○渋谷区立二の平渋谷荘条例

昭和四六年一二月一五日

条例第二二号

(設置)

第一条 区民の健康増進を目的として、自然に親しみ、その心身の保養に資するため、渋谷区立二の平渋谷荘(以下「二の平渋谷荘」という。)を神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平字北畑一、二〇四番地に設置する。

(一部改正…一二年六二号)

(指定管理者による管理)

第二条 二の平渋谷荘の管理は、地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号。以下「法」という。)第二百四十四条の二第三項の規定により、法人その他の団体で区長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に行わせるものとする。

(本条追加…一七年三六号)

2 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

 の平渋谷荘の施設及び設備の維持管理に関すること(区長が指定する修繕を除く。)。

 の平渋谷荘における宿泊及び休憩に係るサービスの提供に関すること。

 の平渋谷荘の利用に係る料金(以下「利用料金」という。)の収受に関すること。

 第四条の規定による利用の承認及び第五条の規定による利用の不承認に関すること。

 第六条ただし書の規定による利用期間の変更、第七条第二項の規定による利用時間の変更及び第八条の規定による休業日の指定に関すること。

 第十一条の規定による利用の承認の取消し、利用の制限及び利用の停止に関すること。

 前各号に掲げるもののほか、区長が必要と認めたこと。

(利用者の範囲)

第三条 二の平渋谷荘を利用できる者は、次のとおりとする。

(一部改正・一条繰下…一七年三六号)

 区内に住所を有する者

 区内の事業所又は事務所に勤務する者

 前二号に掲げる者のほか、区長の承認を得て、指定管理者が特に認める者

(一部改正・…一七年三六号)

(利用の申請及び承認)

第四条 二の平渋谷荘を利用しようとする者は、あらかじめ指定管理者に申請し、その承認を受けなければならない。

(一部改正・一条繰下…一七年三六号)

2 利用の申請及び承認に関する手続は、区規則で定める。

(一部改正・…一七年三六号)

(利用の不承認)

第五条 指定管理者は、前条第一項の申請が次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、その利用を承認しない。

(一部改正…一二年六二号、一部改正・一条繰下…一七年三六号)

 風紀秩序を乱すおそれがあるとき。

 伝染性の疾病にかかつていることが明らかであるとき。

 公益上又は管理上支障があるとき。

 前三号に掲げるもののほか、指定管理者が特に必要があると認めたとき。

(追加…一二年六二号、一部改正…一七年三六号)

(利用期間)

第六条 二の平渋谷荘は、同一人が引き続き二泊三日を超えて利用することができない。ただし、二の平渋谷荘の利用状況等により指定管理者が特に必要と認めた場合は、この限りでない。

(一部改正・一条繰下…一七年三六号)

(利用時間)

第七条 二の平渋谷荘の利用時間は、次のとおりとする。

(本条追加…一七年三六号)

 宿泊を伴う利用の場合 利用開始日の午後二時から最終日の午前十時まで

 休憩のための利用の場合 午前十一時から午後二時まで

2 前項の規定にかかわらず、指定管理者は、必要があると認めたときは、利用時間を変更することができる。

(休業日)

第八条 指定管理者は、設備点検その他の管理運営上必要があると認めるときは、休業日を定めることができる。

(改正…四年二六号、一部改正・二条繰下…一七年三六号)

(利用料金)

第九条 二の平渋谷荘の利用の承認を受けた者(以下「利用者」という。)は、指定管理者に利用料金を支払わなければならない。

(本条追加…一七年三六号)

2 利用料金は、別表に掲げる額の範囲内において、あらかじめ区長の承認を得て、指定管理者が定める。

(一部改正…二二年一三号)

3 利用料金は、利用終了の際に、収受するものとする。

4 利用料金は、指定管理者の収入とする。

(権利譲渡の禁止)

第十条 利用者は、利用の権利を譲渡し、又は転貸してはならない。

(一部改正・二条繰下…一七年三六号)

(利用承認の取消し等)

第十一条 指定管理者は、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは二の平渋谷荘の利用の承認を取り消し、又は利用を制限し、若しくは利用を停止することができる。

(一部改正…一二年六二号、一部改正・二条繰下…一七年三六号)

 この条例又は指定管理者の指示に違反したとき。

(一部改正…一七年三六号)

 利用の承認を受けたのち、第五条各号のいずれかに該当することとなつたとき。

(一部改正…一七年三六号)

(損害賠償)

第十二条 二の平渋谷荘の施設又は備付けの器具を損傷し、又は滅失した者は、区長が相当と認める損害額を賠償しなければならない。ただし、区長は、やむを得ないと認めたときは、これを減免することができる。

(二条繰下…一七年三六号)

(指定管理者の指定の取消し等に伴う特例)

第十三条 区長は、法第二百四十四条の二第十一項及び渋谷区公の施設における指定管理者の指定の手続等に関する条例(平成十七年渋谷区条例第十六号)第十条第一項の規定により、指定管理者の指定を取り消し、又は期間を定めて管理の業務の全部若しくは一部の停止を命じた場合は、必要な限度において、自ら二の平渋谷荘の管理の業務の全部又は一部を行うことができる。

(本条追加…一七年三六号)

2 区長は、前項の規定により、自ら二の平渋谷荘の管理の業務の全部又は一部を行う場合は、新たに指定管理者を指定し、又は当該停止の期間が終了するまでの間は、別表に定める額の範囲内において、使用料を徴収する。

(一部改正…二二年一三号)

3 前項の場合にあつては、第九条第一項及び第三項の規定を準用する。この場合において、第九条第一項中「指定管理者」とあるのは「区長」と、「利用料金」とあるのは「使用料」と、同条第三項中「利用料金」とあるのは「使用料」と読み替えるものとする。

(委任)

第十四条 この条例に定めるもののほか、二の平渋谷荘の管理運営について必要な事項は、区長が定める。

(一条繰下…四年二六号、二条繰下…一七年三六号)

附 則

この条例は、区規則で定める日から施行する。

(四七年規則三号 四七・二・一施行)

附 則(昭和五〇年条例第四四号)

この条例は、昭和五十一年一月一日から施行する。

附 則(昭和五一年条例第九号)

この条例は、昭和五十一年六月一日から施行する。

附 則(昭和五六年条例第八号)

この条例は、昭和五十六年四月一日から施行し、昭和五十六年六月一日以降の日を宿泊の初日とする宿泊に係る宿泊料から適用する。

附 則(昭和六〇年条例第一〇号)

1 この条例は、昭和六十年四月一日から施行する。

2 改正後の東京都渋谷区立二の平渋谷荘条例第七条第一項の規定は、昭和六十年十二月一日以降の日を宿泊の初日とする宿泊に係る宿泊料から適用する。

附 則(平成元年条例第四号)

この条例は、平成元年四月一日から施行する。

附 則(平成四年条例第二六号)

この条例は、平成四年七月一日から施行する。ただし、第六条の改正規定は、区規則で定める日から施行する。

(四年規則四五号 四・一二・一施行)

附 則(平成九年条例第一三号)

1 この条例は、平成九年四月一日から施行する。

2 改正後の東京都渋谷区立二の平渋谷荘条例第七条第一項の規定は、平成九年九月一日以後の日を宿泊の初日とする宿泊に係る宿泊料及び同日以後の使用に係る休憩料について適用する。

附 則(平成一二年条例第六二号)

1 この条例は、平成十三年四月一日(以下「施行日」という。)から施行する。

2 改正後の渋谷区立二の平渋谷荘条例第七条の規定は、施行日以後に承認のあったものについて適用し、施行日前に承認のあったものについては、なお従前の例による。

附 則(平成一七年条例第三六号)

1 この条例は、平成十八年四月一日から施行する。

2 この条例の施行の際、改正前の渋谷区立二の平渋谷荘条例の規定により既になされている使用の承認等の行為は、改正後の渋谷区立二の平渋谷荘条例の規定によりなされた利用の承認等の行為とみなす。

附 則(平成二二年条例第一三号)

この条例は、平成二十二年十月一日から施行する。

別表(第九条関係)

(追加…二二年一三号)

利用区分

利用人数

利用者

金額

宿泊

区民

二人以上

十二歳以上の者

一人一泊につき 五、三〇〇円

四歳以上十二歳未満の者

一人一泊につき 三、三〇〇円

四歳未満の者

無料

一人

十二歳以上の者

一人一泊につき 八、四〇〇円

区民以外の者

二人以上

十二歳以上の者

一人一泊につき 七、三〇〇円

四歳以上十二歳未満の者

一人一泊につき 四、三〇〇円

四歳未満の者

無料

一人

十二歳以上の者

一人一泊につき 一二、四〇〇円

休憩

一人

十二歳以上の者

一人一回につき 三〇〇円

四歳以上十二歳未満の者

一人一回につき 一五〇円

四歳未満の者

無料

備考

一 十二月三十一日の宿泊から翌年の一月三日までの宿泊に係る利用料金については、十二歳以上の者について、それぞれ本表に千円を加算した料金とする。

二 この表において、区民とは第三条第一号に該当する者をいい、区民以外の者とは同条第二号又は第三号に該当する者をいう。

三 二の規定にかかわらず、次のいずれかに該当する者には、区民の利用料金を適用する。

ア 区民に同行する二親等以内の者

イ 身体障害者福祉法(昭和二十四年法律第二百八十三号)に規定する身体障害者手帳、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和二十五年法律第百二十三号)に規定する精神障害者保健福祉手帳又は東京都が発行する愛の手帳の交付を受けている区民に同行する者(一人に限る。)

ウ 介護保険法(平成九年法律第百二十三号)の規定により要介護認定を受けている区民に同行する者(一人に限る。)

エ その他区規則で定める者

渋谷区立二の平渋谷荘条例

昭和46年12月15日 条例第22号

(平成22年10月1日施行)

体系情報
第9章 民/第2節 区民施設
沿革情報
昭和46年12月15日 条例第22号
昭和50年10月15日 条例第44号
昭和51年4月1日 条例第9号
昭和56年3月31日 条例第8号
昭和60年3月30日 条例第10号
平成元年3月15日 条例第4号
平成4年6月16日 条例第26号
平成9年3月31日 条例第13号
平成12年12月12日 条例第62号
平成17年6月23日 条例第36号
平成22年3月31日 条例第13号