[ページの先頭]

[ここから本文]

【更新日】平成29年9月27日

株式会社みずほ銀行との協定

【問い合わせ】経営企画課基本計画担当主査(電話:03-3463-1589)

渋谷区は、渋谷区の指定金融機関である株式会社みずほ銀行(以下、みずほ銀行)と、地域の社会的課題を協働して解決していく「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定」を締結することとし、平成29年9月22日(金曜日)、長谷部健渋谷区長とみずほ銀行藤原弘治頭取が調印を行いました。調印の際、藤原弘治頭取からは「この協定をきっかけに、地域課題の解決と未来モデルの街づくりに貢献するとともに、今後、多様性と可能性を新時代に向けて作っていきたい。」との話があり、長谷部区長からは「創業支援やベンチャービジネス支援を通じて、新しい芽が渋谷から日本に広がっていくことを目指したい。みずほ銀行が持つ金融機関としてのノウハウやネットワークに期待しています。」と話がありました。
今後、この協定に基づき、商工観光やスポーツ振興に関する支援など、さまざまな分野における課題解決に協働して取り組んでいきます。

協定分野の概要

  1. 商工観光に関する支援
  2. スポーツ振興に関する支援
  3. 次世代育成に関する支援
  4. 人材開発及び研修プログラム等における人的交流の検討
  5. 多様性社会(ダイバーシティ)の実現に関する啓発活動への支援
  6. その他、相互に連携協力することが必要と認められる支援

PDFファイルを見るには、Adobe社から無償配布されている Adobe Reader などのソフトウェアが必要です。
詳しくは、PDFファイルをご覧になるにはのページを参照してください。

協定に基づく取り組み