[ページの先頭]

[ここから本文]

【更新日】平成29年8月25日

株式会社伊藤園との協定

【問い合わせ】経営企画課基本計画担当主査(電話:03-3463-1589)

渋谷区と株式会社伊藤園は、地域社会的課題を協働して解決していく「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定」を締結することとし、平成28年11月11日(金曜日)に長谷部健渋谷区長と株式会社伊藤園の本庄大介代表取締役社長が調印を行いました。調印の際、本庄社長からは「わが社は飲料メーカーのイメージが強いですが、茶葉の販売から始まった会社です。改めて、急須でいれたお茶のおいしさ、お茶の伝統を渋谷区から世界へ発信していきたい」との話があり、長谷部区長からは「お茶は日本の文化です。大人はもちろんですが、子どもの頃からこのお茶文化に触れて、将来海外に行った際に、お茶をいれてふるまうことで、コミュニケーションが生まれるだけでなく、日本の文化を知ってもらうことにも繋がるのでは」と話がありました。今後、この協定に基づいて、初台・笹塚・幡ヶ谷・本町地区の地域貢献活動や、子どもや家庭を取り巻く社会問題などの解決に向けて、協働して取り組んでいきます。

協定分野の概要

  1. 初台・笹塚・幡ケ谷・本町地区のリージョナルマネジメントに関する企画開発
  2. 子どもや家庭を取り巻く社会問題の解決に関する研究開発
  3. 超高齢社会における健康増進領域の研究開発
  4. 環境・資源・エネルギー領域に関する研究開発
  5. 文化芸術・エンターテイメント振興の企画立案及び情報発信施策の研究開発
  6. 人材開発及び研修プログラム等における人的交流の検討
  7. 多様性社会(ダイバーシティ)の実現に関する啓発活動への支援

PDFファイルを見るには、Adobe社から無償配布されている Adobe Reader などのソフトウェアが必要です。
詳しくは、PDFファイルをご覧になるにはのページを参照してください。

協定に基づく取り組み

事業 取り組み内容 実績
渋谷ピアネット
ずっとも食堂「ささはたっこ」
渋谷区こどもテーブルの運営支援(飲料の提供) 平成29年8月