○住居表示に関する条例施行規則

昭和三八年七月一六日

規則第一七号

(目的)

第一条 この規則は、住居表示に関する条例(昭和三十八年渋谷区条例第二十五号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めることを目的とする。

(住居表示を必要とする建築物等)

第二条 条例第三条第一項に規定する住居表示を必要とする建物その他の工作物は、別表に掲げるもののほか、住居表示を必要とする建物その他の工作物については、区長の認定により定めることができる。

(追加…二九年二一号)

(新築又は新設の届出)

第三条 条例第三条第一項による届出は、別記第一号様式による。

(一条繰下…二九年二一号)

(付定、変更及び廃止の申出)

第四条 条例第三条第二項による申出は、申出書(別記第二号様式)によるものとする。

(追加…二九年二一号)

(通知)

第五条 条例第二条及び第三条第四項による通知は、別記第三号様式による。

(一部改正・二条繰下…二九年二一号)

(住居表示の実施に伴う証明)

第六条 住居表示に関する法律(昭和三十七年法律第百十九号。以下「法」という。)第三条第一項及び第二項の規定による住居表示の実施に伴う証明の申請は、申請書(別記第四号様式)によるものとする。

(本条追加…二九年二一号)

2 区長は、前項の規定による証明の申請があつたときは、証明書(別記第五号様式)を交付するものとする。

(住居番号表示板)

第七条 条例第四条第二項の規定による住居番号の表示様式は、別記第六号様式による。

(一部改正・三条繰下…二九年二一号)

(委任)

第八条 この規則の施行に関し必要な事項は、区長が定める。

(追加…二九年二一号)

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和四五年規則第一六号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和五三年規則第九二号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和五六年規則第二六号)

この規則は、昭和五十六年五月一日から施行する。

附 則(平成一〇年規則第六六号)

この規則は、平成十一年一月一日から施行する。

附 則(平成二九年規則第二一号)

1 この規則は、平成二十九年四月一日から施行する。

2 この規則の施行の際、この規則による改正前の住居表示に関する条例施行規則の様式による用紙で、現に残存するものは、所要の修正を加え、なお使用することができる。

別表(第二条関係)

(追加…二九年二一号)

住居表示を必要とする建物その他の工作物

専用住宅用建物

併用住宅用建物

アパート、ホテル及び簡易宿泊施設用建物

旅館及び料亭用建物

待合用建物

店舗及び百貨店用建物

劇場及び映画館用建物

キャバレー及びダンスホール用建物

遊戯場用建物

浴場用建物

病院用建物

事務所及び銀行用建物

工場用建物

倉庫用建物

市場用建物

学校(各種学校を含む。)及び研究所用建物

集会場

官公署用建物

宗教用建物

公共の用に供する建物

公園等の施設

車庫及び路外駐車場

鉄道用建物

地下街等施設

別記第1号様式(第3条関係)

(改正…29年21号)

画像

別記第2号様式(第4条関係)

(改正…29年21号)

画像

別記第3号様式(第5条関係)

(改正…29年21号)

画像

別記第4号様式(第6条関係)

(追加…29年21号)

画像

別記第5号様式(第6条関係)

(追加…29年21号)

画像

別記第6号様式(第7条関係)

(追加…29年21号)

画像

住居表示に関する条例施行規則

昭和38年7月16日 規則第17号

(平成29年4月1日施行)