月一日以後の日を宿泊の初日とする宿泊に係る使用料について適用する。

附 則(平成一七年条例第二九号)

1 この条例は、平成十七年四月一日から施行する。

2 この条例の施行前に、改正前の渋谷区立峰の原青少年山の家条例の規定によりなされた承認の申請その他の行為(以下「申請等の行為」という。)又は承認等の処分その他の行為(以下「処分等の行為」という。)は、改正後の渋谷区立峰の原青少年山の家条例の規定によりなされた申請等の行為又は処分等の行為とみなす。

附 則(平成一七年条例第四九号)

1 この条例は、公布の日から施行する。

2 改正後の渋谷区立峰の原青少年山の家条例の規定は、平成十七年七月一日以後の日を宿泊の初日とする宿泊に係る使用料及び食事料について適用し、同年六月三十日以前の日を宿泊の初日とする宿泊に係る使用料及び食事料については、なお従前の例による。

3 この条例の公布の日前に既に納付された平成十七年七月一日以後の日を宿泊の初日とする宿泊に係る使用料については、還付することができる。

附 則(平成二四年条例第一八号)

1 この条例は、平成二十四年四月一日から施行する。

2 改正後の渋谷区立峰の原青少年山の家条例の規定は、平成二十四年七月一日以後の日を宿泊の初日とする宿泊に係る使用料について適用し、同年六月三十日以前の日を宿泊の初日とする宿泊に係る使用料については、なお従前の例による。

別表(第七条関係)

(追加…二四年一八号)

使用区分

使用者

使用料

区民

無料

区民以外の者

十五歳以上の者

一人一泊につき 二、〇〇〇円

四歳以上十五歳未満の者

一人一泊につき 八〇〇円

四歳未満の者

無料

備考 この表において、区民とは区内に住所を有する者をいう。

渋谷区立峰の原青少年山の家条例

昭和56年10月5日 条例第37号

(平成24年4月1日施行)