○渋谷区個人情報の保護及び情報公開審議会条例

平成元年九月二五日

条例第四一号

(設置)

第一条 渋谷区個人情報保護条例(平成元年渋谷区条例第四十号。以下「個人情報保護条例」という。)に基づく個人情報保護制度及び渋谷区情報公開条例(平成元年渋谷区条例第三十九号)に基づく情報公開制度の運営を適正かつ円滑に行うため、区長の附属機関として、渋谷区個人情報の保護及び情報公開審議会(以下「審議会」という。)を設置する。

(一部改正…一一年二六号)

(所掌事項)

第二条 審議会は、個人情報保護条例に定めるところにより実施機関が意見を聴くこととされている事項のほか、区長の諮問に応じ、次に掲げる事項について調査審議し、答申する。

 個人情報保護制度及び情報公開制度の運営に関する重要事項

 電子計算組織の管理運営に関する重要事項

2 審議会は、個人情報保護制度、情報公開制度及び電子計算組織の運営に関する重要事項について、区長に建議することができる。

(組織)

第三条 審議会は、次に掲げる者のうちから区長が委嘱する委員十四人以内をもって組織する。

(一部改正…一八年四六号)

 区民及び区内各種団体の構成員 十一人以内

 学識経験者 三人以内

(任期)

第四条 委員の任期は二年とし、再任を妨げない。ただし、委員に欠員を生じた場合の補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(会長及び副会長)

第五条 審議会に会長及び副会長各一人を置き、委員の互選により定める。

2 会長は、審議会を代表し、会務を総理する。

3 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときは、その職務を代理する。

(運営)

第六条 審議会は、会長が招集する。

2 審議会は、委員の半数以上の出席がなければ会議を開くことができない。

3 審議会の議事は、出席した委員の過半数をもって決し、可否同数のときは、会長の決するところによる。

(会議の公開)

第七条 審議会の会議は、公開とする。ただし、審議会が公開することを不適当と認めるときは、この限りでない。

(小委員会)

第八条 審議会は、審議の効率的な運営を図るため必要があると認めるときは、小委員会を置くことができる。

2 小委員会の委員長、副委員長及び委員は、第三条に規定する委員のうちから、会長が指名する。

(意見聴取等)

第九条 審議会及び小委員会は、審議のため必要があると認めるときは、学識経験者、関係行政機関の職員その他の関係人に対し出席を求め、必要な資料を提出させ、意見を聴き、又は説明を求めることができる。

(守秘義務)

第十条 審議会の委員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も同様とする。

(庶務)

第十一条 審議会の庶務は、総務部において処理する。

(一部改正…二一年八号)

(委任)

第十二条 この条例の施行に関し必要な事項は、区長が定める。

附 則

1 この条例は、平成元年十月一日から施行する。

2 この条例施行後、第三条の規定により最初に委嘱される委員の任期は、第四条本文の規定にかかわらず、平成三年三月三十一日までとする。

附 則(平成一一年条例第二六号抄)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成一八年条例第四六号)

この条例は、平成十九年四月一日から施行する。

附 則(平成二一年条例第八号)

この条例は、平成二十一年四月一日から施行する。

渋谷区個人情報の保護及び情報公開審議会条例

平成元年9月25日 条例第41号

(平成21年4月1日施行)

体系情報
第1章 則/第9節 情報公開・個人情報保護等
沿革情報
平成元年9月25日 条例第41号
平成11年9月24日 条例第26号
平成18年12月14日 条例第46号
平成21年3月31日 条例第8号