○渋谷区立学校施設使用条例

平成九年三月三一日

条例第二七号

東京都渋谷区立学校設備使用条例(昭和二十三年東京都渋谷区条例第十一号)の全部を改正する。

(趣旨)

第一条 この条例は、学校教育法(昭和二十二年法律第二十六号)第百三十七条の規定に基づき渋谷区立学校の施設(以下「学校施設」という。)を社会教育等のために使用させる場合に関し、必要な事項を定めるものとする。

(一部改正…一九年三五号)

(使用の手続)

第二条 学校施設を使用しようとする者は、渋谷区教育委員会(以下「教育委員会」という。)に申請し、その承認を受けなければならない。

2 教育委員会は、前項の承認に際し、管理上必要があると認めたときは、条件を付することができる。

(使用の不承認)

第三条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、学校施設の使用を承認しない。

 営利を目的として使用するとき。

 その他管理上支障があるとき。

(使用料)

第四条 使用の承認を受けた者(以下「使用者」という。)は、別表に定める使用料を前納しなければならない。

2 教育委員会は、学校施設のうち温水プールを個人使用しようとする者に対して、前項の使用料の額から一割以内の割引をした額をもって、回数使用券を発行することができる。

(使用料の減免)

第五条 教育委員会は、特別の理由があると認めたときは、使用料を減額し、又は免除することができる。

(区民無料公開)

第六条 教育委員会は、特定の日に温水プールを無料で公開し、区内に住所を有する者に限り使用させることができる。

(使用料の不還付)

第七条 既に納めた使用料は、還付しない。ただし、教育委員会が特別の理由があると認めたときは、その全部又は一部を還付することができる。

(使用承認の取消し等)

第八条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、使用の承認を取り消し、又は使用を停止し、若しくは制限することができる。

 使用目的又は使用条件に違反したとき。

 この条例に違反し、又は教育委員会の指示に従わないとき。

 その他管理上支障が生じたとき。

(権利譲渡等の禁止)

第九条 使用者は、使用の権利を譲渡し、又は転貸してはならない。

(原状回復義務)

第十条 使用者は、学校施設の使用を終了したとき又は第八条の規定により使用の承認を取り消されたとき若しくは使用を停止されたときは、直ちに学校施設を原状に回復しなければならない。

(損害賠償)

第十一条 使用者は、その学校施設に損害を与えたときは、教育委員会が相当と認める損害額を賠償しなければならない。ただし、教育委員会がやむを得ないと認めたときは、その額を減額し、又は免除することができる。

(委任)

第十二条 この条例の施行について必要な事項は、教育委員会が定める。

(一条繰上…一七年五四号)

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成九年五月一日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正前の東京都渋谷区立学校設備使用条例の規定による使用の承認及びその申請は、この条例の規定に基づいてしたものとみなす。

附 則(平成一七年条例第五四号)

この条例は、平成十八年四月一日から施行する。

附 則(平成一九年条例第三五号)

この条例は、教育委員会規則で定める日から施行する。

(一九年教規則一六号 一九・一二・二六施行)

別表(第四条関係)

一 体育館等使用料

施設の種類

回数

入場料、会費等を徴収しない場合

入場料、会費等を徴収する場合

昼間(五時間以内)

夜間

昼間(五時間以内)

夜間

体育館

一回

二五〇円

三〇〇円

四〇〇円

五〇〇円

教室(一教室)

一回

一〇〇円

二〇〇円

二五〇円

三五〇円

校庭

一回

二〇〇円

三〇〇円

三五〇円

四五〇円

備考

一 使用時間は、午前八時から午後五時までを昼間とし、午後五時から午後十時までを夜間とする。

二 昼間の使用時間が五時間を超えるときの使用料は、超過時間一時間(一時間未満の時間は、一時間とする。)につき、規定使用料の二割を増した額とする。

三 映画会等のために特別の設備を使用する場合は、規定使用料のほか、相応の実費を徴収する。

二 温水プール使用料

(一) 個人使用

使用者

使用単位

使用料

一般

二時間

四〇〇円

小学生・中学生

二時間

一〇〇円

備考

一 学齢に達しない者は、無料とする。

二 管理上支障のない限り、使用単位時間を超えて使用を承認することができる。この場合の使用料は、超過時間一時間(一時間未満の時間は、一時間とする。)につき、規定使用料の二分の一相当額とする。

(二) 貸切り使用

使用単位時間

午前九時三十分から午前十一時三十分まで

午前十一時四十五分から午後一時四十五分まで

午後二時十五分から午後四時十五分まで

午後四時三十分から午後六時三十分まで

午後六時四十五分から午後八時四十五分まで

午前九時三十分から午後八時四十五分まで

使用料

一一、八〇〇円

一一、八〇〇円

一四、七〇〇円

一四、七〇〇円

一七、六〇〇円

七〇、六〇〇円

備考

一 二以上の使用単位を引き続き使用するときの使用料は、各使用単位の使用料の合計額とする。

二 プールは、コース単位に分割して使用できる。この場合の使用料は、規定使用料の分割相当額(その額に百円未満の端数を生じるときは、当該端数金額を切り捨てた額)とする。

渋谷区立学校施設使用条例

平成9年3月31日 条例第27号

(平成19年12月26日施行)