○渋谷区立勤労福祉会館条例

昭和五四年九月二九日

条例第一九号

(目的)

第一条 主として中小企業に働く勤労者の教養及び福祉の向上を図るため、渋谷区立勤労福祉会館(以下「会館」という。)を東京都渋谷区神南一丁目一九番八号に設置する。

(事業)

第二条 会館は、前条に定める目的を達成するため、次の事業を行う。

 会館施設を利用しての勤労者の教養の向上及び健康の増進に必要な事業

 前号に掲げるもののほか、区長が必要と認める事業

(会館施設)

第三条 会館に置く施設は、別表のとおりとする。

(開館時間)

第四条 開館時間は、午前九時から午後九時までとする。ただし、区長は、必要によりこれを変更することができる。

(一部改正…二四年一一号)

(休館日)

第五条 会館の休館日は、次のとおりとする。ただし、区長が特に必要と認めたときは、これを変更し、又は臨時に休館日を定めることができる。

 月曜日及び毎月第二日曜日

(改正…元年五号)

 十二月二十九日から翌年一月三日までの日

(改正…元年五号)

(使用の手続)

第六条 会館施設を使用しようとする者は、区長の承認を受けなければならない。

(一部改正…元年五号)

(使用料)

第七条 会館施設の使用料は、別表に定める額とし、使用承認の際に徴収する。

(一部改正…元年五号)

(使用料の減額)

第八条 区長は、次の各号の一に該当するときは、前条に規定する使用料を減額することができる。

(一部改正…元年五号)

(本条追加…五六年二四号)

 国又は地方公共団体が、第一条に規定する目的のため使用するとき。

 その他区長が特に必要と認めたとき。

2 前項の規定により減額することのできる額は、使用料の五割相当額とする。

(一部改正…元年五号)

(使用料の免除)

第九条 区長は、次の各号の一に該当するときは、第七条に規定する使用料を免除することができる。

(本条追加…五六年二四号)

 区が第一条に規定する目的のため使用するとき。

 区内に勤務し、又は住所を有する中小企業の勤労者によつて構成された団体及びこれに準ずる団体が、区規則に定めるところにより使用するとき。

 その他区長が特に必要と認めたとき。

(使用料の不還付)

第十条 既納の使用料は、還付しない。ただし、区長が特別の事情があると認めたときは、その全部又は一部を還付することができる。

(二条繰下…五六年二四号)

(使用権の譲渡禁止)

第十一条 使用者は、使用の権利を譲渡し、又は転貸してはならない。

(二条繰下…五六年二四号)

(禁止行為)

第十二条 使用者は、会館において次の行為をしてはならない。ただし、あらかじめ区長の承認を受けたときは、この限りでない。

(本条全部改正…五六年二四号)

 会館施設に特別の設備又は変更を加えること。

 広告物等を掲げること。

 物品販売又は業として写真撮影を行うこと。

 前各号のほか、会館管理上支障があると認められる行為をすること。

(使用承認の取消し等)

第十三条 次の各号の一に該当するときは、区長は、使用の承認を取り消し、又は使用の停止をすることができる。

 使用の目的に違反したとき。

 この条例又は区長の指示に違反したとき。

 災害その他の事故により会館施設の使用ができなくなつたとき。

 工事その他の都合により区長が特に必要と認めたとき。

(二条繰下…五六年二四号)

(原状回復の義務)

第十四条 使用者は、使用を終了したときは、使用した設備を原状に回復しなければならない。前条の規定により使用の承認を取り消され、又は使用を停止されたときもまた同様とする。

(二条繰下…五六年二四号)

(損害賠償の義務)

第十五条 使用者は、会館設備をき損したり、無断で変更を加えた場合は、区長が相当と認める損害額を賠償しなければならない。ただし、区長がやむを得ない理由があると認めたときは、その額を減額し、又は免除することができる。

(二条繰下…五六年二四号)

(委任)

第十六条 この条例の施行について必要な事項は、区規則で定める。

(二条繰下…五六年二四号)

附 則

1 この条例は、昭和五十四年十月一日から施行する。

2 この条例の施行の日前に、東京都勤労福祉会館条例(昭和四十四年東京都条例第三十二号)により承認を受けた昭和五十四年十月一日以後の使用については、第六条の承認を受けたものとみなす。

附 則(昭和五六年条例第二四号)

1 この条例は、昭和五十六年六月一日から施行する。

2 この条例の施行の際、現に使用の承認を受けているものにあつては、なお従前の例による。

附 則(昭和六〇年条例第一一号)

1 この条例は、昭和六十年四月一日から施行する。

2 改正後の東京都渋谷区立勤労福祉会館条例別表の規定は、次の各号に掲げる種別につき当該各号に掲げる日以後の使用について適用する。

 体育館で貸切りでない場合、トレーニング室で貸切りでない場合及び卓球室(卓球設備を含む。) 昭和六十年四月一日

 集会室及びトレーニング室で貸切りの場合 昭和六十年六月一日

 体育館で貸切りの場合 昭和六十年十月一日

附 則(平成元年条例第五号)

この条例は、平成元年四月一日から施行する。

附 則(平成九年条例第一四号)

1 この条例は、平成九年四月一日から施行する。

2 改正後の東京都渋谷区立勤労福祉会館条例別表の規定は、次の各号に掲げる種別につき、当該各号に定める日以後の使用に係る使用料について適用する。

 体育館で貸切りでない場合、トレーニング室で貸切りでない場合及び卓球室(卓球設備を含む。) 平成九年四月一日

 集会室及びトレーニング室で貸切りの場合 平成九年六月一日

 体育館で貸切りの場合 平成九年十月一日

附 則(平成二四年条例第一一号)

この条例は、平成二十四年七月一日から施行する。

別表(第三条、第七条関係)

(一部改正…六〇年一一号・元年五号・九年一四号・二四年一一号)

種別

使用単位

使用料

集会室

第一洋室

午前

四、五〇〇円

午後

七、二〇〇円

夜間

七、二〇〇円

第二洋室

午前

二、四〇〇円

午後

四、〇〇〇円

夜間

四、〇〇〇円

第三洋室

第四洋室

午前

一、四〇〇円

午後

二、〇〇〇円

夜間

二、〇〇〇円

第一和室

午前

一、五〇〇円

午後

二、三〇〇円

夜間

二、三〇〇円

第二和室

午前

一、三〇〇円

午後

一、九〇〇円

夜間

一、九〇〇円

体育館

貸切りの場合

午前

五、八〇〇円

午後

八、七〇〇円

夜間

八、七〇〇円

貸切りでない場合

一人一時間

二〇〇円

トレーニング室

貸切りの場合

午前

一、五〇〇円

午後

一、九〇〇円

夜間

一、九〇〇円

貸切りでない場合

一人一時間

二〇〇円

卓球室

(卓球設備を含む。)

一人一時間

二〇〇円

備考

一 使用単位について、午前とは午前九時から正午までを、午後とは午後一時から五時までを、夜間とは午後五時三十分から午後九時までをいう。

二 使用承認に係る時間を超過して使用した貸切りでない場合の使用料については、当該超過した時間三十分につき(三十分に満たない時間があるときは、三十分とする。)使用料の五割相当額を徴収する。

渋谷区立勤労福祉会館条例

昭和54年9月29日 条例第19号

(平成24年7月1日施行)