○宿日直手当支給規程

昭和四三年四月一日

訓令甲第六号

(目的)

第一条 この規程は、職員の給与に関する条例(昭和二十六年渋谷区条例第十九号)第十八条の二第四項の規定に基づき、宿日直手当の支給に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(一部改正…九年一九号)

(宿日直手当の支給対象となる勤務及び支給額)

第二条 宿日直手当の支給対象となる勤務及び支給額は、次の表のとおりとする。

勤務区分

単位

勤務時間

支給額

通常の日から始まる宿日直の場合

年末年始の日から始まる宿日直の場合

防災宿日直勤務

一回につき

五時間以上の場合

九、〇〇〇円

一一、〇〇〇円

五時間未満の場合

四、五〇〇円

五、五〇〇円

その他の宿日直勤務

一回につき

五時間以上の場合

六、一〇〇円

八、一〇〇円

五時間未満の場合

三、〇五〇円

四、〇五〇円

備考

(1) 年末年始の日とは、十二月二十九日から翌年の一月三日までの日をいう。

(2) 通常の日とは、(1)以外の日をいう。

(一部改正…四六年三号・四八年一号・二号・五〇年八号・五一年七号・五二年二号・五三年七号・五四年一号・五五年八号・五六年二号・五七年二号・五九年一号・六〇年三号・六一年五号・六二年六号・元年四号・二年一号・一二号・三年一三号・四年一四号・五年一〇号・六年一三号・七年一〇号・一二号・八年一八号・九年一九号・二〇号・一一年四号・一三号・一二年二六号・一四年四号・一四号・一六年一号・一八年二号・一九年四号・二〇年一六号・三二号・二一年一六号・二三年一号・一一号・二五年一号・二六年二号・二七年七号・二八年一六号・二九年一号・三〇年八号)

(本条全部改正…四五年六号)

附 則(昭和四五年訓令甲第六号)

この訓令は、昭和四十五年四月一日以後の宿直勤務又は日直勤務について適用する。

附 則(昭和四六年訓令甲第三号)

この訓令は、昭和四十六年四月一日からはじまる宿日直から適用する。

附 則(昭和四八年訓令甲第一号)

この訓令は、昭和四十七年十二月二十九日からはじまる宿日直から適用する。

附 則(昭和四八年訓令甲第二号)

この訓令は、昭和四十八年四月一日からはじまる宿日直から適用する。

附 則(昭和五〇年訓令甲第八号)

1 この訓令は、公布の日から施行し、昭和五十年一月一日から始まる宿日直から適用する。

2 昭和五十年一月一日からこの訓令の施行の日の前日までの間の宿日直に対し、この訓令による改正前の宿日直手当支給規程により既に支払われた宿日直手当は、この訓令による改正後の宿日直手当支給規程による宿日直手当の内払いとみなす。

附 則(昭和五一年訓令甲第七号)

この訓令は、昭和五十一年七月一日から始まる宿日直から適用する。

附 則(昭和五二年訓令甲第二号)

1 この訓令は、昭和五十一年十二月二十九日から始まる宿日直から適用する。

2 昭和五十一年十二月二十九日から昭和五十二年一月三日までの宿日直に対し、この訓令による改正前の宿日直手当支給規程により既に支払われた宿日直手当は、この訓令による改正後の宿日直手当支給規程による宿日直手当の内払いとみなす。

附 則(昭和五三年訓令甲第七号)

この訓令は、昭和五十三年四月一日から始まる宿日直から適用する。

附 則(昭和五四年訓令甲第一号)

この訓令は、昭和五十四年四月一日から始まる宿日直から適用する。

附 則(昭和五五年訓令甲第八号)

この訓令は、昭和五十五年四月一日から始まる宿日直勤務から適用する。

附 則(昭和五六年訓令甲第二号)

この訓令は、昭和五十六年四月一日から始まる宿日直勤務から適用する。

附 則(昭和五七年訓令甲第二号)

この訓令は、昭和五十七年四月一日から始まる宿日直勤務から適用する。

附 則(昭和五九年訓令甲第一号)

この訓令は、昭和五十九年四月一日から始まる宿日直勤務から適用する。

附 則(昭和六〇年訓令甲第三号)

この訓令は、昭和六十年四月一日から始まる宿日直勤務から適用する。

附 則(昭和六一年訓令甲第五号)

この訓令は、昭和六十一年四月一日から始まる宿日直勤務から適用する。

附 則(昭和六二年訓令甲第六号)

この訓令は、昭和六十二年四月一日から始まる宿日直勤務から適用する。

附 則(平成元年訓令甲第四号)

この訓令は、平成元年四月一日から始まる宿日直勤務から適用する。

附 則(平成二年訓令甲第一号)

この訓令は、平成二年四月一日から始まる宿日直勤務から適用する。

附 則(平成二年訓令甲第一二号)

この訓令は、平成三年四月一日から始まる宿日直勤務から適用する。

附 則(平成三年訓令甲第一三号)

この訓令は、平成四年四月一日から始まる宿日直勤務から適用する。

附 則(平成四年訓令甲第一四号)

この訓令は、平成五年四月一日から始まる宿日直勤務から適用する。

附 則(平成五年訓令甲第一〇号)

この訓令は、平成六年四月一日から始まる宿日直勤務から適用する。

附 則(平成六年訓令甲第一三号)

この訓令は、平成七年四月一日から始まる宿日直勤務から適用する。

附 則(平成七年訓令甲第一〇号)

改正後の宿日直手当支給規程は、平成七年十一月十五日から始まる宿日直勤務から適用する。

附 則(平成七年訓令甲第一二号)

改正後の宿日直手当支給規程は、平成八年四月一日から始まる宿日直勤務から適用する。

附 則(平成八年訓令甲第一八号)

改正後の宿日直手当支給規程は、平成九年四月一日から始まる宿日直勤務から適用する。

附 則(平成九年訓令甲第一九号)

この訓令は、平成九年十二月五日から施行する。

附 則(平成九年訓令甲第二〇号)

この訓令は、平成十年四月一日から施行し、改正後の宿日直手当支給規程の規定は、同日以後から始まる宿日直勤務から適用する。

附 則(平成一一年訓令甲第四号)

この訓令は、平成十一年四月一日から施行し、改正後の宿日直手当支給規程の規定は、同日以後から始まる宿日直勤務から適用する。

附 則(平成一一年訓令甲第一三号)

この訓令は、平成十二年四月一日から施行し、改正後の宿日直手当支給規程の規定は、同日以後から始まる宿日直勤務から適用する。

附 則(平成一二年訓令甲第二六号)

この訓令は、平成十三年四月一日から施行し、改正後の宿日直手当支給規程の規定は、同日以後から始まる宿日直勤務から適用する。

附 則(平成一四年訓令甲第四号)

この訓令は、平成十四年四月一日から施行し、改正後の宿日直手当支給規程の規定は、同日以後から始まる宿日直勤務から適用する。

附 則(平成一四年訓令甲第一四号)

この訓令は、平成十五年四月一日から施行し、改正後の宿日直手当支給規程の規定は、同日以後から始まる宿日直勤務から適用する。

附 則(平成一六年訓令甲第一号)

この訓令は、平成十六年四月一日から施行し、改正後の宿日直手当支給規程の規定は、同日以後から始まる宿日直勤務から適用する。

附 則(平成一八年訓令甲第二号)

この訓令は、平成十八年四月一日から施行し、改正後の宿日直手当支給規程の規定は、同日以後から始まる宿日直勤務から適用する。

附 則(平成一九年訓令甲第四号)

この訓令は、平成十九年四月一日から施行し、改正後の宿日直手当支給規程の規定は、同日以後から始まる宿日直勤務から適用する。

附 則(平成二〇年訓令甲第一六号)

この訓令は、平成二十年四月一日から施行し、改正後の宿日直手当支給規程の規定は、同日以後から始まる宿日直勤務から適用する。

附 則(平成二〇年訓令甲第三二号)

この訓令は、平成二十一年四月一日から施行し、改正後の宿日直手当支給規程の規定は、同日以後から始まる宿日直勤務から適用する。

附 則(平成二一年訓令甲第一六号)

この訓令は、平成二十二年四月一日から施行し、改正後の宿日直手当支給規程の規定は、同日以後から始まる宿日直勤務から適用する。

附 則(平成二三年訓令甲第一号)

この訓令は、平成二十三年四月一日から施行し、改正後の宿日直手当支給規程の規定は、同日以後から始まる宿日直勤務から適用する。

附 則(平成二三年訓令甲第一一号)

この訓令は、平成二十四年四月一日から施行し、改正後の宿日直手当支給規程の規定は、同日以後から始まる宿日直勤務から適用する。

附 則(平成二五年訓令甲第一号)

この訓令は、平成二十五年四月一日から施行し、改正後の宿日直手当支給規程の規定は、同日以後から始まる宿日直勤務から適用する。

附 則(平成二六年訓令甲第二号)

この訓令は、平成二十六年四月一日から施行し、改正後の宿日直手当支給規程の規定は、同日以後から始まる宿日直勤務から適用する。

附 則(平成二七年訓令甲第七号)

この訓令は、平成二十七年四月一日から施行し、改正後の宿日直手当支給規程の規定は、同日以後から始まる宿日直勤務から適用する。

附 則(平成二八年訓令甲第一六号)

この訓令は、平成二十八年四月一日から施行し、改正後の宿日直手当支給規程の規定は、同日以後から始まる宿日直勤務から適用する。

附 則(平成二九年訓令甲第一号)

この訓令は、平成二十九年四月一日から施行し、改正後の宿日直手当支給規程の規定は、同日以後から始まる宿日直勤務から適用する。

附 則(平成三〇年訓令甲第八号)

この訓令は、平成三十年四月一日から施行し、改正後の宿日直手当支給規程の規定は、同日以後から始まる宿日直勤務から適用する。

宿日直手当支給規程

昭和43年4月1日 訓令甲第6号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第6章 事/第8節
沿革情報
昭和43年4月1日 訓令甲第6号
昭和45年4月10日 訓令甲第6号
昭和46年3月29日 訓令甲第3号
昭和48年3月15日 訓令甲第1号
昭和48年3月28日 訓令甲第2号
昭和50年3月31日 訓令甲第8号
昭和51年6月30日 訓令甲第7号
昭和52年3月31日 訓令甲第2号
昭和53年4月1日 訓令甲第7号
昭和54年3月26日 訓令甲第1号
昭和55年3月18日 訓令甲第8号
昭和56年3月31日 訓令甲第2号
昭和57年3月18日 訓令甲第2号
昭和59年3月31日 訓令甲第1号
昭和60年3月30日 訓令甲第3号
昭和61年3月31日 訓令甲第5号
昭和62年3月31日 訓令甲第6号
平成元年3月31日 訓令甲第4号
平成2年3月1日 訓令甲第1号
平成2年12月19日 訓令甲第12号
平成3年12月25日 訓令甲第13号
平成4年12月22日 訓令甲第14号
平成5年12月17日 訓令甲第10号
平成6年12月26日 訓令甲第13号
平成7年11月15日 訓令甲第10号
平成7年12月14日 訓令甲第12号
平成8年12月10日 訓令甲第18号
平成9年12月3日 訓令甲第19号
平成9年12月17日 訓令甲第20号
平成11年3月31日 訓令甲第4号
平成11年12月17日 訓令甲第13号
平成12年12月27日 訓令甲第26号
平成14年3月29日 訓令甲第4号
平成14年12月27日 訓令甲第14号
平成16年1月16日 訓令甲第1号
平成18年3月16日 訓令甲第2号
平成19年3月15日 訓令甲第4号
平成20年3月31日 訓令甲第16号
平成20年12月26日 訓令甲第32号
平成21年12月24日 訓令甲第16号
平成23年1月6日 訓令甲第1号
平成23年12月28日 訓令甲第11号
平成25年1月9日 訓令甲第1号
平成26年3月28日 訓令甲第2号
平成27年3月31日 訓令甲第7号
平成28年3月31日 訓令甲第16号
平成29年3月24日 訓令甲第1号
平成30年3月30日 訓令甲第8号