○渋谷区議会事務局処務規程

平成一〇年三月九日

議訓令甲第一号

東京都渋谷区議会事務局処務規程(昭和四十二年東京都渋谷区議会訓令甲第一号)の全部を改正する。

目次

(本目次追加…元年二号)

第一章 総則(第一条―第三条)

第二章 職員の職責(第四条―第九条)

第三章 事案の専決(第十条―第十四条)

第四章 事案の代決(第十五条―第十八条)

第五章 文書の管理(第十九条―第二十三条)

第六章 職員の服務(第二十四条)

第七章 雑則(第二十五条)

附則

第一章 総則

(目的)

第一条 この規程は、渋谷区議会事務局(以下「局」という。)に属する事務を処理するため、必要な事項を定めることを目的とする。

(組織)

第二条 局に次の係を置く。

庶務係

議事係

調査係

2 係に係長を置くほか、主査を置くことができる。

3 局に局務担当主査を置くことができる。

4 前二項に定める職員は、書記のうちから議長が任免する。

(分掌事務)

第三条 局の各係の事務分掌は、次のとおりとする。

庶務係

一 公印の管守に関すること。

二 職員の人事に関すること。

三 文書の収発及び編さん保存に関すること。

四 予算、決算及び経理に関すること。

五 議員の議員報酬、費用弁償及び市議会議員共済会に関すること。

(一部改正…二〇年一号)

六 議場及び区議会関係各室に関すること。

七 その他、他の係に属さないこと。

議事係

一 本会議に関すること。

二 委員会に関すること。

三 傍聴人に関すること。

四 会議録、委員会記録の調製、編さん、保存その他議事の結果処理に関すること。

五 請願及び陳情に関すること。

六 その他議事に関すること。

調査係

一 議案等の調査に関すること。

二 情報、資料の収集、作成及び保管に関すること。

三 議会の広報に関すること。

四 議会図書室に関すること。

五 特命事項の調査研究に関すること。

第二章 職員の職責

(執務の原則)

第四条 職員は、区民全体の奉仕者として、公務を民主的かつ能率的に運営すべき責務を深く自覚し、誠実、かつ公正に職務を遂行しなければならない。

(事務局長の職責)

第五条 事務局長(以下「局長」という。)は、議長の命を受け、局の事務をつかさどり、所属職員を指揮監督する。

(次長の職責)

第六条 次長は、上司の命を受け局長を補佐し、局の事務をつかさどり、所属職員を指揮監督する。

(係長等の職責)

第七条 係長及び局務担当主査は、上司の命を受け、係の事務又は担任の事務を処理する。

2 主査は、上司の命を受け、係の事務又は局務担当主査の担任の事務のうち、特定の事務を処理する。

(その他の職員の職責)

第八条 前三条に定める職員以外の職員は、上司の指揮監督を受け、職務上の命令に従い、職務に専念しなければならない。

(職名の構成)

第九条 職員の職名は、職層名及び職務名による。

2 職層名は、参事、副参事及び主事とする。

3 職務名は、一般事務とする。ただし、議長が指定する職員の職務名については、議長が指定する名称とする。

4 参事は局長の、副参事は次長の、主事はその他の職員の職層名とする。

第三章 事案の専決

(議長の決裁事案)

第十条 議会の事務は、議長が決裁する。(甲)

(局長の専決事案)

第十一条 局長が専決できる事案は、次のとおりとする。(丙)

 係長以下の所属職員の近接地外旅行に関すること。

 次長の近接地内旅行、欠勤等服務に関すること。

 局長名又は事務局名をもってする報告、申請、照会、証明、回答及び通知に関すること。

 重要な情報の公開に関すること。

 権限上の疑義に関すること。

 前各号に準ずる重要な事項に関すること。

(次長の専決事案)

第十二条 次長が専決できる事案は、次のとおりとする。(丁)

 次長が指揮監督する職員の近接地内旅行、欠勤等服務に関すること。

 定例的又は軽易な情報の公開に関すること。

 前二号のほか、定例的かつ軽易な事項に関すること。

(専決に係る疑義)

第十三条 専決事案のうち疑義のあるものについては、上司の指揮を受けなければならない。

(回議文書の標示)

第十四条 回議文書には、第十条から第十二条までの規定による決裁区分に従って、それぞれ甲、丙、丁の標示を記入しなければならない。

第四章 事案の代決

(局長が不在のときの事案の代決)

第十五条 局長が出張又は休暇その他の事故により不在(以下「不在」という。)であるときは、次長がその事案を代決する。

(次長が不在のとき等の事案の代決)

第十六条 次長が不在のとき又は局長及び次長がともに不在であるときは、主務係長がその事案を代決する。

(代決できる事案)

第十七条 前二条の規定に基づき代決できる事案は、特に至急に処理しなければならない事案に関するものとする。ただし、決裁区分に従い、特に重要又は異例に属する事案については、代決することができない。

(後閲)

第十八条 第十五条及び第十六条の規定に基づき代決した事項は、それぞれ上司の後閲を受けなければならない。

第五章 文書の管理

(本章全部改正…元年二号)

(文書主任)

第十九条 局に文書主任を置く。

2 文書主任は、庶務係長をもってこれに充てる。

(簿冊)

第二十条 文書の取扱いのため、次の簿冊を備える。

 議決件名簿

 請願・陳情受理件名簿

(文書の記号及び番号)

第二十一条 収受文書及び発議文書には、文書記号及び文書番号を付すものとする。ただし、軽易な文書については、この限りでない。

2 文書記号は、収受し、又は発議した日の属する年度の数字及び「渋議」の文字に、収受文書にあっては収、発議文書にあっては発を付すものとする。

3 文書番号は、毎年四月一日に起こし、号をおって付するものとし、翌年三月三十一日に止める。

4 前二項の規定にかかわらず、事案が完結するまでは、当該事案と同一の文書記号及び文書番号を用いなければならならない。

(請願・陳情の受理)

第二十二条 請願書又は陳情書を受理したときは、収受手続後、請願・陳情の記号をつけた受理印を押し、番号を記入しなければならない。

2 受理した請願書又は陳情書は、請願・陳情受理件名簿に所要事項を記載し、処理しなければならない。

3 受理番号は、毎年一月から始まり十二月に終わる。

(文書の管理)

第二十三条 この章に定めるもののほか、文書の管理については、渋谷区文書管理規程(平成三十一年渋谷区訓令甲第一号)の例による。

第六章 職員の服務

(職員の服務)

第二十四条 職員の服務については、区長部局の例による。

(一部改正…一二年一号、一九条繰上…元年二号)

第七章 雑則

(一章繰上…一二年一号)

(準用)

第二十五条 この規程に定めるもののほか、必要な事項については、区長部局の例による。

(一部改正・一条繰上…一二年一号、一九条繰上…元年二号)

附 則

この訓令は、平成十年四月一日から施行する。ただし、第四十一条の規定は平成九年十二月二十二日から適用する。

附 則(平成一二年議訓令甲第一号)

この訓令は、平成十二年四月一日から施行する。

附 則(平成三〇年議訓令甲第一号)

この訓令は、公布の日から施行する。

附 則(令和元年議会訓令甲第二号)

この訓令は、令和元年十二月二十七日から施行する。

渋谷区議会事務局処務規程

平成10年3月9日 議会訓令甲第1号

(令和元年12月27日施行)

体系情報
第2章 区議会/第3節 事務局
沿革情報
平成10年3月9日 議会訓令甲第1号
平成12年3月31日 議会訓令甲第1号
平成20年10月10日 議会訓令甲第1号
平成30年4月25日 議会訓令甲第1号
令和元年12月27日 議会訓令甲第2号