[ページの先頭]

[ここから本文]

後期高齢者医療制度の還付金詐欺や被保険者証の詐取などに注意してください

【問い合わせ】国民健康保険課高齢者医療係(電話:03-3463-1897)

後期高齢者医療制度の還付金詐欺に注意してください

区職員を装った不審な人物が、被保険者の自宅に「医療費の払い戻しがある」「保険料が未納のため支払うように」などと電話で連絡する事例が、区内で発生しています。
区職員が電話で連絡するときは、所属・担当者名・連絡先を必ず伝えています。
また、口座振込(還付金)や口座振替(保険料の口座引落)についての申請書を提出いただく前に、口座番号をお聞きすることはありません。
銀行のATM端末を操作していただくことは絶対にありません。
電話でATMの操作を求められたら、それは「還付金詐欺」です。

不審な電話を受けた・不審な人物を発見した場合は、直ちに最寄りの警察か区役所に連絡してください。

後期高齢者医療制度の被保険者証の詐取などに注意してください

後期高齢者医療広域連合や区市町村の職員を装った者が被保険者宅を訪れ、「被保険者証の更新時期になりましたので、 古い被保険者証を回収に来ました。新しい被保険者証は後日郵送します。」と説明し、 被保険者証をだまし取ろうとする事件が発生しています。
区役所や後期高齢者医療広域連合では、職員が直接訪問して古い被保険者証を回収するようなことはありません。
このような不審な訪問者があった場合、絶対に被保険者証を渡さずに、最寄りの警察か区役所に連絡してください。

問い合わせ

  • 国民健康保険課高齢者医療係(電話:03-3463-1897)
  • 安全対策課安全対策主査(電話:03-3463-1598)